日帰りお出かけ

2018/3/10

コク深い味わい 日進市の五色園大安寺に行ってきました

以前に行ってきた関ヶ原ウォーランド。 【関連記事】突っ込み所満載も想いはマジメ 関ヶ原ウォーランドに行ってきました そこには沢山のコンクリート製の像がありました。 どうやらそのコンクリート製の像、地元出身の故 浅野祥雲氏の作成とのこと。 さすがに地元の方だけあって、インパクト大のこのコンクリート製の像が、 近くの日進市の五色園には山ほどあるらしい! ということで、五色山大安寺をサクッとご紹介。

ReadMore

高見山 山頂 高角神社

登山、トレッキング

2018/3/10

冬の高見山に登山!樹氷・霧氷の美しい冬の高見山は雪山初心者にも大人気の山でした!

今回登ったのは高見山!関西のマッターホルンと呼ばれる高見山は、霧氷が美しくて有名です。また奈良県というロケーションから、関西方面からの登山者がとても多いらしいのですが、先の記事の綿向山からも比較的近く、名古屋からも3時間足らずで麓のたかすみの里の駐車場に着くことができます。 ブログ主が訪れたこの日は、寒波襲来後の晴れ予想の週末で、綿向山の時のように大変美しい霧氷を愛でることができました。そして(やっぱり)とにかく人が多かった! ということで今回はその高見山の様子をご紹介。 高見山の登山プラン 今回は、たか ...

ReadMore

八木山 山頂

登山、トレッキング

2018/3/10

八木山〜双子山〜愛宕山をプチ縦走!各務原市にある”八木三山”をお散歩登山してきました。

お盆も過ぎたのに蒸し暑い日が続く東海地方。ブログ主は白山以降ぜんぜん運動していなくてウズウズ中。ということで近場でどこかないかなぁと探したのが各務原市の八木山。各務原アルプスからも見えていた小さな山で1周2時間ほどでサクッと汗をかけるお手軽登山らしいです。 ということで、八木山を登ってきた様子をご紹介。 愛宕山から双子山を経由して八木山へ 今回の登山プランは、愛宕山から双子山、そして八木山という時計回りでひと歩きしてきました。1周2時間ほどのお手軽プチ縦走コースです。 八木山の駐車場とマップコード 今回、 ...

ReadMore

そぶえイチョウ黄葉まつり 山崎祐専寺会場

日帰りお出かけ

2018/3/10

ぎんなんの出荷量が日本一である祖父江町の「そぶえイチョウ黄葉まつり」に行ってきたよ。

旧祖父江町、現在は稲沢市祖父江町はぎんなんの生産が日本一。そんな祖父江町の山崎地区にはとても沢山のイチョウの木が植わっていて、秋が深くなると真っ黄色にイチョウが色づき、地域一帯が見事に黄色くなるそうです。そんなイチョウが色づく季節に「そぶえイチョウ黄葉まつり」が開催されています。 ただ今年2015年は、どこも天候不順で木々の色づきはとっても悪く、ご多分に漏れず祖父江町のイチョウの色づきも残念な状況でしたが、とりあえず少しご紹介。 そぶえイチョウ黄葉まつりの会場 【山崎祐専寺会場】祐専寺 〒495-0002 ...

ReadMore

登山、トレッキング

2018/6/4

紅葉の最盛期の上高地をトレッキング!大正池から河童橋まで編

先週、志賀高原へ紅葉狩りへ行って来ました。 2012年10月14日 志賀高原は紅葉の最盛期! 横手山パノラマコースへ行って来ました 2012年10月14日 志賀高原は紅葉の最盛期! 池めぐりコースを紅葉狩りしてきました なんでも今年の紅葉は近年でも有数な綺麗さらしいです。そんな当たり年ならもっとたくさん見てみたい!週末の天気予報もドピーカンだったので、秋の上高地へ紅葉狩りへ行ってみました。 死ぬほど良い天気の日にトレッキングすることができた上高地。その様子をご紹介です。 ↓何度も行くほど上高地は良い所です ...

ReadMore

日帰りお出かけ

2018/3/10

ウミガメも産卵に来るなんて! 御前崎灯台に行ってきました。

前回は蓬莱橋へ行ってきました。 【関連リンク】世界一の長さを誇る木造歩道橋! 静岡県の蓬莱橋に行ってみました この日も富士山静岡空港にてひと仕事。 仕事後、富士山静岡空港の南側、御前埼灯台へ行ってきました。 今回もその様子をチラッとレポート。 日曜日でしたが、この日も簡単なお仕事。 その帰り、富士山静岡空港から相良バイパス〜国道150号線バイパスをひたすら南下。 距離的には空港から30kmぐらいあるのですが、 ほとんど信号もなく、空港からは下り坂も続くため非常に走りやすい。 椰子の木も出てきて南国ムードム ...

ReadMore

日帰りお出かけ

香嵐渓の駐車場と渋滞対策のまとめ。きっと今年もすごい混雑!

更新日:

香嵐渓 渋滞
毎年、とてもきれいな紅葉を見せてくれる香嵐渓。当然今年も紅葉がやってくるわけですが、毎年困るのが駐車場と渋滞。当ブログにも、この時期になると香嵐渓の記事で見に来てくれる方が本当に多くいらっしゃいます。なので香嵐渓の駐車場と渋滞対策、ライトアップの混雑回避についてまとめました。参考にして下さい。
参考になるかな…?

【2016/11/20】
当日は足助中学校の臨時駐車場が閉鎖されておりました。


↑雨によるグラウンド状況の不良による閉鎖との事でした。事前に電話で確認するなどして訪れる事をオススメします。
【関連リンク】足助観光協会

香嵐渓の渋滞回避のおすすめルート

稲武方面から行くこと!!急がばまわれ!これ絶対です!鉄板です!!

渋滞回避 おすすめルート

153号線の名古屋方面がどうしても渋滞します。グリーンロードでは、枝下インターチェンジを通過したあたりから渋滞が始まります。また鞍ヶ池方面から香嵐渓へ向かっても追分交差点で153号線に合流するのでどうしても渋滞は避けられません。酷い渋滞に巻き込まれると10km進むのに2時間以上かかります。しかもそんな渋滞に巻き込まれ、ようやく到着した香嵐渓で駐車場が無いかもしれません…

なので、とにかく稲武方面から香嵐渓へ向かうこと!

例えばグリーンロードからの場合は、枝下インターチェンジで降りて県道11号線を東へ進みます。大回りにはなりますが確実に早く着きますし、親切にも案内表示が要所に設置されているので、その看板通り進めば迷子になることなく、渋滞もほとんど回避できるでしょう!

【参考記事】当日の混み具合が判ると思います。参考までに。

※ちなみち国道153号線の渋滞区間には、仮設トイレを数カ所設置してくれています!ありがたいことですm(_ _)m

香嵐渓の駐車場

オススメは臨時駐車場!ただし最盛期の土日祝日のみ

土日祝日のみの臨時駐車場

最盛期の土日祝日に行くならオススメは、

  1. 足助小学校
  2. 足助中学校
  3. 足助グラウンド

を開放した臨時駐車場です!2016年は、

  • 11月12()~13(
  • 11月19()~20,()23(水
  • 11月26()~27(
    で利用可能です。

稲武方面から香嵐渓へ向かったら、最初に出くわす大きな駐車場なので、朝早く来れれば間違いなく駐車できるでしょう。2012年、2013年の紅葉シーズン朝8時では駐車スペースに余裕がありました。また2014年のライトアップ狙いの午後5時でもスムーズに駐めることができました。

稲武寄り(地図右側)の赤いPマークの3ヶ所です。小学校と中学校、足助グラウンド合計750台ほど駐車できます。

  1. 足助小学校
  2. 足助中学校
  3. 足助グラウンド
    ブログ主が一番良くつかわせてもらう駐車場です。
    マップコード 281 488 058*04

常設の駐車場

平日では、これらの常設の駐車場を利用する必要があります。常設の駐車場は小さめの駐車場が多いので、すぐにいっぱいになってしまっています。

  1. 宮町駐車場
    地図の一番左側の黄緑色のPマークの場所で、名古屋方面から一番近い駐車場です。200台ほど駐車できるそうです。
    マップコード 281 457 553
    ____________
  2. 足助支所の駐車場
    地図の左から2番めの黄緑色のPマークの場所で、豊田市足助支所の駐車場です。120台ほど駐車できるそうです。
    マップコード 281 457 653
    ____________
  3. 【西町第二駐車場】
    地図の左から3番目の黄緑色のPマークの駐車場で、飯盛山の紅葉に一番近い駐車場です。70台ほどしか駐車できません。
    マップコード 281 457 629
    ____________
  4. 【西町第一駐車場】
    地図の左から4番目の黄緑色のPマークの駐車場で、ここは30台ほどしか駐車できません。
    マップコード 281 458 633
    ____________
  5. 【川見駐車場】
    地図の一番下方にある三州足助屋敷の対岸にある駐車場。100台ほど駐車できますが、個人的には一番使いにくい駐車場です(^_^;)
    マップコード 281 458 126
    ____________
  6. 【落部駐車場】
    地図の一番右側にある黄緑色のPマークの駐車場で、国道420号線沿いにあります。60台ほど駐車できます。
    マップコード 281 458 442
    ____________
  7. 【足助中央駐車場】
    地図の一番右上にある黄緑色のPマークの駐車場で、90台ほど駐車できます。
    マップコード 281 488 017
    ____________

香嵐渓へ向かう時間、ライトアップ時の混雑回避

朝早い方が有利

当然といえば当然なのですが、朝が早ければ早いほど渋滞はありません。
個人的な経験では、国道153号線の渋滞は、朝の7時過ぎには渋滞が始まる様子です。なのでスイスイ向かうには7時前には香嵐渓へ到着するか、稲武方面から向かうかしか無いと思います。

香嵐渓のライトアップの混雑回避

香嵐渓のライトアップは非常に美しいので大変オススメなのですが、やはり非常に混雑します…当然ですよね、すごいきれいですし。
日の入り直前から飯盛山のライトアップが始まるのですが、そんなライトアップ開始時間に合わせて渋滞が激しくなり、駐車場も混雑します。
なので、

  • 14時頃をメドに稲武方面から香嵐渓に到着

というスケジュールをお勧めします。14時だなんて中途半端な…と思われると思いますが、中途半端な時間だからオススメなのです。
14時という時間は、朝から渋滞に巻き込まれて香嵐渓へ来た人々が帰る時間であり、15時過ぎからはライトアップ目当ての方々が香嵐渓へやってきます。ちょうどその谷間の時間が14時くらいだと思います。

そんな中途半端な時間に着いてから、ライトアップまでの時間つぶしには、足助の古い町並みをブラつくのがオススメですよ!

【参考リンク】
香嵐渓おでかけ情報|みちナビとよた

rakuten motion

-日帰りお出かけ
-,

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.