白馬岳 大雪渓

登山、トレッキング

2018/5/22

白馬岳に登山!大雪渓と紅葉と青空に大感動の登山でした![1日目・白馬岳大雪渓の登り編]

9月の最終週、その頃から標高の高い所では紅葉が始まります。例年のこの時期は御嶽山の登山に連れて行って頂くのですが、今年はソロで登山となりました。(実はこのため御嶽山の噴火に巻き込まれずに済んだブログ主です…) 今年はどこの紅葉を見に行こうかなぁと計画していたのが、この白馬岳。ちょうど白馬岳の紅葉が見頃で綺麗な時期、しかも天気が良いという幸運にも恵まれ、大変充実した登山になりました! その時の様子をご紹介。 【追記】2日目の縦走の様子はこちらからどうぞ。 白馬岳に登山!紅葉真っ盛りの白馬大池、栂池自然園へ下 ...

ReadMore

ストーブに当たるワオキツネザル

日帰りお出かけ

2018/3/10

日本モンキーセンター 新・冬の風物詩「日光浴orストーブにあたるサル」を見てきたお話

前回の記事、日本モンキーセンター冬の風物詩「たき火にあたるサル」を見てきたお話。の続きです。日本で唯一のたき火にあたるサルと同じイモを頂いて大満足なブログ主。当然ながらこのまま帰るのももったいないので、園内をブラブラした様子を今回は超手短にご紹介。   さてさて、モンキーバレーのすぐ横にあるヒヒの城にやって来ました。いっぱい居るねぇ、あんたらちょっと臭うねぇ。 おっさんひなたぼっこ中。今日は寒いよねぇ... ヒヒの城からサクッと移動。この子はエリマキキツネザル。目がテン。 ブラブラと園内を歩いてきて、こち ...

ReadMore

Amazon トレッキングポール 2本セット ストック

レビュー

2018/3/10

登山で使うストック、カーボン製なのに4,960円でカスタマーレビュー高評価の激安品をAmazonで買って思ったこと。

普段のお買い物でもお世話になっているAmazon、いろいろ物色しているのが楽しいブログ主です。 ところで先日の燕岳〜常念岳の表銀座のプチ縦走で、4年くらい使っていたストックが壊れてしまいました。大荷物の時や長距離を歩く時以外はあまり使わないブログ主ですが、全くないのは困り物。ということでAmazonを物色していたら見つけたのが↓カーボン製2本セットなのに恐ろしく安いこのストックでした。 トレッキングポール 2本セット ストック 登山 超軽量150g カーポン製 高強度 トレッキングステッキ 登山杖 収納袋 ...

ReadMore

仙丈ヶ岳 山頂

登山、トレッキング

2018/6/1

仙丈ヶ岳に日帰り登山!難易度低めな初冬の標高3000mからの眺めは本当に素晴らしかった!

今回登ってきたのは仙丈ヶ岳! 仙丈ヶ岳は、長野県と山梨県にまたがる南アルプスの北部にある標高3,033mの山で、その優美な姿から「南アルプスの女王」と呼ばれています。 実はブログ主、南アルプスは未体験ゾーンで、今回の仙丈ヶ岳登山が南アルプスお初だったりします。 時は11月の文化の日の3連休の最後の日のド晴天を狙って登ったのが大正解!圧巻の大展望は、南北中央の日本アルプスを一望できました(^^) 今回はそんな仙丈ヶ岳の登山の様子をご紹介。 仙丈ヶ岳の登山プラン 仙丈ヶ岳へは、主に北沢峠から登ることができます ...

ReadMore

御在所岳 樹氷

登山、トレッキング

2018/3/10

冬の御在所岳に登山!中登山道からの登山は大変だったけど、山頂の樹氷や氷爆はとっても綺麗でした。

去年の6月、ワールドカップのコートジボワール戦の当日に登った御在所岳。変化に富んだ御在所岳の登山道はとても面白いものでした。そんな御在所岳は、冬にも登ることができて、それでいて体力的にきつかったらロープウェイで下ることだって出来る、ある意味お手軽に冬山の登山を楽しむことができるそうです。それは是非とも経験してみたい! ということで登ってきた様子をご紹介。 こちら↓の冬登山も良かったです(^^) 冬の綿向山へ登山!樹氷・霧氷きらめくブナ林の美しさが印象的な、とても楽しい登山でした! 冬の守屋山へ登山!手軽に ...

ReadMore

五竜岳 ライチョウ

登山、トレッキング

2018/3/10

唐松岳から五竜岳へ縦走登山!難所の牛首を超えて晴天の五竜岳へ縦走&5年越しの登頂リベンジ編

前回の記事、唐松岳から五竜岳へ縦走登山!紅葉真っ盛りの八方尾根を抜け、唐松岳頂上山荘でお泊り編。の続きです。八方尾根から唐松岳へ無事に登った1日目。早々に夕食を食べて、でも携帯の電波も届かず何もすることがない夜、18時過ぎにはさっさと眠ってしまったブログ主。 22時頃に一度目が覚めて外に出てみたものの、夕食時のようにガスガスで夜空も見れずでした。そしてその後はほとんど目覚めることなく爆睡して朝を迎えました。 今回はそんな2日目の朝からのレポートです。 2日目:唐松岳頂上山荘から五竜岳まで縦走、遠見尾根で下 ...

ReadMore

旅行 海外

ミャンマー2泊4日の弾丸トラベル!アジア最後のフロンティアを観光!!成田からヤンゴンとライトアップされたシュエダゴォン・パヤー編

更新日:

シュエダゴンパゴダ
以前の記事、特典航空券 ビジネスクラス (ANA) 無事ゲット!!で報告しましたミャンマー旅行に行ってきました。今年のゴールデンウィークも前半と後半に分かれてしまい、後半の4日の連休のみ。実質2日半しか時間が無い弾丸トラベラー状態でしたが、何とかラストフロンティアを楽しんできました。その様子をサクッとご紹介。

【関連リンク】
〈2日目〉ヤンゴンからゴールデンロックへ日帰り往復!落ちそうで落ちない奇跡の岩は必見ですよ
〈3日目〉ヤンゴンからバゴーへ日帰り往復!ミャンマーで一番大きな寺院シュエモード・パヤーは必見です。
〈帰国〉ヤンゴン2泊4日の弾丸トラベル!ヤンゴン日本人墓地にお参りして帰国編

ミャンマーの観光にはビザの取得が必要。ゴールデンウィークに行く人は早めの申請を!!

ミャンマー ビザ
ミャンマーへ観光で入国するには事前にビザの取得が必要です。アライバルビザは観光では使えないです。なので4月中旬にビザを取ろうとホームページを覗いたら、4月15日から20日までミャンマーは水祭りなる行事のため、何と大使館は4月12日から21日まで10日間も休館!(驚)ということで、ビザ取得代理店を利用して緊急申請で高額を支払わざるをえない状況となってしまいました。ゴールデンウィークにミャンマーへ行く予定の人は、絶対に早めの申請をおすすめします。
ちなみに申請料金ですが、

  • ミャンマー大使館へ直接申請 3,000円 +書留か簡易書留か「ゆうパック」の返信用封筒代 納期3週間ほど。
  • 代理店へ通常申請 8,000円前後 納期2週間ほど
  • 代理店へ緊急申請 11,000円前後 納期1週間ほど

こんなハンコもらう為だけにに1万円はモッタイナイです。
早め早めの申請を(涙)
必要書類も色々と必要なので、必要な書類はミャンマー大使館ホームページ、もしくは代理店のホームページで確認くださいませ。

東京駅から成田空港まで成田エクスプレスで移動

成田エクスプレス 成田エクスプレス
おはようございます。朝9時の東京駅。新幹線ホームからは最果ての地にある総武線のホーム。成田エクスプレスに乗るために、どんだけ歩かないといけないんだよ…

成田エクスプレス
ホームに滑りこんで来た成田エクスプレス。うーんかっこいい(^_^)

長野電鉄 スノーモンキー
地獄谷野猿公苑へ行った時に、先代の成田エクスプレスが長野電鉄で余生を送っているとは知らず、湯田中駅で成田エクスプレスを見た時にはビックリしたものです…

成田エクスプレス
いつも成田へ行くときは、ほぼ中部(名古屋)/成田のナゴナリ便を利用しているので新しい成田エクスプレスに乗るのは初めて。昔の成田エクスプレスの荷物棚は、飛行機みたいにフタがついてたのですが、今の成田エクスプレスはあっぱっぱーなんですね。

東京スカイツリー
車窓からは東京スカイツリー。まだ展望台に行ってないから行ってみたいな。

成田エクスプレス
ヤンゴンへの飛行機は11時発。ラウンジに寄ってる時間は無い模様。

成田エクスプレス 成田エクスプレス
成田エクスプレスは恐ろしく長閑な中を1時間ちょい。

成田空港駅
第1ターミナルのある終点、成田空港駅へ到着。

成田空港 セキュリティーチェック
いつまでこんな面倒なセキュリティーチェックをする必要があるんだか…

成田空港 南ウイング
と、若干イラっときつつ南ウイングへ進みます。やっぱり成田は不便だ…

成田空港 南ウイング
エスカレーターを上がりまくってようやくチェクインカウンター。現在10時30分。出発まで30分しかない!急げ急げ!

成田空港 南ウイング
でもカウンターはビジネスなのでガラガラ。出国審査場もゴールデンウィークなのにガラガラでした。

NH913便 成田/ヤンゴンは約7時間の空旅

成田空港 42番スポット
10時45分。なかり歩かされてようやく42番スポットのNH913便の搭乗口に到着。

NH913便 2K
今回の座席は2K。右側の窓側に座りたかったので、チケットとってすぐにおさえた座席。しかもこのフライトではお隣が無人!快適なフライトが確定です(^_^)

NH913便 B767-300ER
今日のフライトの機材はB767-300ER。最近採用されたANA Wifiサービス搭載機を期待したのですが、残念ながらサービス対象外の機材でした。

NH913便 ビジネスクラス
ビジネスクラスで何より嬉しいのがコンセントがあること。シートがいくら快適でもガジェットが電池切れで暇が潰せないと寂しい思いするもんね。

NH913便 B767-300ER
このB767-300ER、長距離用のER型のウイングレット。こんな小羽で燃費が良くなるなんて不思議。

NH913便
そして眼下には羽田空港。

NH913便
海ほたる。

東京ディズニーリゾート
東京ディズニーリゾート。

NH913便
皇居と新宿副都心。

NH913便 海上自衛隊厚木航空基地
こちらは海上自衛隊厚木航空基地。このコースを飛行するということはつまり…

NH913便 富士山
富士山!コレが見たくて、右側の窓席の2Kを取ったんです(^_^)

NH913便
さすがに人の姿は見えない。

NH913便 名港トリトン
そして我が名古屋市の名港トリトン。リニア鉄道館に行きたい…

NH913便 名古屋港水族館
名古屋港水族館、ポートビル。廃村になったイタリア村。そういえばイタリア村の違法建築物はどうなったんだろう?

NH913便
名古屋上空を過ぎたこのあたりから雲がモクモク。残念ながら地上は薄雲の下になってしまいました。まぁ富士山が見えたからいいか。

NH913便
お食事、大変に美味しゅうございました。

NH913便
食事後、おなかがいっぱいになってウトウトしていたら、あっという間にミャンマー上空にやって来ました。

NH913便
おぉ!ミャンマーらしい風景が見えてきました(^_^)

ヤンゴン国際空港
そして無事にヤンゴン国際空港へ15:40着すぎに到着!7時間の空旅、非常に快適でした。ボーディングブリッジの時点でもう蒸し暑い(^_^;)

ヤンゴン国際空港
入国審査を無事通過。とりあえず両替しなきゃ、ということで両替所に向かう所で空港内は停電しまくり…

ヤンゴン国際空港 両替 銀行
JCBカートでもシーラスで海外キャッシングが出来るのですが、停電のためか、15時過ぎたからなのか、ATMでキャッシング不可能でした(涙)なので日本円→米ドル→ミャンマー・チャットに両替という悲惨な両替をしなければいけませんでした(涙)

ヤンゴン国際空港
ヤンゴン国際空港からホテルあるダウンタウンまでは、7000チャット(以降K)の定額制。日本円で700円ほど。安いんだか高いんだか。

ヤンゴン市内
ミャンマーで走る車のほとんどが日本車、しかもトヨタ車だらけ。日本の中古車そのままを使っているご様子(^_^;)

ヤンゴン市内
日本の中古車なので右ハンドル。なのに右側通行。ここまで日本車だらけならいっそのこと左側通行にしちゃえばいいのに。

クローバー シティ センター プラス ホテル
朝夕は渋滞が酷いということで1時間かかるという情報もあったのですが、この日は空港から40分ほどで、クローバーシティセンタープラス ホテルに到着。このホテルの事をタクシー運転手が知らない場合は、住所とシャングリラホテルのベリーニアーといえばわかるみたいです。

クローバー シティ センター プラス ホテル クローバー シティ センター プラス ホテル
とてもフレンドリーな若いボーイさんに荷物を運んでもらって、このクローバーシティセンタープラスホテル810号室に到着。部屋の清潔具合に、逆に驚き←失礼

ダヌビュー ヤンゴン
腹減ったので、夕食はホテルから3分ほどの大変に近くにあるダヌビューというレストランへ行ってみました。地球の歩き方の最初に乗っているレストラン(?)です。後から知ったのですが、地元民にも大変有名な飯屋みたいで、会話でここのカレー食べたというと、みんな知っていましたよ。

ダヌビュー
注文したのはチキンカレー。カレーを頼むと、ご飯、野菜炒め、野菜スープ、生野菜がついてきます。別途でミャンマービールを注文。合計3000K(約300円)なりぃ!生野菜以外はすべて美味しく頂きました♪
ちなみにビールはオリオンビールっぽい味でやや薄め。ま、のどが渇いていたら美味いうまい…

ヤンゴン市内 ダウンタウン
お食事後、お腹もいっぱいになったところで、夜のヤンゴン市内を少しだけブラブラ。昼間よりも涼しくなったからなのか、やったらと人が多い(^_^;)
夜の街をうろつき続けるのも危ないかなぁと思ったので、タクシーを拾ってライトアップされたシュエダゴォン・パヤーへ向かうことにしました。

ライトアップされたシュエダゴォン・パヤーは本当に美しい!

シュエダゴォン・パヤー
タクシーで2000K、東参道口へ到着。ガイドブック等に書いてある正面入口ではなく、横から入ります。遅い時間だったからなのか、何故か入場料は取られませんでした。当然ここも土足禁止。靴下もダメですよ。

シュエダゴォン・パヤー
屋根付きの参道(?)には、現地時間では19時半頃、店じまいのお掃除をしているお店も多数でした。ガイドブック場では21時までやっていることになっているのですが、まぁこんなもんなんでしょうかね。

シュエダゴォン・パヤー
奥へ進むと何故か銀行のATMが。引き出してでもお布施しろとな?買い物しろとな?

シュエダゴォン・パヤー
階段を登って、シュエダゴォン・パヤーの真ん中の大きな塔!デっカイぃ&ゴールデン!!高さ99.4mもあるらしいです。
綺麗だなぁ、ライトアップの時間に来てよかった♪

シュエダゴォン・パヤー
周りも歩いてみましょう。

シュエダゴォン・パヤー
自分の中では、ミャンマーのイメージっぽい寝仏。

シュエダゴォン・パヤー
熱心にお祈りをする人の横では、雑談をしている家族連れも。

シュエダゴォン・パヤー
真ん中の大きな塔は、シュエダゴォン・パヤーのど真ん中。どこから見てもそびえ立ってます。

シュエダゴォン・パヤー
こちらはずいぶんカワイイお顔の仏像。

シュエダゴォン・パヤー
夕涼みで来ている地元民もきっと多いはず。

シュエダゴォン・パヤー
それにしても、本当に沢山の仏像が。

シュエダゴォン・パヤー
小さなお坊さんとお父さんかな(^_^)

シュエダゴォン・パヤー
鐘を鳴らす子供。信心深いと当時にやっぱり夕涼みの時間なのですね。

シュエダゴォン・パヤー
さ、ホテルへ帰りましょう。

シュエダゴォン・パヤー
そして本来の入口(?)の南入口まで来ました。残念ながら工事中でした(涙)

ゴールデンウィークのミャンマーは、暑季というとても暑い季節。やはりミャンマー人でも暑い昼間にはあまり行動をせず、涼しくなる夕方以降に行動をし始めるみたいです。夜なので決して安全とはいえない部分も思いますが、ライトアップされたシュエダゴォン・パヤーはとても美しくオススメです。

次回、ヤンゴンからゴールデンロックへ日帰り往復!落ちそうで落ちない奇跡の岩は必見ですよへ続きます。

rakuten motion

-旅行 海外
-

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.