マーモット Limelight 2P

レビュー

2018/3/10

【テント購入の検討】登山で使う2人用テント、型落ちのMarmot Limelight 2P を購入するまでの話。

新しい新居を購入しました。それは、マーモットのLimelight 2Pテント。アメリカのマーモット社が発売していた3シーズン用のバックパッキング用のテントで、メーカー的には登山用テントには分類されていません。例えば稜線上での設営や冬のテント泊は想定しおらず、それほどストイックな性能を求めていないテントと言って差し支えないと思います。 山は年に何度も登るけれど、テント泊は年に1度か2度程度。そう幾度も使わない物に大金を叩くほど富裕層ではないブログ主は、何とかコストパフォーマンスの優れたテントが無いものかと色 ...

ReadMore

御在所岳 樹氷

登山、トレッキング

2018/3/10

冬の御在所岳に登山!中登山道からの登山は大変だったけど、山頂の樹氷や氷爆はとっても綺麗でした。

去年の6月、ワールドカップのコートジボワール戦の当日に登った御在所岳。変化に富んだ御在所岳の登山道はとても面白いものでした。そんな御在所岳は、冬にも登ることができて、それでいて体力的にきつかったらロープウェイで下ることだって出来る、ある意味お手軽に冬山の登山を楽しむことができるそうです。それは是非とも経験してみたい! ということで登ってきた様子をご紹介。 こちら↓の冬登山も良かったです(^^) 冬の綿向山へ登山!樹氷・霧氷きらめくブナ林の美しさが印象的な、とても楽しい登山でした! 冬の守屋山へ登山!手軽に ...

ReadMore

寂光院

日帰りお出かけ

2018/3/10

寂光院の紅葉の見頃は12月初旬まで!犬山市の有名な紅葉寺で紅葉を愛でる

日本には数多くの紅葉寺と呼ばれるお寺がありますが、ここ愛知県の有名な紅葉寺と言えば、犬山市の寂光院。木曽川の左岸にあり風光明媚な場所でもある寂光院の紅葉は今年も見頃を迎えました。今年の紅葉はどうかなぁ?綺麗かな? というわけで、毎年キレイな紅葉を見せてくれる寂光院へ見に行ってきた様子をチラッと。 寂光院の駐車場について 紅葉の季節は慢性的な駐車場不足で、いつも満車気味 寂光院の12時半。到着が遅くなって、こんにちはの時間になってしました。当然のように寂光院の正面の駐車場も満杯。こんな感じで大行列!車も全く ...

ReadMore

マーモット Limelight 2P

レビュー

2018/3/10

【テントレビュー編】登山で使う2人用テント、型落ちのMarmot Limelight 2P を購入した話。

前回の記事【テント購入の検討】登山で使う2人用テント、型落ちのMarmot Limelight 2P を購入するまでの話。の続きです。 今回は購入したマーモット Limelight 2Pテントのレビューです。 購入したテントはこんな感じ 配送の箱から取り出したマーモットLimelight 2Pテントとその収納袋。これが結構デカイんです。 中身の入った状態で、袋の長辺は65cm、短辺は20cmほど。かなり大きめではありますが袋には余裕があります。なので強めに折りたたんだりすれば、もっとコンパクトにできそうで ...

ReadMore

竹島水族館 入口

日帰りお出かけ

2018/3/10

ショボいだなんて言わせない!カピバラまでいる愛知県蒲郡市の竹島水族館はけっこう面白かった!

名古屋には名古屋港水族館がありますが、ここ蒲郡市には竹島水族館という小さな、まさにローカル水族館があります。検索すれば「ショボイ」だの何だのと結構な言われようなのですが、それでも年間入場者数が20万人を突破したという謎の大人気水族館でもある竹島水族館。こんな場所(←失礼)でここまで入園者数があるということは面白いんじゃね? ということで竹島水族館へ行ってきた時のご紹介。 竹島水族館の場所と駐車場 〒443-0031 愛知県蒲郡市竹島町1-6 電話番号 0533-68-2059 ここへ向かって来れば、駐車場 ...

ReadMore

登山、トレッキング

2018/6/4

紅葉の最盛期の上高地をトレッキング!大正池から河童橋まで編

先週、志賀高原へ紅葉狩りへ行って来ました。 2012年10月14日 志賀高原は紅葉の最盛期! 横手山パノラマコースへ行って来ました 2012年10月14日 志賀高原は紅葉の最盛期! 池めぐりコースを紅葉狩りしてきました なんでも今年の紅葉は近年でも有数な綺麗さらしいです。そんな当たり年ならもっとたくさん見てみたい!週末の天気予報もドピーカンだったので、秋の上高地へ紅葉狩りへ行ってみました。 死ぬほど良い天気の日にトレッキングすることができた上高地。その様子をご紹介です。 ↓何度も行くほど上高地は良い所です ...

ReadMore

旅行 海外

ヤンゴンからバゴーへ日帰り往復!ミャンマーで一番大きな寺院シュエモード・パヤーは必見です。

更新日:

シュエターリャウン 寝仏
前回の記事、ヤンゴンからゴールデンロックへ日帰り往復!落ちそうで落ちない奇跡の岩は必見ですよの続きです。いよいよミャンマー旅行の最終日となってしまいました。成田への帰り便がミャンマー時間の21:45分という遅い時間の便なので、ギリギリまでミャンマー旅行を堪能せねばなりません。ということで、ヤンゴンのお隣の町であるバゴーへ遊びに行ってきました。バゴーにも色々な寺院があるのですが、ミャンマーで一番大きな寺院であるシュエモード・パヤーへ行ってきました。その様子をチラッとご紹介。

ヤンゴンからバゴーまではバスで2時間ほど。

ミャンマー ヤンゴン
おはようございます。ミャンマーの2014年5月5日。朝のヤンゴンです。バゴーへ向かう前に、ボージョーアウンサンマーケットに寄ってからと思っていたのですが、この日はマーケット全部がお休みの日でした。仕方ないので、そのままバゴーへ行くためのバスターミナルへ移動します。

ヤンゴン駅
本当はやっぱり列車で行きたかったのですが時間が読めないので、今日はバスでの移動。のんびり日程なら列車に乗って旅がしたいな。

ヤンゴン タクシー ヤンゴン タクシー
ということでタクシーを拾ってバスターミナルまで移動します。いくらかかったか忘れてしまいました…

バスターミナル
バスターミナルへ到着。

ヤンゴン バスターミナル
バスターミナルへ到着したタイミングが悪くて、次のバゴー行きのバスまで1時間も待ち。

ヤンゴン バスターミナル
周辺に観光するところもなくどうしようかなぁ~。

ヤンゴン バスターミナル
千葉交通のバスの修理を眺めててもなぁ(^_^;)

ミャンマー バス
と、なんとなくブラブラしていたらバスが来ちゃいました。運行ダイヤは適当な様子です…

ミャンマー バゴー バス
バスの車内はクーラー無し(^_^;) 暑いよ…

ミャンマー バゴー行き バス ミャンマー バゴー行き バス
バスは程なくバゴーへ出発進行!約2時間のバス旅です、車窓は相変わらず長閑。

ミャンマー バゴー行き バス
バスの車内では、現地の歌手のライブ映像が大音量で絶賛放映。この後に現地ドラマもやっていました。現地ドラマは言葉が全然わからないのですが、なんとなく雰囲気で展開がわかるのが良いところ。

ミャンマー バゴー行き バス
途中、給油でガソリンスタンドへ立ち寄る。最初から入れておけよ。

ミャンマー バゴー行き バス
そして再出発して、

バゴー 観光
ヤンゴンから約2時間、バゴーの終点のバス停に到着。そこから100mほど歩いて、この緑色のお店に到着。ここで単車に2ケツしてバゴー観光です!

バゴー 観光
そのご主人の息子さんに運転をしてもらいます。ノーヘルでバイクなんてちょっと怖いけど楽しい♪

バゴー 観光
お、何か見えてきたぞ。

シュエモード・パヤー
これがバゴーで一番有名な寺院、シュエモード・パヤーか!

シュエモード・パヤー シュエモード・パヤー
シュエモード・パヤーの門をくぐって、単車は裏側(?)に移動。そこから歩いていきます。そして廊下を進んでいくと、

シュエモード・パヤー
デッカイがや〜 さすがミャンマーで一番高い寺院。

シュエモード・パヤー
その周りには、可愛らしい仏像もたくさん。素敵な文化だなぁ。

シュエモード・パヤー
シュエモード・パヤーで有名な石。大地震で塔が崩れてしまったのです。これが下まで落ちてしまったら大惨事だったところ、途中で止まったということでした。途中で止まってくれたのは仏舎利と聖髪のおかげと信じられていて、それを伝えるために祀って今に至るということでした。

シュエモード・パヤー
装飾品もとても細かい。

シュエモード・パヤー
こういうの素敵だわ。

シュエモード・パヤー
さ、時間が少ないので次へ向かいましょう。

シュエターリャウン・パゴダ
次は寝仏様を見に行きます。シュエターリャウン・パゴダではないみたい…

シュエターリャウン・パゴダ シュエターリャウン・パゴダ
道は舗装路を抜けて、赤土丸出しの未舗装路を進みます。見たからに滑りやすそうな道で、後ろに乗ってるのはちょっと怖い(^_^;)

シュエターリャウン・パゴダ
でも、こういう非日常が楽しかったり♪

シュエターリャウン・パゴダ
そして入口に到着。当然ここで靴を脱いで廊下を進んでいくと、

シュエターリャウン・パゴダ
いらっしゃいました、寝仏様!

シュエターリャウン・パゴダ 寝仏
足の裏の装飾が、やっぱり細かい。

シュエターリャウン・パゴダ 寝仏
こういう曼荼羅的なものの意味が分かれば、もっと楽しめるんだろうなぁ…

シュエターリャウン 寝仏
なんとも可愛らしい大仏様でいらっしゃる(^ ^)

シュエターリャウン・パゴダ
大仏様に小鳥がいっぱい。

シュエターリャウン・パゴダ
こんなところに鳥の巣があっても、駆除しないのですね。

シュエターリャウン・パゴダ
寝仏様の裏側はこんなかんじ。

シュエターリャウン・パゴダ シュエターリャウン・パゴダ
いやいや、素敵だわ。

バゴー 観光
次は地球の歩き方に載っていない所へ連れて行ってくれるとのこと。眺めが良いところらしいです。

バゴー 観光 バゴー 観光
さすが地元民、すごい道を進んでいきます(^_^;)

バゴー 観光
小坊主さんがターザンごっこで遊んでる♪かわいいなぁ。

バゴー 観光
そして坂道を登りきったら、謎の寺院へ到着。

バゴー 観光
寺院の入口でお花を買って、

バゴー 観光
まわりの人に見よう見まねでお祈りさせてもらいました。ちなみに写真の許可ももらってますよ。

バゴー 観光
さて、こちらもずいぶん立派な寺院でして、

バゴー 観光
建物そのものは3階くらいなのですが、建物がある場所が小高い場所なのでバゴーの眺めを見ることが出来ました。

バゴー 観光
これはさっきまで居た、寝仏様の建物。

バゴー 観光
これはなんの寺院なのかな?

バゴー 観光
遠くにあるのはシュエモードパゴダみたいだけど、これはなんだろう?左側の寺院も素敵だなぁ。

シュエモード・パヤー
シュエモードパゴダ、やっぱりすごい大きい!

バゴー 観光
お子様連れで鐘を鳴らしている親子がいらっしゃいました。こういった文化が身近なんですね。

シュエモード・パヤー
バゴーは、16世紀頃に全土を統一した下ビルマ王朝がこのバゴーを首都として栄えたそうです。しかし1757年に時のビルマ王アラウンパヤーがバゴーの町を破壊し尽くしてしまったとのことです。

バゴー 観光
ごめん、待たせたね(^_^;)

バゴー 観光 バゴー 観光
じゃ、店まで戻りますか。

バゴー 観光
バゴーの町はとても栄えた町でした。

バゴー 観光
ありがとうございました。

バゴーからヤンゴン バゴーからヤンゴン
なかなかワイルドなバスやね(^_^;)

バゴーからヤンゴン
でもこんなおしぼりをもらいました。ミントが効いててスースーして気持ちがいい♪

バゴーからヤンゴン
途中、バス停に何度も停まりながら、ヤンゴン市内へ進みます。

バゴーからヤンゴン
セイノーぴょん♪(三田佳子バージョン)

バゴーからヤンゴン
そして終点に到着、ここからタクシーを拾ってホテルまで戻ります。

バゴーからヤンゴン
いつの間にか西宮にいたのでした(^_^;)

次回、ヤンゴン2泊4日の弾丸トラベル!ヤンゴン日本人墓地にお参りして帰国編に続きます。

rakuten motion

-旅行 海外
-

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.