登山、トレッキング

【随時更新】日帰り登山での持ち物と装備のご紹介

更新日:

登山 日帰り 装備
最近になって、荷物についてお問い合わせ頂くブログ主。少しずつ記事にしてたりしますが、今回はまず「日帰りの登山」で持っていく荷物をピックアップしてみました。

日帰り登山の持ち物と装備について

登山で使う道具には様々な物がありますが、今回の道具たちは、

  • 名古屋近郊
  • 日帰り
  • 季節は無雪期間

を想定した荷物類です。場所は皆さんのお近くの日帰りエリアの低山というアンバイで読み替えてもらえればと思います。

装備編

  1. ザック・リュックサック

    ブログ主の日帰り用ザックはグレゴリースタウト35。今回の荷物を詰め込んでも余裕があります。
    ↓このスタウト35のレビュー記事です。



    ※経験上、必要な装備として挙げておきたい物のひとつがザックカバー。ゴミ袋でも良いので必ず持って行くことをオススメします。グレゴリーのスタウト35には純正カバーが付属しています。
  2. ヘッドランプ

    ジェントス リゲルヘッドライト「GTR-931H」必ず持って行きます。これもAmazonで評判の良かった安い方のヘッドランプです。

    GENTOS GTR-931H 使用例

    テント泊ではランタンの代わりに使ったりします。

    何度か利用しましたが、明るさも十分で過不足ありません。

  3. ファーストエイドキット

    これも必ず持って行きます。でもファーストエイドキットは奥が深くて試行錯誤が続いています。持って行き過ぎると重くてかさばりますし、持っていくほどの知識が無かったり...
    ↓ファーストエイドキットのレビュー記事です。

  4. 地図

    インターネットで必要な範囲を印刷できる無料サービスがたくさんあります。最近はめっきりYAMAPの地図をダウンロードして使わせてもらっています。
    ↓YAMAP GPSアプリのレビュー記事です。


    また、地図プリ - 地図印刷(地理院地図)というサービスでは磁北線も一緒に印刷できるので手間が省けて便利です。
  5. コンパス

    今使っているコンパスは、SILVA(シルバ)の レンジャーコンパス 892332
    シルバ コンパス レンジャー
    Amazonの口コミが良かったので買いました。※モデルチェンジしたみたいで、ブログ主のよりちょっと安くなりましたね(T_T)

  6. 腕時計

    カシオのプロトレック。もうかれこれ8年くらい使っています。

  7. サングラス

    サングラスはUVカットで偏光レンズのをオススメします。ブログ主は度付きの偏光サングラスを持っています。

小物編

  1. スマホ・携帯電話

    今はiPhone7Plus、YAMAP GPSアプリ入れてます。

  2. モバイルバッテリー

    スマホを持っていくならモバイルバッテリーもセットで必須でしょう。充電器とバッテリー一体型で荷物が減らせるこのタイプ。

  3. トイレットペーパー

    トイレットペーパーをジップロックに入れて持ち歩いています。

  4. バーナー、コッヘル・鍋、カスカートリッジ

    スノーピークのトレック900(アルミ)と、オプティマスのウインドシールド、そしてチタンマグカップを揃えました。
    ↓このバーナーやチタンマグカップのレビュー記事です。とても軽くてコンパクトに持ち運べるこの組み合わせ、ぜひ試してほしいっていうくらい良い組み合わせだと自負してます(^^)


    オススメのクッカー 登山用
    ブログ主が登山に持っていく、チタン製シングルマグカップのおすすめとそのスタッキングのご紹介。

    以前に記事にしたように、ブログ主はオプティマスウインドシールド等を購入しました。ブログ主の登山スタイルには会心の組み合わせで、自分のスタイルに合った組み合わせを見つけることができた事に小さな幸せを感じ ...

    カトラリー

    お箸だけ持っていくことが多いです。


    当初は割り箸をつかっていたのですが、Amazonでお安いカトラリーセットを見つけたので、最近はめっきりコレ↑を使っています。
  5. 水筒、ハイドレーションシステム

    ブログ主はプラティパスのハイドレーションシステムを使っています。もっと値段の安いハイドレーションシステムも売ってるのですが消耗品の取寄せも容易なプラティパスを選びました。結局安上がりなんです。


    ↓このプラティパスのレビュー記事です。
    プラティパス ハイドレーションシステム BIG ZIP LP
    登山で使い勝手の良い、プラティパス ハイドレーションシステム BIG ZIP LP をオススメしたいその理由。

    以前に書いた記事、 登山で使うグレゴリー(GREGORY)の中型ザック、スタウト35の背負い心地が素晴らしく本当におすすめの逸品です! グレゴリーのスタウト35を使うようになって、半ば迫られるように必 ...

  6. 行動食、非常食

    カロリーメイトやフルグラなど、その時々の好みで。

  7. 収納袋

    バーナーやカトラリー系を一括して入れておけば、取り出したり収納するのも楽なのに気づいたブログ主は、こんな感じでまとめて運んでます。
    日帰り登山 バーナー・カトラリー系 まとめた袋
    ちなみにこの袋、3袋で500円余りの安い袋。最近流行りのウルトラライト系の薄い生地でもなく防水加工も怪しいのですが、ブログ主にはこれで十分(^^)

  8. ビニール袋

    コンビニで買い物した時のビニール袋を捨てずに集めて、主にゴミ袋として使っています。

  9. 小銭

    チップ制トイレの場合に小銭が必要になります。お財布は100均のメッシュ袋です。

  10. 健康保険証

    最初はコピーを持っていってましたが、昨今は原本じゃないと100%請求される場合があるということで、今では健康保険証原本を持って行きます。

  11. カメラ

    思い出に是非。

  12. タオル

    汗ふきタオルとして使っています。

  13. ボールペン、鉛筆

    ボールペンの性質上、気圧が変わってしまうと書けなくなるかもと想像したので、鉛筆に変更するかもです。

服装編

  1. トレランシューズ 登山靴
    登山靴とトレランシューズを使い分けています。
    ↓それぞれの靴のレビュー記事です。


    サロモン XA PRO 3D GTX
    登山で使う登山靴、トレイルランニングシューズと使い分けてお得で快適な登山を!

    基本的に名古屋近郊の近場へお出かけしているブログ主は、最近の登山で使う靴はほぼトレイルランニングシューズ(以下、トレランシューズ)を利用しています。それは靴が軽くて登山がとっても快適だから。そんなトレ ...

  2. 肌着(ベースレイヤー)

    季節問わず必ず着て登山しています。
    ドライナミックメッシュ TS DESIGN TS DRY
    ミレーの網シャツとその類似品を両方使っています。コスパだけで言えば類似品もおすすめです。



    ↓ミレードライナミックメッシュのレビュー記事です。
    ミレー ドライナミックメッシュ
    ミレーのドライナミックメッシュ(MILLET DRYNAMIC MESH)アンダーウェアが本当に快適で、ぜひ使って欲しい逸品です。

    ぜんぜんセレブじゃないブログ主は、登山で使う服をユニクロやワークマンなどで、例えばポリエステル100%の服を探して購入しています。安物なので穴が空いちゃっても気にならないし、ストレッチの効く服も豊富な ...



    ↓TS DESIGNのレビュー記事です。
    ドライナミックメッシュ TS DESIGN TS DRY
    ミレー ドライナミックメッシュの半額以下!TS DESIGN TS DRYはコスパ抜群でかなり良かったのでオススメします!!

    ブログ主は、以前このブログでも紹介したミレーのドライナミックメッシュを買って使用しています。汗冷えに対して大変優秀で、夏場はもとより冬でも必ず着用して出かけているくらいです。 そんな中、Amazonを ...

  3. ファイントラック、ニウモラップフーディー(廃盤・ウインドブレーカー)

    ニュウモラップフーディー
    年中使っています。1年で一番良く使う上着です。残念ながら廃盤になってしまいましたが、着心地はとても軽くて風をガッチリガード。現行品よりも良いと思っています(負け惜しみ)

  4. レインウェア(上下)

    モンベルのストームクルーザージャケット、パンツ
    モンベル ストームクルーザージャケット パンツ
    雨ガッパってどうしてこんなにも高いの!?という中で、コスパは抜群のモンベル。基本的に雨の日は登山をしないと決めているブログ主にはコレで十分。というか雨が降る日は登山しない主義なので、あくまでお守りレインウェアです。


    ↓ストームクルーザーのレビュー記事です。
    モンベル ストームクルーザージャケット パンツ
    モンベルのストームクルーザーを2年使った感想と、ウインドブレーカーとの使い分けの話。

    登山を始める時に揃えておくべき道具として、レインウェアは筆頭に挙げられる道具の1つだと思います。しかし定評のあるレインウェアの素材はGORE-TEXではあるのですが、初期投資の面で登山を始める時に打撃 ...

  5. 長袖、長ズボン

    ポリエステル製の長袖のシャツと長スボン。凶暴なアブ対策で半ズボン・タイツの組み合わせはあまりしないです。

  6. つば付きの帽子(今はキャップ派)

    日焼け防止にキャップじゃなくてハットに変えようかとも思うのですが、以前にゴアテックスのつば付き帽子を利用してた時は、もう暑くて暑くてそれ以来使うのやめてしまいました…

  7. グローブ

    転倒時などに手を怪我しないように必ずグローブは使います。夏はワークマンで買ってきた300円くらいので充分。

  8. 着替え

    着替えを圧縮袋に入れて、さらにジップロックに入れて持って行きます。ただ幸いに(銭湯に寄る以外で)使ったことないです。

日帰り登山で持っていく物のリスト表

装備1ザック・リュックサックブログ主はグレゴリースタウト35。日帰りなら30リットルで十分です。
2ザックカバー大型のゴミ袋で代用もOK。
3地図目的の山域を印刷した地図を持って行きます。
4コンパス使い方を勉強すればさらに便利な道具です。SILVA(シルバ)の レンジャーコンパス892332
5ヘッドランプ持ってない人が多すぎ!(怒)
6水筒、ハイドレーションシステムブログ主は、ハイドレーションシステムとペットボトル2本持ちです。(最大4リットル)
7ファーストエイドキット言わずもがなの緊急用。中身については過去の記事を参照下さいませ。
8行動食・非常食暑い季節はナッツ類、寒い季節はチョコレートが多いです。カロリーメイトは非常食として用意してます。
9タオル汗拭いたり。
10腕時計時間は確認しときたいです。
11サングラス強い陽射し対策に。
12
服装1雨の心配のない日帰り登山では、ほとんどトレランシューズで登ってます。軽くて疲れにくく、沢で水に濡れてもすぐに乾くのには驚きました。
2長袖・長ズボンポリエステル製の服がオススメ。日焼けや虫刺され対策として肌の露出は控えましょう。
3レインウェア(上下)雨に遭遇してしまったとき用に。
4帽子熱中症予防と簡単な頭の保護に。
5手袋(グローブ)ワークマンの作業用手袋、安くてもグリップ力あります。
6ゲイター(スパッツ)砂っぽい登山道では使う事もあります。
7着替えシャツ、パンツ、ズボン、靴下を圧縮袋入れ、さらにそれをジップロックに入れてます。

1スマホ・携帯電話GPSアプリ入れるのオススメです。
2モバイルバッテリースマホもカメラも充電できます。
3トイレットペーパートイレはもちろん、使用済の食器を拭きます。
4ビニール袋ゴミの持ち帰り用。
5小銭トイレチップ用に必要な場所もあるので。
6健康保険証病院へ行く事になっちゃったら役に立つ。
7カメラ思い出に。
8バーナー(コンロ)暖かい食べ物や飲み物が食べたい時に。
9コッヘル・鍋最近はカップ麺ばかりで湯沸かし専用に(^_^;)
10カトラリー(お箸、スプーン、フォーク等)割り箸をやめて、鉄箸を購入しました。
11ボールペン、鉛筆登山届や何かのメモに。鉛筆の方が良いかも。
その他
(車中に置いて行く物)
1お風呂セット下山後のひとっ風呂。
2着替え

こんな感じでザックに入れて歩き回っています。参考にして下さいな。

登山で使うグレゴリー(GREGORY)の中型ザック、スタウト35の背負い心地が素晴らしく本当におすすめの逸品です!

登山で使い勝手の良い、プラティパス ハイドレーションシステム BIG ZIP LP をオススメしたいその理由。

登山で使う登山靴、トレイルランニングシューズと使い分けてお得で快適な登山を!

【随時更新】登山に必ず持って行く、私のファーストエイドキットの中身のご紹介。

【随時更新】テント泊での装備と持ち物のご紹介

rakuten motion

-登山、トレッキング
-

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.