寂光院

日帰りお出かけ

2018/3/10

寂光院の紅葉の見頃は12月初旬まで!犬山市の有名な紅葉寺で紅葉を愛でる

日本には数多くの紅葉寺と呼ばれるお寺がありますが、ここ愛知県の有名な紅葉寺と言えば、犬山市の寂光院。木曽川の左岸にあり風光明媚な場所でもある寂光院の紅葉は今年も見頃を迎えました。今年の紅葉はどうかなぁ?綺麗かな? というわけで、毎年キレイな紅葉を見せてくれる寂光院へ見に行ってきた様子をチラッと。 寂光院の駐車場について 紅葉の季節は慢性的な駐車場不足で、いつも満車気味 寂光院の12時半。到着が遅くなって、こんにちはの時間になってしました。当然のように寂光院の正面の駐車場も満杯。こんな感じで大行列!車も全く ...

ReadMore

登山、トレッキング

2018/3/10

2012年10月14日 志賀高原は紅葉の最盛期! 池めぐりコースを紅葉狩りしてきました

前回の記事、2012年10月14日 志賀高原は紅葉の最盛期! 横手山パノラマコースへ行って来ましたの続きです。 とっても眺めの良かった横手山を下り、おでんとコーヒーで温まった次は、本来の目的である志賀高原の池めぐりコースへトレッキングに向かいました。 バスが来る5分ほど前、喫茶のぞきの脇から眺めを楽しみました。だいぶん紅葉が進んでいますね。 そして”のぞき”バス停から10分ちょい、次の目的地の”ほたる温泉(硯川)”バス停に到着。志賀プリンスホテルの真ん前ですね。 ということで、ここからトレッキング!渋池の ...

ReadMore

御在所岳 樹氷

登山、トレッキング

2018/3/10

冬の御在所岳に登山!中登山道からの登山は大変だったけど、山頂の樹氷や氷爆はとっても綺麗でした。

去年の6月、ワールドカップのコートジボワール戦の当日に登った御在所岳。変化に富んだ御在所岳の登山道はとても面白いものでした。そんな御在所岳は、冬にも登ることができて、それでいて体力的にきつかったらロープウェイで下ることだって出来る、ある意味お手軽に冬山の登山を楽しむことができるそうです。それは是非とも経験してみたい! ということで登ってきた様子をご紹介。 こちら↓の冬登山も良かったです(^^) 冬の綿向山へ登山!樹氷・霧氷きらめくブナ林の美しさが印象的な、とても楽しい登山でした! 冬の守屋山へ登山!手軽に ...

ReadMore

奥穂高岳 山頂

登山、トレッキング

2018/3/10

奥穂高岳に1泊2日で登山!穂高岳山荘から前穂高岳、重太郎新道を下って紅葉真っ盛りの上高地へ下山編。

前回の記事、奥穂高岳に1泊2日で登山!紅葉真っ盛りの涸沢を抜けてザイテングラート〜穂高岳山荘まで移動編の続きです。 思いのほか疲れ果ててしまった上高地から涸沢経由での穂高岳山荘までの道のり。ヒィヒィ言いながら何とか穂高岳山荘へ到着しました。2日目はこの登山旅の大きな目的だる奥穂高岳から吊尾根、前穂高岳から重太郎新道を下り上高地まで頑張って下るため、穂高岳山荘で鋭気を養って2日目に備えるのでした。 奥穂高岳への登山プラン 2日目:穂高岳山荘を出発、重太郎新道を下って上高地へ 2日目は、穂高岳山荘を出発して、 ...

ReadMore

日帰りお出かけ

2018/3/10

白山神社の総本社 白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)と東尋坊に立ち寄りました。

前の記事 500品種20万本のチューリップ!となみチューリップフェアに行ってきました の続きです。 となみチューリップフェアの帰り道、お隣の石川県にある白山神社の総本社、白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)と、更にお隣の福井県の東尋坊に立ち寄ったのでした。 となみチューリップフェアの会場から1時間ほど、白山比咩神社に到着。幸いにも駐車場に空きがあってラッキー! 第十代の崇神天皇の時代(約2,100年前!!)に建立。 元々は別の場所(近くの宮古公園)にあったのが、大火で現在の場所に移動したとのこと。 より大 ...

ReadMore

八曽の滝

登山、トレッキング

2018/3/10

八曽自然休養林でハイキング!八曽モミの木キャンプ場から八曽の滝、八曽山、展望台をまるっとひと歩きしてきたよ。

今回行ってきたのは、愛知県犬山市の八曽自然休養林。桜の並木道で有名な五条川の源流域にあり、その五条川は入鹿池の水源でもあります。 水と自然が豊かな八曽自然休養林には、八曽モミの木キャンプ場や八曽の滝(山伏の滝)、そして黒平山(八曽山)などがあり、とてもお手軽に里山ハイキングを楽しめます。 そんな八曽自然休養林を、週末の天気の良い冬の1日、サクッと楽しんできました。その様子を簡単にご紹介。 八曽自然休養林のハイキングプラン 八曽モミの木キャンプ場を起点にグルっと周遊 今回のハイキングコースは、 八曽モミの木 ...

ReadMore

登山、トレッキング

2012年9月9日 初めての百名山! 荒島岳に登って来ました

更新日:

荒島岳 山頂
いつもお誘い頂く登山。仕事で都合がつかなかったり、体調不良などで度々お断りしていたのですが、今回、春の岐阜県可児市の鳩吹山の登山以来、私自身今年2度目の登山、荒島岳に登って来ました。本来は御嶽山の予定だったのですが、天候等の判断でこの山に変更になったのです。そのときの様子をちらっと。

荒島岳 登山口
朝7時過ぎ、荒島岳の登山口に到着。
カドハラスキー場の入り口を登っていくようですね。

【追記】荒島岳の駐車場の場所とマップコード


カーナビによっては”カドハラスキー場”で検索したら出てくるかもしれません。岐阜方面からだとトンネルを抜けて300メートル進むと、左へ分岐する道がいきなり現れます。最悪通りすぎても、看板で”カドハラスキー場”の看板がありますので、そこで思いっきり左折して下さい。

マップコード 240 477 266
で検索してみてください。名古屋から東海北陸自動車道経由で2時間半といったところ。参考にして下さいね。

荒島岳 登山口
到着時、すでに車が8台程度止まっていました。駐車場はそこそこ広く台数を駐められるので、早めに来ることが出来れば、まず駐車はできそうですね。

荒島岳 登山口
ここから山頂まで約190分の道のり。大丈夫かなぁ。

荒島岳 登山口
入山届を記入します。たぶん問題ないですが、念のためですね。

荒島岳 登山口
7時半ごろ、登山開始です。看板には肝心な距離数が表示されず(;´Д`)

荒島岳
まずはスキー場のリフト跡の横のコンクリートの坂を登ります。結構な急な坂です…しんどいわ。

荒島岳 登山
先ほどのコンクリートの坂を登り切ったところにあるリフト跡。この脇の細い道を登っていきます。

荒島岳 お花
お花、名前調べておきます…

荒島岳 登山
先ほどのリフト跡から細い道を、草を漕ぎながら登っていきます。下の方に先ほどのリフト跡が見えます。

荒島岳 登山 荒島岳 登山
時折、雲の隙間から青空が覗きます。風はやや強い日だったのですが、熱くなった体には気持ちのよい風に(^^)
ただ天気が持ってくれると良いのですが…

荒島岳 登山
振り返ると結構登っていました。遠くに牧場(?)が見えます。

荒島岳 登山
ここにもリフト跡が。相当前にスキー場が廃場になったのでしょうか…?

荒島岳 登山口
と、ここに登山口の標識がヽ(´ー`)ノなんてこった…正式にはここからなんですね…

荒島岳 登山 ブナの木 荒島岳 登山 ブナの木
登山口の標識を過ぎたあたりからブナの木の森が続いていきます。

荒島岳 登山
整備された階段を登っていきます。個人的には階段は苦手です…

荒島岳 登山 ブナの森
日が差し込むと、黄緑色の優しい光が包みます。上り坂は大変だけど、登山道そのものはとっても気持ち良い道です!

荒島岳 登山 階段
所々に大変急な階段も出てきました(^_^;)

荒島岳 トトロの木
標高820mのところにあるブナの木に穴が開いた木。
名付けて「トトロの木」

荒島岳 白山方面 荒島岳 白山の眺め
白山の眺めが綺麗な(はず)の展望台。奥の山が白山らしいのですが、頂上には雲が(;´Д`)

荒島岳 標高1015m
標高1015mの看板。3/5の数字、あと残り2だけだぁ!

荒島岳 コクワガタ
登山途中にちょいちょい見つけることができるコクワガタ。ブナの森だからなのか、イッパイいそうですね。

荒島岳 あと2km
山頂まであと2km!

荒島岳 きのこ
きのこもたまに見かけます。湿度も良い感じにあるのでしょうね。

荒島岳 階段
ここから更に急な階段が登場…

荒島岳 登山
空が開けてきました!もうすぐ頂上!!
荒島岳 シャクナゲ平
と思ったら、途中のシャクナゲ平でしたヽ(´ー`)ノ
ま、ここで一服。

荒島岳 あと1.5km
あと1.5km。もう少しですね!

荒島岳 登山 分岐点
シャクナゲ平からすぐに荒島岳との分岐点。間違えないように登らないといけませんね。

荒島岳 登山
先ほどの分岐点を過ぎたあたりから、道はますます厳しくなっていきます。かなりしんどいわ~

荒島岳 登山 分岐点
あと1.3km!!

荒島岳 登山 作り付けの階段
写真では伝わりにくいのですが、とても急な坂道に立派な階段が整備されています。この階段がなければ本当に厳しい上りだったでしょう。感謝ですね。

荒島岳 登山
ふと振り返ると、相当登ってきたようです。遠くには大野市の街並みも綺麗に見えます♪

荒島岳 最後の急階段
もうすぐ頂上。その前の上り坂からはロープも張ってあります。初心者にこの気遣いは本当にありがたい(^O^)

荒島岳 稜線
稜線に出ました。頂上はもうすぐですが、ガスが出てしまいました(^_^;)

荒島岳 頂上
お、何やら見えてきたぞ…

荒島岳 頂上
着いたァ(^^)
ひたすら登った感じ。登りごたえあり過ぎな荒島岳(^_^;)

荒島岳 頂上
頂上は、ガスで周りは何も見えません(T_T)風も強く、しばらくじっとしていたら体が冷えてしまいそう。

荒島岳
天気が良ければ、このように360度の大パノラマだったのですが… 本当はここで昼食の予定でしたが、先生の判断で先ほどのシャクナゲ平で昼食に変更。頂上には5分ほどしかいませんでした…残念。

荒島岳 下山 大野市の田園風景
下山途中、大野市の田園風景が見えてきます。しかしこのくらいから、私は膝が痛くなって来ました(T_T)

荒島岳 シャクナゲ平
下りは本当に苦行ですが、なんとかシャクナゲ平まで戻って来ました。ここでお待ちかねの昼食(^^)

荒島岳 登山口
と、いきなり戻ってきました登山口。シャクナゲ平からここまでの下山は、本当に左膝が痛くて痛くて、とても写真を撮る余裕はありませんでした(;´Д`)

九頭竜温泉平成の湯
帰りに九頭竜温泉平成の湯に寄りました。それにしてもここの温泉は大変混雑しておりました…

自分にとっては、運動不足で、さらに昔怪我をした膝が痛くて、とっても辛い登山となってしまいました。
膝周りの筋肉を鍛えてリベンジですね…

rakuten motion

-登山、トレッキング
-, ,

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.