霧ヶ峰 八島ヶ原湿原

登山、トレッキング

2018/3/10

霧ヶ峰高原の八島ヶ原湿原をスノーシューハイキング!冬の静かな八島ヶ原湿原をグルっと1周してきました。

今回お誘い頂いたのは、霧ヶ峰にある八島ヶ原湿原でスノーシューハイキング!八島ヶ原湿原は八ヶ岳中信高原国定公園内の霧ヶ峰高原にあります。冬季は訪れる人もあまりおらずとっても静かな散策を楽しめるそうです。個人的にもスノーシュートレッキングは、一昨年の上高地でのスノーシュートレッキング以来2年ぶり。 ということで、その様子を短めにご紹介。 八島ヶ原湿原のスノーシューハイキングのプラン 今回の八島ヶ原湿原スノーシューハイキングコースは、八島ヶ原湿原の周りを時計回りとしました。 参照URL http://park2 ...

ReadMore

香嵐渓 ライトアップ

日帰りお出かけ

2018/3/10

今年の香嵐渓はライトアップで紅葉を愛でる。まるで山全体が燃えてるような美しさでした。

今年もやってきました香嵐渓の紅葉の季節。毎年、香嵐渓の紅葉へは朝一番に起きて向かっていたのですが、実はこの日は朝から近所にある猿投山へ登山に行ってきました。ライトアップ狙いなのもあったのですが、今年の香嵐渓の紅葉はご多分に漏れず色づきが悪いという情報が多数ありました。なのでライトアップなら色づきが悪いのも誤魔化されるのかなと(^_^;) なので登山の帰り道に香嵐渓のライトアップへ立ち寄ってみましたという話をチラッとご紹介。 香嵐渓のライトアップ渋滞、渋滞回避するには稲武方面からアクセス やっぱりこの時期の ...

ReadMore

竜ヶ岳 遠足尾根

登山、トレッキング

2018/5/27

竜ヶ岳へ登山!そして春になると現れる羊の群れを見に行こう。

今回登ってきたのは鈴鹿の方の竜ヶ岳。鈴鹿セブンマウンテンの1座でブログ主的には6座目となります。 この竜ヶ岳、ゴールデンウィーク明けくらいから山腹にはシロヤシオの花が咲き、点々と存在するシロヤシオが羊の群れのように見えるそうです。今回は残念ながら見ることができなかったのですが、気持ちのよい笹原の稜線歩きができました。 そんな様子をサクッとご紹介。 【追記】再び羊さんに会いに行ってきました。 竜ヶ岳へ登山!そしてシロヤシオが盛大に咲き誇る”羊の群れ”を愛でてきました! どえらい人、羊さんより多いわ。 pic ...

ReadMore

登山、トレッキング

2018/3/10

五竜岳に登山!そして初めての山小屋、五竜岳山荘に宿泊[下山編]

前の記事、五竜岳に登山!そして初めての山小屋、五竜岳山荘に宿泊[登山編]の続きです。 14時40分に到着した我々は、五竜山荘にチェックイン(?)しました。初めて山小屋なる場所へ泊まります。楽しみです!! 五竜山荘の前は、すでにテントがたくさん設営されていました。こんなところで眠るなんて凄いなぁ、って話をしていたら「下手な山小屋よりもずっと快適」とのこと。そういえば登山の途中でお話していたおばちゃん曰く、 「五竜山荘は死ぬほど寒かった」って言ってたなぁ。 ん?これから寝る場所は山小屋でしょ…? と、ここが我 ...

ReadMore

木曽駒ヶ岳 山頂

登山、トレッキング

2018/3/10

木曽駒ヶ岳に登山&テント泊!ロープウェイで簡単アクセスできてお花畑や紅葉など見どころ満載な、とても美しい花の百名山でした!1日目木曽駒ヶ岳登頂とテント泊編

相変わらずゲロ蒸し暑い日が続いている東海地方。こんな暑い時は涼しい場所へ避難しなければ体が持ちません。さらにここまで暑い日が続き相変わらず運動不足なブログ主。気軽に涼しく運動できる場所はどこかないかなぁ... と探していたらヒットしたのが、今回登ってき木曽駒ヶ岳!小学校の遠足で乗越浄土まで行ったきりで、木曽駒ヶ岳へは未踏だったりします。 ロープウェイのおかげで初心者にもやさしく、家族連れやカップルも多くて誰でも高山植物を気軽に楽しめる中央アルプスの主峰、木曽駒ヶ岳への登山!その様子をレポートです。 【追記 ...

ReadMore

各務原権現山 各務原アルプス

登山、トレッキング

2018/3/10

各務原権現山に登山!子ども連れでも安心で登り応えもある登山はいかが?

2015年4月は曇りや雨の日がとても多く、せっかくの春の気持の良い時期に残念な天気が続いていましたが、この週末はとても天気がよくなりました。ゴールデンウィーク目前のこの時期に遠出ではなくて、どこかお手軽にお出かけができないかな?ということで、去年の冬に各務原アルプスを全山縦走した時の権現山展望台までなら子ども連れでも行けるのではと思ったブログ主。じゃぁ行ってみよう!ということで各務原権現山へ登ってきました。その時の様子をチラッとご紹介。 各務原権現山の入口、伊吹の滝不動明王の場所 各務原アルプスの全山縦走 ...

ReadMore

レビュー

ブログ主が登山に持っていく、チタン製シングルマグカップのおすすめとそのスタッキングのご紹介。

更新日:

オススメのクッカー 登山用
以前に記事にしたように、ブログ主はオプティマスウインドシールド等を購入しました。ブログ主の登山スタイルには会心の組み合わせで、自分のスタイルに合った組み合わせを見つけることができた事に小さな幸せを感じている今日このごろ(^_^)

ただスノーピークのトレック900(アルミ)を名古屋近郊の日帰りソロ登山で持っていくにはデカイ。だったらこのスノピのトレックにスタッキングできるクッカーを揃えたら、例えば全部持っていくような時であってもコンパクトな荷物で楽しめるかもと思ったブログ主。
そんな感じで少しずつ買い揃えたクッカー(マグカップ)を、その時々の行き先や食事に合わせて使い分けています。

今回は、そんなブログ主の山道具のお話をサクッと。

クッカー類をコンパクトに持っていきたい!

ザックの中で意外と場所を取るのがクッカー類。今回揃えたのはすべて、

ブログ主のスタイルはこんな感じなので、最終的に、300ml→450ml→650ml→900mlという容量で揃えました。

”シングル”で”蓋つき”チタンマグカップを揃えてる理由

で、買い揃えたチタンのマグカップはすべて「シングル」タイプで「蓋付き」(スノピのチタンシングルマグ300除く)に揃えてます。それは、

  1. シングルは直火にかけられる
    シングルタイプは直火にかけられる(スノピは非推奨を謳ってます)ので、お鍋みたいな使い方ができますし、冷えてしまった飲み物を再加熱できます。
  2. 蓋付きでお湯がすぐに沸く
    蓋があるのと無いのとでは、お湯の沸くまでの時間が全く違います!これでガスがかなり節約できるので、OD缶110タイプのような小さい缶でもガス残量を気にせず使うことができます。
  3. シングルだからすぐ冷める
    沸かしたお湯が冷めてくれないと、猫舌なブログ主は食事できないのです(^_^;)

こんな理由でシングルで蓋付きで揃えました。

ブログ主流、クッカーのスターティングメンバー

ということで揃えたクッカー(マグカップ)を小さい順でご紹介。

  1. スノーピークのチタンシングルマグ300
    スノーピーク チタンシングルマグ300

    スノーピークのチタンマグカップ300は普段使いしてます。

    コーヒーやお茶等の飲み物用。このスノーピークのチタンマグカップは普段の生活で使ってるくらい良いマグカップ。取手にはホームセンターで切り売りされてる耐熱シリコンチューブを巻いてます。ちなみに旧モデルには巾着袋が付属していたそうですが、現行品はマグカップ本体だけです。

  2. ゴートレンジチタン製マグカップ 420ml (蓋付き) 【廃盤?】
    ゴートレンジ チタン製マグカップ 420ml (蓋付き)

    ゴートレンジチタン製マグカップ 420ml (蓋付き)

    ブログ主的に、420mlという容量はお湯を沸かしたりスープやを作ったりと、お腹ペコペなの時の単体での使い勝手では一番良いかもと思っています。これだけもって登山へ行く事も多々あります。
    ただ取手がとても硬くて耐熱シリコンチューブを巻けないのと、蓋の取っ手が自立しないのが玉にキズ。
    ↓蓋の取手が自立するKeithのが安くてオススメです。

  3. Keithフォールディングハンドル キャンプ用 マグカップTi3208(650ml)
    Keith フォールディングハンドル キャンプ用 マグカップ Ti3208 650ml
    650mlという容量は、コーヒーとカップヌードルのお湯を一度に沸かすのに丁度良い容量。また袋ラーメンを茹でるのに丁度良い容量だったりします。
    ↓これもブログ主のより値下がりしてるし巾着袋も付属してる(T_T)
  4. スノーピーク トレック900(アルミの方)
    スノーピーク トレック900
    複数人で登山へ行く時や、テント泊で炊飯や焼き物・炒め物など料理を楽しみたい時にも持っていきます。ブログ主所有で唯一のアルミ製クッカーです。

こんなラインナップで揃えてます。

シェラカップは退役

これに伴ってシェラカップは退役となりました。余生は取り皿くらいの出番になりそうです。

これらをスタッキングするとこんな感じ。

上記で紹介したマグカップはすべてスタッキングすると、荷物をこんな感じでコンパクトに纏めることができます。

  1. スノーピークチタンシングルマグ300の中にSOTOのSOD-300バーナーを入れます。

    スノーピーク チタンシングルマグ300 SOTO SOD-300S

    SOD-300S付属の収納袋がかさばるのと収納がめんどくさい。代用方法を思案中。

  2. そのスノーピークチタンシングルマグ300を、ゴートレンジのチタンマグカップ 420ml (蓋付き)にイン。

    スノーピーク チタンシングルマグ300 ゴートレンジ チタン製マグカップ 420ml (蓋付き)

    現行品のスノーピークチタンシングルマグ300には袋が付属してないので、取手に耐熱チューブ巻いてないとガタガタうるさいです。

  3. そのゴートレンジを、さらにKeithフォールディングハンドル マグカップTi3208(650ml)に入れて、

    Keith フォールディングハンドル キャンプ用 マグカップ Ti3208 650ml

    ゴートレンジチタン製マグカップ 420ml (蓋付き)には巾着袋が付属してるので、キースに入れてもガタガタしません。

  4. これらをトレック900にイン。これで計4個をトレック900の大きさにまとめることができます。

    スノーピーク トレック900

    アルミ製クッカーは1つ持っておくと料理勝手が良くておすすめです。

クッカー スタッキング例
そしてオプティマスウインドシールドもスタッキングするとこんな感じで、とてもコンパクトです(^^)

登山によって、スタッキングの組み合わせを変える

こんな感じで全部スタッキングできるのですが、これら全部を持って行くことは余り無かったりします。
スタッキング案 チタンマグカップ・クッカー・バーナー
例えば上記写真のスタッキングは、バーナーのSOD-300S、スノピのチタンシングルマグ300、キースの650ml、そしてオプティマスウインドシールド、五徳替わりの排水口の網です。

写真内側のオレンジ色の袋はゴルフボールを入れる巾着袋(ブログ主のキース650mlマグに袋が付属していないので)で代用しています。

一番外側の黒い巾着袋は、同じくゴルフボール袋。


↓仙丈ヶ岳へ登ったときには、ゴートレンジだけでカップ麺のお湯沸かしと飲み物用の湯沸かしで使ったり、


↓猿投山登った時には、キースの650mlでカップ麺とコーヒー用のお湯を沸かしたり、


↓藤原岳へ行った時には、オプティマスウインドシールドも持っていかず、ゴートレンジの450mlとスノーピークのチタンシングルマグ300だけ持っていきました。


こんな感じで組み合わせを変えて、荷物を軽くできるようにしています。

他人のスタッキングはとても参考になる

ブログ主のスタッキングは、元は主の登山の先生の方法を参考・アレンジしてこのスタイルに落ち着きました。
クッカー オススメの組み合わせ例
今はこのスタイルで気に入っていますが、今後もアンテナを張ってバージョンアップしていきたいと思ってます。

だがこれがクッカー沼の始まりだ\(^o^)/オワタ



登山で使うバーナー(ストーブ)SOTOのSOD-300Sとオプティマス・ウインドシールド、スノーピークトレック900の組み合わせが会心の一撃でマジでおすすめです!

rakuten motion

-レビュー
-

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.