ミレー ドライナミックメッシュ

レビュー

2018/3/10

ミレーのドライナミックメッシュ(MILLET DRYNAMIC MESH)アンダーウェアが本当に快適で、ぜひ使って欲しい逸品です。

ぜんぜんセレブじゃないブログ主は、登山で使う服をユニクロやワークマンなどで、例えばポリエステル100%の服を探して購入しています。安物なので穴が空いちゃっても気にならないし、ストレッチの効く服も豊富なので、今まで使ってて困ったことは全くありません。 その中で、今年はプチ冬山登山を3回ほどしてきたのですが、「汗冷え」というのを強く意識させられる事がありました。もちろんポリエステル製の下着なので、綿などは比べ物にならないほど汗冷えに関しては優れているのですが、この「汗冷え」を何とかできないものか自分なりに調べ ...

ReadMore

穂高岳山荘

登山、トレッキング

2018/3/10

高山病とその予防。症状が出ないように、高山病になったらやってみた症状緩和の経験談。

山登りをする前までは言葉しか知らなかった「高山病」。 ブログ主は、木曽駒ヶ岳のテント泊の時や奥穂高岳の登山の時に軽い高山病の症状がでました。せっかく楽しみで登ってきたのに辛い思いするのは勘弁してほしいところです。 そんな経験以降、自分なりに勉強したりして高山病の症状が起きなく、起きそうになっても回避する方法を何となく見つけました。この記事を見に来てくれる人すべてに効くとは思ってませんが、ちょっとでも楽になる助けになれば。 今回はそんな経験をシェアしたいと思います。 ※あくまで個人的な経験の話なので、特に心 ...

ReadMore

雨乞岳 山頂

登山、トレッキング

2018/6/4

雨乞岳に登山!沢を何度も渡る登山道にはタチツボスミレやフデリンドウがたくさん咲く素敵な山でした!

今回は滋賀県の雨乞岳に登山!雨乞岳は、御在所岳の西側に位置する標高1,238mの山。鈴鹿セブンマウンテンの1つであり、ブログ主的には7分の5座目となります。春霞で遠景は確認できなかったけど、比較的簡単に楽しめる山でした。 【追記】雨乞岳を経由して、イブネへテント泊してきました。 イブネでテント泊!鈴鹿の奥座敷とも呼ばれるイブネはトイレも何もないけれど、何度でもテント泊したいと思わせるとても素敵な場所でした。 その様子を今回も短めにご紹介。 雨乞岳の登山プラン 雨乞岳の登山ルートは、武平峠からの単純往復 雨 ...

ReadMore

小蓮華岳 白馬大池

登山、トレッキング

2018/5/10

白馬岳に登山!紅葉真っ盛りの白馬大池、栂池自然園へ下る感動の縦走でした[2日目・三国境、小蓮華山の雲海からの下山編]

前回の記事、白馬岳に登山!大雪渓と青空と紅葉に大感動の登山でした![1日目・白馬岳の大雪渓の登り編]の続きです。前日は猿倉荘から大雪渓を登って白馬岳頂上宿舎のテント場まで頑張って登りました。大雪渓を登っている最中からガスが抜けて、本当に本当に美しい景色を楽しむ事が出来ました。しかしテントを建てるあたりからガスが出てきてしまい、1日目での白馬岳の登山は断念、星空も見えずだったので、そのまま眠りについたのでした。 おはようございます。朝の4時半です。前日は暗くなる前に食事を取ったので7時には就寝。でもそんな時 ...

ReadMore

登山、トレッキング

2018/3/10

2012年9月9日 初めての百名山! 荒島岳に登って来ました

いつもお誘い頂く登山。仕事で都合がつかなかったり、体調不良などで度々お断りしていたのですが、今回、春の岐阜県可児市の鳩吹山の登山以来、私自身今年2度目の登山、荒島岳に登って来ました。本来は御嶽山の予定だったのですが、天候等の判断でこの山に変更になったのです。そのときの様子をちらっと。 朝7時過ぎ、荒島岳の登山口に到着。 カドハラスキー場の入り口を登っていくようですね。 【追記】荒島岳の駐車場の場所とマップコード カーナビによっては”カドハラスキー場”で検索したら出てくるかもしれません。岐阜方面からだとトン ...

ReadMore

赤岳展望荘 赤岳

登山、トレッキング

2018/6/4

八ヶ岳の赤岳から硫黄岳に縦走登山!初心者には難易度が高いルートもあったけど、人気も納得の素晴らしい縦走登山でした。1日目:赤岳展望荘でお泊り編

前回の大きな山の登山、奥穂高岳の登山で2015年の大きな山の登山で締めようと思っていたブログ主。でも奥穂高岳の登山では、紅葉の時期はドンピシャでしたが天気がいまいちでした。去年の白馬岳の絶景の感動をもう一度味わいたいなぁと思っていたブログ主はリベンジを決意。比較的近場で行ったこと無い場所を探していたら思いついたのが八ヶ岳の縦走でした。 この週末は、日曜日がドピーカン天気ということで、日曜日の天気に賭けて1泊2日で八ヶ岳の縦走、赤岳から硫黄岳への登山に行ってきました。 その様子の1日目をご紹介。 【追記↓】 ...

ReadMore

登山、トレッキング

晩秋の百々ヶ峰、枯れ葉の絨毯フカフカな松尾池ルートでぐるっとお散歩

更新日:

百々ヶ峰 松尾池
この日は再び岐阜市の最高峰、百々ヶ峰に登山!

岐阜市の最高峰、百々ヶ峰に登山!金華山の北側にそびえる、子連れでも気軽に楽しめる身近で安心な里山でした!

実はブログ主、イマイチ理由は不明なのですが右膝を痛めてしまい整形外科に通っていたのですが、痛い痛い注射を我慢して先生からOKをもらえるまで回復。しばらくまともに歩いてなかったので、晩秋の紅葉を楽しめる所どっかないかなぁと思案していて思いついたのが百々ヶ峰でした。

そんな晩秋の百々ヶ峰松尾池ルートでの登山の様子を軽くご紹介。

百々ヶ峰の登山プラン

今回のコースは松尾池から東海自然歩道経由で百々ヶ峰へ

前回の百々ヶ峰登山の記事にも記載しましたが、百々ヶ峰の登山ルートは、

  • 松尾池ルート
  • 三田洞弘法ルート
  • 松籟団地ルート
  • 西山4号墳ルート
  • 西山団地(県立岐山高等学校裏)ルート

などがありますが、今回はタイトル通り松尾池ルートを選択しました。しかしそれでは距離が短いので、萩の滝など東海自然歩道経由で百々ヶ峰へ向かい、帰りに松池ルートで下る選択をしました。

松尾池ルート、松尾池の駐車場とマップコード

百々ヶ峰 松尾池ルート
三田洞弘法コースのような広い駐車場はなく、松尾池のすぐ横に数台程度が駐車できるかなといった感じ。下記のストリートビュー通りとても小さいです。

他には、松尾池の手前にある「岩舟緑地」に数台。松尾池の奥にある「志段味公園」に数台程度しかありません。紅葉の季節など人が多い時期は、諦めて三田洞に駐車した方が安心かもです。
一応、松尾池の駐車場のマップコードを貼っておきます。
マップコード 28 741 261*42
※守山区の志段味と間違えてルート検索してしまいましたブログ主(^_^;)

百々ヶ峰松尾池ルートのコースタイム

今回はちょっとだけ大回りのルートですが、整備も比較的行き届いている百々ヶ峰。2時間程で計画しました。

松尾池ルートは登りで使ったほうが楽しいかも

松尾池と百々ヶ峰をほぼ真っ直ぐつなぐ”松尾池ルート”は浮石もおおく滑りやすいです。下りで使っても慌てず行けば問題ありませんが、登りで使う方が楽しそうで良かったかもと思いました。

百々ヶ峰 松尾池
こんにちは。時刻は15時過ぎ。日の入りが一番早い季節というのに、とんでもない時間に来てしまいました。良い子は真似しないでね。

百々ヶ峰 松尾池
でもそんな遅い時間の駐車場であっても車が数台。

百々ヶ峰 松尾池
夕方の松尾池には、晩秋の低いお日様が当たっています。

百々ヶ峰 松尾池
ヒンヤリとした空気感の松尾池、鴨が水に顔を突っ込んでお食事中。

松尾池 東屋
そんな鴨などをバードウォッチングで楽しんでいる方々もいらっしゃいました。

松尾池 バードウォッチング
巣箱が設置されていたり、餌台も設置されていたり。松尾池はバードウォッチングのメッカなのだそうです。

百々ヶ峰 東海自然歩道
渡り鳥とかも松尾池で越冬したりするのかな?

百々ヶ峰 東海自然歩道
とりあえず池をグルっと周って東海自然歩道へ出ます。岩船渓谷・萩の滝はこの道でOKね。

百々ヶ峰 東海自然歩道
お、良い岩だ。

百々ヶ峰 東海自然歩道 萩の滝
さっきの岩のすぐ近くに萩の滝、この時期はとても寒いな(^_^;)

百々ヶ峰 東海自然歩道
ということで東海自然歩道を先へ進みます。

百々ヶ峰 東海自然歩道
数取器が置いてあるぞ、坂祝の猿啄城にも同じようなのあったね。

岐阜県坂祝町にある城山の山頂”猿啄城展望台”は気軽に登れる眺めの良い展望台でした!

百々ヶ峰 東海自然歩道
黄葉が綺麗だなぁ。

百々ヶ峰 東海自然歩道
程なく舗装された林道に出ました。

百々ヶ峰 展望芝生広場
先程の看板には展望芝生広場という表記が。時間ないし百々ヶ峰とは反対方向だし計画してなかったけど、近くだから行ってみよう。

百々ヶ峰 展望芝生広場
おぉ、こっちも眺めがいいね。

御嶽山
このところの良い天気の日には名古屋からもバッチリ拝める御嶽山。最近はあまり噴煙は見えないね。

噴火後の御嶽山、入山規制解除区域を登山した話。

百々ヶ峰 展望芝生広場
舗装路を離れ林の中をズンズン進むと、

百々ヶ峰 展望芝生広場
展望芝生広場に着いたけど、あれ?展望!?

百々ヶ峰 展望芝生広場
百々ヶ峰へ向かいましょう(^_^;)

百々ヶ峰 松尾池ルート
だいぶ日が傾いちゃった。

百々ヶ峰 松尾池ルート
急げ急げ!

百々ヶ峰 松尾池ルート
舗装路の脇に僅かな踏み跡を発見。ショーットカットだけど良い子は真似しないように。

百々ヶ峰 松尾池ルート
百々ヶ峰と権現山の間のトイレの所に出た。ということは、

百々ヶ峰 展望台
ここまで来れば百々ヶ峰の頂上の展望台はもうすぐ。

百々ヶ峰 展望台ルート
あれは恵那山かな?

百々ヶ峰 展望台
お!

百々ヶ峰 展望台
百々ヶ峰の頂上、展望台に到着!久しぶりだねぇ。

百々ヶ峰 登山の思いノート
さすがに前回の書き込みは残ってなかった。てか時間ないのに読んでる場合じゃない!

百々ヶ峰 頂上 展望台 名古屋駅方面
肝心の眺めは名古屋駅がうっすら。

百々ヶ峰 展望台 金華山方面
目の前にはお隣の金華山。こんな黄金色の夕景も綺麗だなぁ。

百々ヶ峰 展望台
色づいた木々に天然のライトアップ。
香嵐渓もオレンジ色のライトアップじゃなくて、こんな感じで夕日が当たる地形だったら良かったのに。

百々ヶ峰 松尾池直登ルート
さぁここから松尾池まで一気に下りますよ。

百々ヶ峰 松尾池直登ルート
途中の岩場、ここもいい眺めだ♪

百々ヶ峰 松尾池直登ルート
なんて黄昏れている場合じゃない!日が沈んじゃった(*_*;

松尾池
というわけでヘッドライトが必要にある寸前で松尾池まで戻ってきました。

膝を痛めたブログ主でしたが、距離も短めで落ち葉の絨毯で膝に優しい晩秋の百々ヶ峰(^_^;) 天気も暖かなこの日、軽く汗をかいた登山というかトレッキングができました。主に南側斜面を行く今回のルートなら、真冬でも風が当たりにくくて楽しめそうな感じです。
名古屋からでも(岐阜市内、一宮市辺りの渋滞がなければ)2時間足らずで来れて楽しめる百々ヶ峰、すてきな里山ですね。

【参考リンク】初心者にもお勧め!百々ヶ峰 松尾池直登ルート いちのトレッキングブログ

rakuten motion

-登山、トレッキング
-, ,

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.