弥勒山

登山、トレッキング

2018/3/10

弥勒山に登山!春日井にある手軽で安全な登山はいかが?

秋も日に日に深まる今日このごろ。1週間で名古屋の街路樹も色づいてきました。 先週は赤目四十八滝に行ってきましたが、今週末は、春日井市にある弥勒山に登ってきました。実は7月に一度登っているのですが、その時は暑くて暑くて写真をとっていませんでした(^_^;) 季節も良くなったこの週末、おチビちゃんも一緒に登った様子をチラッとレポ。 おはようございます。集合場所は春日井市の都市緑化植物園「グリーンピア春日井」の駐車場。とってもいい天気ですが、午後には雨が降る予報。チャチャッと登っちゃいましょう。 春日井三山(道 ...

ReadMore

登山、トレッキング

2018/3/10

2012年4月1日 鳩吹山へカタクリの花を見てきました

以前に連れてきてもらった岐阜県可児市の鳩吹山が、 全国的に有名なカタクリの花の群生地ということで 見てきました。

ReadMore

登山、トレッキング

2018/3/10

2012年10月7日 恵那山のおとなり 富士見台高原で星を見ました

前の記事、五竜岳に登山!そして初めての山小屋、五竜岳山荘に宿泊[登山編]の続きです。 五竜岳からの帰り道、天気がとても良くなったので、名古屋への帰りに 恵那山の近くの富士見台高原へ夜空を見てきました。 大きな地図で見る 場所はココ。 恵那山のおとなり、恵那山トンネルの真上なんですね。 大きな地図で見る 車は萬岳荘に駐めさせて頂きました。が、その宿泊者から怪しい奴らだ!!って疑われてしまいました(-_-メ) そんな輩と一緒にすんな!! とは言えませんでした… ※衛星写真の場所と文字で表されている萬岳荘の場所 ...

ReadMore

テント泊 装備 一覧

レビュー

2018/6/4

【随時更新】テント泊での装備と持ち物のご紹介

ブログ主の道具紹介、今回はテント泊装備のご紹介。 年に数回しかしないテント泊ですが、ブログ主の半径10m以内では反響の大きいテント泊の記事。「何持ってくの」という質問が(特に最近)多いです。 【随時更新】日帰り登山での持ち物と装備のご紹介 お泊り装備は、日帰り装備にお泊り道具を追加して持っていく感じ。なので今回は日帰り道具で記載済み以外の道具をご紹介。 2泊3日までのテント泊を想定 短期テント泊の道具として、今回ご紹介する道具は、 最長2泊3日 季節は雪のない季節 を想定しています。この装備で真冬の雪中キ ...

ReadMore

各務原アルプス 明王山展望台

登山、トレッキング

2018/3/10

明王山の見晴台に登山!迫間不動さんの麓から登るこの山は、手軽に360度の展望を楽しめる家族連れいっぱいの素敵な場所でした。

7月も下旬。台風がいくつか襲来して以降、最高気温が35度を超えるゲロ蒸し暑い名古屋地方でございます。 こんな蒸し暑い時には涼しいところに避難したいのですが、お仕事もボチボチ忙しく避暑地でのんびりし辛い。しかもお盆には山に遠出を計画しているので、体が鈍るのは防ぎたいので軽く登山はしておきたい。ということでどこかいいところないかなぁと探していたら、この明王山がヒット。 どこを登っても眺めが良い各務原アルプスには以前に縦走をしたのですが、この明王山だけ巻き道を行って通過した無念の山でした。 各務原アルプスを全山 ...

ReadMore

入道ヶ岳 山頂

登山、トレッキング

2018/3/10

入道ヶ岳に登山!椿大神社の御神体である入道ヶ岳は伊勢平野から伊勢湾や知多半島まで見渡す事ができる、とても眺めの良い山でした。

今回の登山は、また鈴鹿山系の入道ヶ岳! 以前に登った鎌ヶ岳のすぐ南側にそびえる入道ヶ岳は、麓にある椿大神社の御神体でもあり、写真の鳥居は椿大神社の奥の宮でもあります。そんな大切な御神体である入道ヶ岳は、御神体であるにも関わらず気軽に登ることができて伊勢平野から伊勢湾の眺めがとっても良い山との事。 ということで鈴鹿山系の3座目である入道ヶ岳に登ってきました。その時の様子をご紹介。 ↓記事にはしていないですが、入道ヶ岳も何度も登る山です(^_^) 北尾根にしよ。 pic.twitter.com/eA43KQS ...

ReadMore

登山、トレッキング

藤原岳でテント泊!春の藤原岳山頂でマッタリ1泊するだけのうららかな週末。

更新日:

藤原岳 山頂 テント泊
日付は2018年3月30日金曜日。繁忙期の年度末も何とか無事に終わり、気分転換でどっかでのんびりしたいなぁと思っていたブログ主。


どこへ行こうかなと考えていたのですが、この時期ならやっぱり藤原岳の福寿草!ということで、今回は思い立ったように藤原岳へ1泊2日でテント泊に行ってきた様子を短めにご紹介。

藤原岳テント泊のまったりプラン

今回も表登山道の単純往復

藤原岳 登山道 地図
例によって藤原岳には、

  • 表登山道(大貝戸道)
  • 裏登山道(聖宝寺道)
  • 孫太尾根

の3コースがあります。それなりに重たいテント泊装備を背負ってのテント泊なので、結局今回もいつもの表登山道(大貝戸道)を選択しました。

藤原岳 駐車場 午後
ということで藤原岳の駐車場13時半。中途半端な時間だからか休憩所横の駐車場はがら空き状態、ここに駐車させてもらいました。

藤原岳 神武神社
まぁこんな時間から登り始める人なんて、おそらく泊まりに行く人くらいしかいないですからねぇ…それにしても東海環状自動車道のいなべインターチェンジが開通して、藤原岳までますます近くになりました。

藤原岳 7合目
2018年早々に登った時には4合目より上は雪だらけだった藤原岳ですが、

藤原岳 水芭蕉
水芭蕉も芽生え始める季節となりました(^^)

藤原岳 8合目
そして8合目。もうこの時は夏道ルートになります。

藤原岳 8合目〜9合目 登山道の乾燥具合
それにしても3月中旬以降から全く雨が降っていなかった東海地方。こんなに登山道が乾燥しきってる春の藤原岳は初めてです。泥除けのスパッツも持って行ったのですが、まったく不要でした。

藤原岳 福寿草
そんな状況だった&ちょっと遅めの藤原岳だったので、もしかしたら福寿草は終わっているかも…なんて心配していたのですが、無事に福寿草を見つけました(^^) お日様が当たれば花も開くでしょう。

藤原岳 8合目〜9合目
ほどなく9合目、ここから見えるいなべ市方面は春霞の中。こればっかりは仕方ない。

藤原岳 藤原山荘
こうして藤原山荘に到着しました。時間は15時半、

藤原岳 藤原山荘
土曜日なので誰かはここでお泊りする人いるんじゃないかなと思って覗いてみたのですが、もう誰もいらっしゃいませんでした。ナイトトレッキングで登ってくる人もいたりするかな?

藤原山荘 裏手
それじゃ、テント張りましょうかね。


ちょうど北西の風を避けることができそうな茂みの陰に設営しました。

藤原岳 テント泊
この日はちょっと離れた場所にお隣さん1張りのみ。

藤原岳 テント泊 夕飯
テント張っちゃえばもうやること無いので飯食って飲むのみ。ウインナー焼いたりと、ブログ主には贅沢仕様でござい。

藤原岳  テント泊 いなべ市夜景
いつしか日も沈み、風も微風。霞がかった満月が幻想的な夜景でした。夜中に鹿とか野生動物が来るかななんて少し期待していたのですが、そんな気配も全く無く穏やかな夜なのでした。

藤原岳 テント泊 夜
ということでおやすみなさい…

藤原岳 テント泊
そして翌朝、外を覗き見ると、

藤原岳 テント泊 夜明け
霞の向こう側に朝日が。おはようございます。

藤原岳 テント泊 朝
この時期、標高1,000mくらいだとさすがに朝は肌寒いので、朝飯食って日向ぼっこで温まる。

藤原岳 テント泊
その間にテントの結露を乾かしたり何かしたりとダラダラ片付け、9時過ぎに撤収完了。気づくとお隣のテントさんはすでに撤収して居ませんでした。

藤原山荘 藤原岳
ということで下山しましょう。

藤原岳 下山
と、この日も朝からものすごい人が登ってきました、さすが春の藤原岳(^_^;)

藤原岳 福寿草

藤原岳 福寿草
昨日の登りの時には閉じてた福寿草も、朝にはしっかり開いていました。表登山道は福寿草が沢山咲いてますね。

藤原岳 登山客
10時半ごろ無事下山、このタイミングでも沢山の登山者が藤原岳へ登っていったのでした。

藤原岳 大貝戸道(表登山道) 麓の桜
ということで、ただただ山頂近くでマッタリしてきただけのテント泊でした。ピークハントすることなく、こういうのんびりするだけのテント泊も良いもんだなぁと改めて思ったり。

この時期までなら虫もまず居ないし、そこそこ暖かいのでマッタリするにはぴったりな季節。藤原山荘の脇には綺麗なトイレもあるので、テントを張る場所の植生に気をつけながらテント泊を楽しんでみてはいかがでしょうか?

藤原岳に登山!春に福寿草やセツブンソウが咲き誇る花の百名山は、とても整備の行き届いた楽しい山でした。

再び藤原岳に登山!春の訪れを告げる花、福寿草を愛でに行ってきました!

今年の雪山初めは藤原岳!フカフカな雪の登山道を登ってからの眺めはまた格別です。

rakuten motion

-登山、トレッキング
-, , ,

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.