鳩吹山 山頂

登山、トレッキング

2018/3/10

今年も鳩吹山へ登山!継鹿尾山寂光院からの縦走は歩きごたえ十分でした

岐阜県可児市にある鳩吹山。木曽川の左岸にあるこの岩山を今年も登ってきました。しかも去年も同様に寂光院から鳩吹山への縦走登山。 去年は継鹿尾山の東屋から道を間違えて大きくタイムロスをした思い出の山(^_^;) 今年は道を間違えること無く登山してきました。その様子をチラッと。 ↓鳩吹山へは記事にしていない分も含めて何度も通う山です(^_^) 鳩吹山のカタクリは最盛期。 pic.twitter.com/CEPs8jp3GX — たけめ まえかわ (@maekawamaekawa) 2017年4月2日 ...

ReadMore

小倉山 登山

登山、トレッキング

2018/3/10

小倉山と三方山へ登山!養老の滝の近くにあるこの山からの、濃尾平野一望の眺めは本当に素晴らしかった!

この前日、美ヶ原高原へハイキングに行ってきました。つまりその翌日の話なのですが、それがまた本当に良い天気でした。こんな良い天気の日だからお出かけしたいなぁ…と探していたら、以前に登った石津御嶽から多度山への縦走を思い出し「こんな良い天気なら、濃尾平野もバッチリ眺められる!」と確信。ということで眺めの良さそうな山を探したら養老山、小倉山、三方山がヒット。 これは行かねばならぬ!ということで、さくっと登ってきた様子をご紹介。 小倉山の登山や養老の滝に使える駐車場 養老公園の駐車場(登山口から遠いけど駐車料金が ...

ReadMore

藤原山荘 裏手 テント泊 いなべ市夜景

登山、トレッキング

2018/5/22

藤原岳でテント泊!春の藤原岳山頂でマッタリ1泊するだけのうららかな週末。

日付は2018年3月30日金曜日。繁忙期の年度末も何とか無事に終わり、気分転換でどっかでのんびりしたいなぁと思っていたブログ主。 ざっくりパッキング終了。あとは行き先を決めないといかん。 pic.twitter.com/YYGd4b2TsE — たけめ まえかわ@筋肉痛マン (@maekawamaekawa) 2018年3月30日 どこへ行こうかなと考えていたのですが、この時期ならやっぱり藤原岳の福寿草!ということで、今回は思い立ったように藤原岳へ1泊2日でテント泊に行ってきた様子を短めにご紹介。 藤原岳 ...

ReadMore

日帰りお出かけ

2018/3/10

2012年11月25日 天竜峡と弁当山、香嵐渓のライトアップに行って来ました

今週お誘い頂いたのは、行き当たりばったりのドライブ(^ ^) ルートだけ考えて、気になった所に行ってみるだけ。 たまにはこんなお出かけもいいもんですね! 今回はこんなお出かけのリポートです。

ReadMore

錫杖ヶ岳 山頂

登山、トレッキング

2018/3/10

錫杖ヶ岳に登山!変化のある登山道が楽しくて山頂からの眺めがとても良い素敵な山でした。

今回登ってきたのは錫杖ヶ岳。北アルプスにある錫杖岳ではなくて、三重県津市と亀山市の境目にある676mの山です。ここの登山道の1つが、クサリ場があったり岩をよじ登ったりで変化に富んだ楽しくて初心者向きなルートがあるとの事。 年末年始に熊野古道の中辺路を歩いて以来、全く運動していないブログ主にはちょうど良い運動になりそう♪ ということで、2017年1発目のお手軽登山の様子をご紹介。 錫杖ヶ岳の登山プラン 変化に富んで楽しく初心者向きという加太向井コースを往復 錫杖ヶ岳の登山ルートには、 加太向井ルート 北畑ル ...

ReadMore

ミレー ドライナミックメッシュ

レビュー

2018/3/10

ミレーのドライナミックメッシュ(MILLET DRYNAMIC MESH)アンダーウェアが本当に快適で、ぜひ使って欲しい逸品です。

ぜんぜんセレブじゃないブログ主は、登山で使う服をユニクロやワークマンなどで、例えばポリエステル100%の服を探して購入しています。安物なので穴が空いちゃっても気にならないし、ストレッチの効く服も豊富なので、今まで使ってて困ったことは全くありません。 その中で、今年はプチ冬山登山を3回ほどしてきたのですが、「汗冷え」というのを強く意識させられる事がありました。もちろんポリエステル製の下着なので、綿などは比べ物にならないほど汗冷えに関しては優れているのですが、この「汗冷え」を何とかできないものか自分なりに調べ ...

ReadMore

登山、トレッキング

小倉山と三方山へ登山!養老の滝の近くにあるこの山からの、濃尾平野一望の眺めは本当に素晴らしかった!

更新日:

小倉山 山頂
この前日、美ヶ原高原へハイキングに行ってきました。つまりその翌日の話なのですが、それがまた本当に良い天気でした。こんな良い天気の日だからお出かけしたいなぁ…と探していたら、以前に登った石津御嶽から多度山への縦走を思い出し「こんな良い天気なら、濃尾平野もバッチリ眺められる!」と確信。ということで眺めの良さそうな山を探したら養老山、小倉山、三方山がヒット。
これは行かねばならぬ!ということで、さくっと登ってきた様子をご紹介。

小倉山の登山や養老の滝に使える駐車場

養老公園の駐車場(登山口から遠いけど駐車料金が安い方)とマップコード


この駐車場は、養老公園の入口というか麓にある大きな駐車場。養老保育園や養老寺を目指せば簡単に到着できます。料金もここは300円で駐められます。私はこちらの駐車場を利用しました。
この駐車場から養老の滝、そして登山口までは比較的急な坂道を登る必要があります。そういう人のためにリフトも用意されていました。いつものマップコードは下記のとおり。

  • マップコード 78 395 650

養老公園の駐車場(登山口も養老の滝も近いけど料金が高い方)とマップコード


この駐車場は、養老の滝も登山口も両方ともとても近いのですが、駐車料金は1,000円(週末と祝日、繁忙期)取られます。こちらのマップコードも下記のとおり。

  • マップコード 78 394 470

参考にして下さい。

養老公園 駐車場
2014年9月14日、お昼12時になってしまいました(^_^;)
最初に書いたとおり、天気が良くて良い山を検索していたら遅くなってしまいました。いかんです…

養老公園 駐車場 養老公園 駐車場
養老公園の駐車場はほぼ満車の状態で危なかった。本当に早く行動しないといろいろとダメね。

養老公園
まずは養老の滝を目指しましょう。

養老公園 モミジ 養老公園 ヒガンバナ
紅葉はまだまだ先かな。でも彼岸花が咲いていました。もう秋だなぁ。

養老公園
養老の滝までの道からチラ見出来るこの山は、おそらく三方山。ここにも立ち寄る予定です。凄いいい天気だから楽しみ。

養老公園 養老公園
養老の滝までの道は、これがなかなか大変な坂道(^_^;) ほぼ直登の坂道で、ウォームアップには良い感じですが、一般の人にとっては養老の滝まで行くのすら大変だろうなぁ。
ま、そのために観光用リフトも用意されているんですもんね。

養老の滝
そしてようやく養老の滝!うーん疲れた、けっこう疲れた(T_T)
でもさすがは名瀑”養老の滝”は素敵でございます。

養老の滝 養老の滝
養老の滝はご存知、親孝行の滝。話を聞いた天皇も元号を”養老”に改号するくらいにいい話。ちょっと耳が痛い…

養老の滝 養老の滝
マイナスイオンを浴びることができたので、登山道に向かいます。養老の滝からはリフト乗り場方面へ歩いて行きます。

養老の滝 観光リフト
向かう途中からでもこの眺め(^o^) でも美しい眺めは山頂で見たいから、そそくさと通過することに。

養老公園 駐車場
そしてリフト乗り場のすぐ横にある養老公園の値段の高い方の駐車場には、登山届の提出場所があります。登山届はしっかりと記入しましょう。
ここで受付のお兄さま曰く「養老山は眺めはイマイチだよ」との事。情報ありがとうございます、それじゃ養老山はやめて小倉山と三方山の登山に変更しましょう。

小倉山 登山道 パンフレッド
地図も頂きました(^^)

小倉山 登山道入口
その値段の高い方の駐車場から100mほど道を進むと、さっそく登山道の入口に到着。鎖を超えて、

小倉山 登山道 分岐
出てきたのが最初の分岐点。小倉山や三方山へは、林間コースと尾根廻りコース、どちらからも行けます。

今回の登山道は、登りは林間コース、下りは尾根廻りコースを選択しました

小倉山 登山道 分岐点
写真の現在位置から分岐を左に行ってつづら折りの急坂を登って三方山を一気に目指のが尾根廻りコース、右へ行ってダラダラ長い道を登って行くのが林間コース。いつもなら行きは急な坂道を選択するのですが、

小倉山 登山道
今回は上り坂を緩やかな長い道のりを選択してみました。昨日美ヶ原高原を歩いたばかりでちょっと疲れていたので。

小倉山 登山道 小倉山 登山道
この道は(工事用車両も通っているためか)轍もあるように、車が通行できる道。坂としてはとても緩やかで歩きやすいです。

小倉山 登山道
法面が土砂崩れでも起こしたのか、綺麗に補修されていました。

小倉山 登山道
通行止めもあったりしますが、看板も柵もあって迷うことはないです。

小倉山 登山道
と、ここでまた分岐点に到着。あっちの道は、法面がかなり崩れてる。

小倉山 登山道
道も崩れかけているのか。危ないルートっぽいなぁ。

小倉山 登山道
どうやら旧道との分岐点のようです。旧道はショートカットではあるものの見たからに危ないと判断。遠回りですが道を左へ、地図の太い道を進むことにしました。

小倉山 登山道
こっちはこっちで怪しい道だわ。大丈夫かな…

小倉山 登山道
ビビりながら進むと、アセビ平の看板がでてきました。間違っていなかったようです(^_^)
アセビ平で休憩しようかな。

小倉山 登山道 小倉山 登山道
この辺の道にも落石がいっぱい。さっきの分岐を旧道へ入ってたらホント危なかったかもなぁ。

小倉山 登山道
あぁ早く眺めが見たい!

小倉山 登山道
あら?豪快に通せんぼ(^_^;)

小倉山 登山道
枯れ木が折れてしまったのかな?

小倉山 登山道
逆にこっちは、岩を飲み込み気味に育つ木。自然って厳しいなぁ。

小倉山 登山道 アセビ平
ん?なんか開けたぞ。

小倉山 登山道 アセビ平
アセビ平だ!ちょっと休憩しようと思ってたのですが、とくに眺めも見どころも無さそうなので、このまま進むことにしました。

小倉山 登山道 小倉山 登山道
ここからは、階段を登ったり降りたりを繰り返すみたいです。個人的には一番大変な道かも(^_^;)

小倉山 登山道
やっぱり大変だった(T_T)

小倉山 登山道
チラチラと眺めも見えるけど、ここは我慢ガマン。

小倉山 登山道
ここから養老山や小倉山へ向かうには、この写真にある笹原峠を目指して歩いて行きます。頂いた地図には笹原峠とは記載がないので要注意です。

小倉山 登山道
今度は下り階段ですか…

小倉山 登山道
我慢…

小倉山 登山道
ここでも倒木が登山道を邪魔してます。案外と危ない山だったりして。

小倉山 登山道
そしてまた登り階段(T_T)

小倉山 登山道
笹原峠まであと500m、いやいや階段は苦手ですわ。

小倉山 登山道
お、開けたぞ。

小倉山 登山道 笹原峠
笹原峠に到着!目的地の小倉山へは残り400mですか!もう一息!

小倉山 登山道 小倉山 登山道
目的の小倉山へはもうすぐ。階段も何のその?

小倉山 登山道
なんか明るいぞ。

小倉山 登山道
おぉ!コリャいい眺めだ(^_^)
小倉山の山頂が楽しみ♪

小倉山 登山道
最後の階段、ほんとのラストスパート。

小倉山 登山道 小倉山 登山道
登り切ったぞ…

小倉山 登山 小倉山に登頂!標高841mでござ~い。

小倉山からの眺めは濃尾平野を一望!

岐阜市内方面
まずは岐阜市内方面の眺めは?

岐阜城 金華山
岐阜城の金華山!去年登ったなぁ。ロープウェイ駅も見える。

岐阜シティ・タワー43
岐阜シティ・タワー43かな?ここの展望台へは無料で上がれるらしいですね。

ソフトピアジャパンセンター
大垣のソフトピアジャパンセンターかな?

犬山方面
一宮から犬山、小牧、春日井方面は…

ツインアーチ138
一宮のツインアーチ138。

すいとぴあ江南
すいとぴあ江南。ずいぶん行ってないなぁ。

モンキーパーク 観覧車
モンキーパークの観覧車かな?この右側くらいに犬山城があるはずだけど確認できず。

三菱電機ビルテクノサービス 稲沢
稲沢の三菱のエレベーター。

小牧山
小牧山の小牧城。

清州城
たぶん清州城。

弥勒山 道樹山
左の山が春日井の弥勒山
実は弥勒山は今年も登りましたよ。その右には道樹山。

名古屋市方面
そして名古屋市内方面は…

瀬戸デジタルタワー
瀬戸デジタルタワー。

モリコロパーク
モリコロパークの観覧車。

ザ・シーン城北
ザ・シーン城北。

名古屋駅
名古屋駅の駅ビル群、ここにあと2本はビルが建つのか。奥には八事の中京テレビの電波塔も見えますね。

ナゴヤドーム
ナゴヤドーム。クライマックス・シリーズくらい出てくれよ、新聞辞めるぞ。

名古屋城
名古屋城。本当に木造の名古屋城にするんですかね?

ポートビル 名古屋港シートレインランド
名古屋港の観覧車(左)とポートビル(右)。ポートビルの手前には名古屋港水族館のイルカのプールの屋根も見えますね。

いやいや、さすがな眺め。登山が遅いからモヤってしまったけど、早い時間や冬の澄んだ空気なら北アルプス、中央アルプス、南アルプスまでバッチリ見えるそうです。
気づいたら1時間近く眺めていました。

小倉山 山頂
一方こちらは、小倉山山頂にある東屋から見える上石津方面。琵琶湖も見えるのかな?さすがに無理かな?

小倉山 山頂
さ、日も短くなってる時期なので早めに下り、もう一つの目的地である三方山へ向かいましょう。

小倉山 山頂
それにしても良い山見つけました♪今度はみんな連れてこよう。

笹が原
小倉山を下って、笹原峠から三方山方面へ下っていきます。

三方山 登山道
小倉山から三方山への登山道は比較的なだらかな道を進みます。

三方山 登山道
笹原峠から10分足らずで三方山と登山口との分岐に到着。

三方山 登山道 三方山 登山道
分岐からほんの50mぐらい。視界が開けてきて、

三方山 頂上
三方山の頂上!到着でございま〜す。

三方山 頂上
先ほどの小倉山よりも、眺めは当然ちょっと低いけど、それでも素晴らしい眺めには違いありません。

小倉山 登山道
本当に良い山見つけたなぁ、良かった(^_^)
さ、駐車場へ戻りましょう。

小倉山 登山道
ありゃ、ここでも倒木が登山道を邪魔してる。ずいぶんデッカイ木が倒れたんだなぁ。これは倒れてから年数が経ってるっぽい。

小倉山 登山道
下りはしばらく階段が続きます。ちょっと滑りやすい道なので要注意。

小倉山 登山道
と、ここで、
”転落注意”この先は、急な下り坂が続きますので注意して下さい。
あら、また恐ろしいことをおっしゃる。

小倉山 登山道
なるほど、このつづら折りの登山道の部分が危険なわけね。じゃ気をつけますということで、気をつけながら進むと、

小倉山 登山道 小倉山 登山道
看板に偽り無し(^_^;) 急で狭めの道で、そしてとても滑りやすい!スニーカーで来ちゃった人にはかなり厳しい下り道だ…

小倉山 登山道
この道は下り坂で使うべきではなかった(^o^;) 絶対ハイキングコースではないでしょう…

小倉山 登山道
あらら、ここも倒木(^_^;)
しかも絶妙に邪魔な幹の太さと、下をくぐるのにも絶妙に狭い隙間。

小倉山 登山道
ヨっこいしょういち

小倉山 登山道
うわぁ、朽ちた木の根っこからボキッと折れてしまったようです。こりゃ本当に危ない、直撃したら絶対にあの世行き。

小倉山 登山道
登山道は相変わらず狭くて滑りやすい。丸太のガードレール(?)があっても危ない、厳重注意です。

小倉山 登山道
この辺りからせせらぎの音が聞こえ始めました。

小倉山 登山道
スリップしないように慎重に歩いていたら、砂防ダムが見えてきました。水の音はここだったのね。

小倉山 登山道
”転落注意”この先は、道幅の狭い箇所がありますので注意して下さい。
この看板が出てきたということは、つづら折りの道が終わったのか!
あー危なかった、次来る時は登りで使おう。

小倉山 登山道
お、この砂防ダムのところを渡っていくのね。

小倉山 登山道
あ、ここが登山道で迷いやすいっていうところだったのか。それにしてもこの看板はわかりにくい。登る人はさっきの砂防ダムのところを渡るのが正解ですよ。

小倉山 登山道
林道に出た、歩きやすい♪

小倉山 登山道 小倉山 登山道
行きで通った分岐に到着。日はすっかり陰ってしまいました。

養老公園 駐車場
ということで、登山届を出した駐車場に到着。ちゃんと登山届に無事に下山しましたよの印を付けましょうね。

小倉山 登山道
最後のつづら折りの下り道は疲れたなぁ。陽も斜めっちゃったなぁ。

小倉山 登山道 小倉山 登山道
せっかくなので、帰りも養老の滝を愛でつつ帰りましょう♪それにしても、養老の滝までのこの直登の坂は本当に大変だ(^_^;)

養老公園 駐車場
眺めをゆっくり楽しみすぎて17時に駐車場到着。5時間もかけて戻ってきちゃいました(^_^;)
登山は、根廻りコースは道幅も狭く滑るので、ここさえ気をつければ大変に気持ちのよいものでした。そして何よりも小倉山からの眺めは本当に素晴らしい!

是非、みなさんも楽しんでみては如何でしょうか!

rakuten motion

-登山、トレッキング
-, ,

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.