レビュー

【随時更新】登山で使うGPSアプリ、今のところYAMAP(ヤマップ)がお勧めです。

更新日:

ヤマップ GPSアプリ
最近気になっていたのが登山専用GPS。登山中、正確に自分の居場所を把握する事はとても大切なのですが、でもガーミンなどのGPS専用機は数万円もする高級品でなかなか購入できるものではありません。
しかし最近ブログ主はiPhone7Plusを購入しております(^_^) iPhone7は端末としての性能がさらに良くなって防水にも対応。屋外で多少の雨に打たれても大丈夫になったiPhone7を登山用GPSに活用したいと思っていました。

そこで今回は、いろいろリリースされている登山用GPSアプリをお試ししてみて、ブログ主にはYAMAPが良かったと感じた理由と使い勝手をレビューしたいと思います。

欲しい機能は、登山地図と現在地の把握

まずどのような機能が欲しいかを把握しておきます。
ブログ主がGPSアプリで欲しい&重要視する機能は3つ。まぁ当たり前な機能ばかりなのですが重要です。

  1. オフライン機能
    携帯の電波が届かない場所でアプリが利用できる「オフライン」機能は必須です。
  2. 登山地図
    当然ですが現在位置の把握には地図も必要ですよね。
  3. 現在位置の把握(GPS)
    今どこにいるのかを簡単に知ることができるのがGPSアプリなわけで当然欲しい機能です。GPSの精度はスマホ側の性能次第なところもあるので、測位精度をアプリに求めるのは筋違いかな?

登山GPSアプリを比較してみたら、今ならYAMAPを選択。

ということで上記3つを満たすことができそうなアプリを4つに絞って、実際に使ってみました。すべてiOS&Androidの両方に対応しています。

オフライン地図ルート記録SNS連携課金
YAMAP無料・240円/週など様々
ジェオグラフィカ×無料 or 960円
ヤマレコMAP無料・360円/月〜
山と高原地図△一部不可△一部不可△他社サイト実質有料 500円/山
  1. YAMAP(ヤマップ)
    YAMAP GPS
    今後とも使ってみようと思ったのがYAMAP GPSアプリ。インターフェースもわかりやすく、ルート情報の更新・改良、アプリの改善が恐ろしく早いです。今後、大きな山へ行く時には有料プランに申し込むと思います。地図代だけでも考えたら安いものです。
  2. ジェオグラフィカ
    ジェオグラフィカ
    迷ったのがジェオグラフィカ。GPSアプリとしては一番完成度高いかもです。しかし記録したデータのバックアップがDropBoxなど外部サービスと”手動で”連携させないといけないのが不便でしたので今回はパス。
  3. ヤマレコMAP
    ヤマレコMAP
    老舗ヤマレコの謹製アプリ、ヤマレコMAP。「いまココ」機能で現在地をリアルタイムで確認確認することもできるそうで(携帯の電波が届けば)万が一遭難しても現在位置を自動で送信してくれるのは良い機能。でもブログ主的にはアプリのインターフェースが若干使いにくかったのでパス。
  4. 山と高原地図
    山と高原地図
    auスマートパスユーザーは利用価値なし!と断言します。
    auスマートパス以外を契約している人でも、500円/地図という料金設定で地図の更新頻度も紙と同じの遅さでは、マップルさん登山地図では今後稼げなくなりますよ。

YAMAP GPSアプリを実際に使うには。

ということでオススメはYAMAPアプリ。無料でほとんど使えてしまえるので、一度YAMAPを使ってみて試してみて下さい。なかなか良いですよ。

まずはダウンロードしてログイン

iPhoneならAppStore、AndroidならGoogle PlayからYAMAPで検索&をダウンロード、そしてログイン。ちなみにブログ主はFacebookのアカウントでログインしてます。

YAMAP GPS 操作

LINEやGoogle、FacebookなどのIDでアカウントを作成できます。

まず山の地図をダウンロード、そして記録開始。

  1. スタートボタンをタップ
    YAMAP GPS 操作

    スタートボタンをタップ

    ダウンロードしたYAMAPアプリが起動させたら、画面下のスタートボタンをタップし、スタート画面を表示させます。

  2. 山を検索。
    YAMAP GPS 操作

    部分一致で検索できます。

    検索窓に欲しい山の名前を入力&検索します。画面例では錫杖ヶ岳(しゃくじょうがたけ)の部分一致検索です。

  3. 検索された目的の山の「地図」をタップ。
    YAMAP GPS 操作

    例:三重県の錫杖ヶ岳の地図をタップ

    検索された山の場所に虫ピンが刺さるので、その”地図”タップすると地図がダウンロードされます。
    ※ここまでは携帯の電波がつながる場所だったり自宅でやっておきましょう。

  4. 登山開始時、画面左下のスタートボタンをタップ。
    YAMAP GPS 操作

    スタート/停止ボタンが目立たないので改良してもらいたいな。

    そして登山開始する時にスタートボタンをタップすると記録が始まります。

実際に使ってみた感じはこんなです。

ということで実際の登山、三重県の錫杖ヶ岳でYAMAPのアプリを使ってみた時の様子をチラリご紹介。
YAMAP GPS 実例 錫杖ヶ岳
登山口にて、自宅で予めダウンロードしておいた地図を上記同様の手順で再度開き、スタートボタンをタップして記録開始。予め地図をダウンロードしておけば登山口で携帯の電波がつながらなくても問題なく使えます。

YAMAP GPS 実例 錫杖ヶ岳
YAMAPの登山地図は、国土地理院の登山ルート(黒い破線)も記載してありますが、このアプリが示す登山ルートは赤い線。つまりこのアプリで集めた沢山のデータがルート図に反映されているっぽいです。

YAMAP GPS 実例 錫杖ヶ岳
つまり、国土地理院の登山ルートよりも実際のルートに則しているのがYAMAPの登山ルート地図なんですね。こういうのは本当に有難い。

YAMAP GPS 実例 錫杖ヶ岳
この錫杖ヶ岳の登山の様子は後日記事にしますね。

結局、YAMAPのGPSアプリってどうなの?

とても良くできたアプリだと思います。今のところiOS版でしか利用していませんが、

  • 登山地図が豊富に用意されていて、紙に印刷する用もダウンロードできる。
    GPSアプリだけに頼らず紙でも持っていく必要があります。YAMAPのホームページで紙に印刷する用の登山地図をダウンロード出来るのでとっても簡単だし、より安全です。(より詳細な登山地図は有料プラン)
  • スマホの画面を消しても記録し続けてくれる。
    GPSの記録は、記録中に写真アプリ立ち上げて写真撮ったり、ネット閲覧したり、放ったらかして画面の電気を消しても(YAMAPアプリの停止ボタンや一時停止をしない限り)バックグラウンドで記録し続けてくれます。
  • GPSトラッキングを一時停止できる。
    上記の通りバックグラウンドでGPSの記録をし続けてくれるYAMAPアプリですが、これは電池の消耗とトレードオフな関係。休憩中などはGPSの記録を一時停止して電池を節約することができます。地味だけど大切な機能です。
  • バックアップ(WEBとの連携)が自動
    登山が終わって停止ボタンをタップ。すると(ネットに繋がれば)YAMAPの自分のアカウントと同期して、パソコンでも同じデータを確認することができます。こういうのはクラウド型サービスの便利なところですね。

という感じで欲しい機能は当然のこと、ブログ主が感じた便利だと感じた以外にも沢山の機能がYAMAPアプリには搭載されているようです。

電池の持ちやGPSの精度は?

気になるのは、YAMAPアプリの電池の持ち具合やGPSの精度ですが、これらは端末の性能・電池の劣化具合に大きく影響してくるので一概には言えないです。ただiPhone7Plusユーザーとしてお答えできる範囲では、

  • 電池消費量
    10%前後/時間
    ※2017年1月現在、気温マイナス4℃〜8℃の範囲でしかテストしておらず、iPhone7の動作時環境温度0°〜35°Cの範囲を超えている部分があります。しかも低い側の温度範囲なので、もっと暖かい気温だと好成績になるかもです。
  • GPS精度
    顕著なGPS測位ミス・測位漏れは一度もありません。頂上付近以外は森の中だったりする環境でしっかりトラッキングされているので、優秀と言えるのではないでしょうか。

それでも紙の地図&コンパス、モバイルバッテリーは必携です!

こんな感じでとても使い勝手が良かったYAMAPです。
しかも、上記の通り他にも色々な便利機能が搭載されているYAMAPですが、こんな優秀なアプリでもスマホの電池が切れたらただの文鎮。万が一に備えてモバイルバッテリーと紙の地図とコンパスは必ず持って行きましょう。
ヤマップ GPSアプリ
また気づいた事があったら追記していきますね。

【関連リンク】
YAMAP 登山・アウトドアの新定番
スマートフォン電池の節約方法(YAMAPホームページ内)

-レビュー

Copyright© Take me to the ... , 2017 All Rights Reserved.