登山、トレッキング

名古屋近郊の山|山登り初心者・初めての人を連れていくとするならこの山。

投稿日:

錫杖ヶ岳 加太ルート 山頂からの眺め
登山を始めた頃こそ先生たちに連れて行ってもらった事が多々あれど、基本的には単独行なブログ主(複数人の登山は直近だと北八ヶ岳の天狗岳くらい)です。

そんな中、いちさん(@ichitakaseek)がこんなツイートしてました。

こんなブログ主なので、普段は自分が行きたい場所を見当つけてフラッと出かけるだけだったわけですが、自分だったらどこへ連れて行って楽しんでもらえるかな?と想像してみました。

今回はそんな記事です。

一緒に連れて行く山の選考基準

そんなブログ主が選ぶにあたって、どういう基準で選ぼうかと考えました。ということで下記4つの条件で選ぶことにしました。

  1. ブログ主が楽しかった山
    自分が登って楽しかった思い出の場所を最優先にしました。まぁこれは当然の基準かと。
  2. 登山口まで遠くない
    名古屋市内(名古屋インターチェンジ近辺)から高速道路移動を含め最大90分くらいで移動できる場所に絞りました。
  3. 登山道の状況が良い
    登山道が明瞭で看板もしっかりあって分かりやすい、且つ整備状況が良かった場所にしました。ただこれはブログ主が行った当時の登山道の状況を基準にしているので、最新の状況は要確認です。
  4. 山頂からの眺めが良い
    これは1の基準に準じることなのですが、基本的に眺めの良くない山はあまり好きじゃないブログ主です。

ブログ主が選んでみた5山

ということで、ブログ主が考える名古屋近郊で山登り初心者 or 初めての人を連れていくとするならこんな感じ。

  • 鎌ヶ岳 武平峠ルート(三重県/滋賀県)
  • 金華山(岐阜県岐阜市)
  • 明王山(岐阜県各務原市)
  • 各務原権現山(岐阜県各務原市)
  • 弥勒山(愛知県春日井市)

あたりをピックアップしてみました。それぞれについて簡単に紹介しますね。

鎌ヶ岳 武平峠ルート(三重県鈴鹿市)

鎌ヶ岳 山頂
ブログ主の中ではダントツの1位かもしれないのが鎌ヶ岳。
鈴鹿スカイラインの武平峠の駐車場から1時間ほどで登れるこのルートは、変化もあって楽しいし頂上からは伊勢湾から知多半島、空気が澄んでいれば御嶽山や南アルプスの山並みも見えるはずです。まだ見たこと無いけど。

山頂直下には岩登りがあるのですが、そこを回避するルートもしっかりあるので、その点も安心ですね。

鎌ヶ岳に登山!武平峠コースはザレ場やクサリ場、岩登りもあるけれど、眺めも良くて登山の楽しみが凝縮された素晴らしい山でした!

今後、新名神の菰野インターチェンジが開通すれば、名古屋インターチェンジから登山口まで1時間足らずで武平峠に着くようになるかもです。

金華山(岐阜城)

金華山
お手軽さで言えば金華山も外せないと思います。馬の背ルートは岩登りで急登ですが、その他のルートは比較的緩やかで家族連れが本当に多いです。どうしてもしんどかったら下山はロープウェイに逃げることが出来たりするので、その点も安心かと思います。

金華山に登山!馬の背ルートは厳しかったけど、岐阜城からの眺めは素晴らしかった!

それに岐阜城からの眺めは360度で素晴らしいです。さすが古くからの要衝の山ですね。

明王山(岐阜県各務原市)


低山にもかかわらず、山頂からの眺めの良さはかなりのものだと思います。ブログ主も何度も行ってる山で、迫間不動さんでお参りして帰るのも一考です。
ただ名古屋から登山口まで距離の割に時間がかかる(41号線の小牧市や大口町の渋滞)のが痛いです。

明王山の見晴台に登山!迫間不動さんの麓から登るこの山は、手軽に360度の展望を楽しめる家族連れいっぱいの素敵な場所でした。

各務原権現山(岐阜県各務原市)


伊吹の滝からのルートは、最後の急な上り石階段が少しシンドイですが、ここもブログ主は何度も行く山です。山頂からの眺めも素晴らしいです。しかし残念ながらここも登山口まで距離の割に時間がかかる(江南市内や各務原市内の渋滞)のが痛いです。

各務原権現山に登山!子ども連れでも安心で登り応えもある登山はいかが?

弥勒山(愛知県春日井市)

弥勒山 山頂
麓にある春日井市の都市緑化植物園「グリーンピア春日井」からサクッと登れるのが弥勒山。

弥勒山の東屋からの眺め

駐車場も広くて人気の山なのですが人気の割に山頂が狭いので、涼しい季節のお昼にはけっこう混雑してます。まぁ逆に混雑するくらい優しい山かと。

弥勒山に登山!春日井にある手軽で安全な登山はいかが?

道樹山から弥勒山へ春日井三山を縦走登山!子ども会の催しや家族連れでいっぱい、安定の気軽な里山でした。

ということで、近場の山を5つご紹介しました。

それにしても初めての人にも優しい山というくくりは、いろいろ考えを巡らせると結構難しくて、道迷いの遭難の危険性ならアルプス系の山々より鈴鹿の山の方が圧倒的に高いでしょうし、一方で滑落や落石、疲労による事故はアルプス系の方が多いですし。うーん…

-登山、トレッキング

Copyright© Take me to the ... , 2017 All Rights Reserved.