旅行 国内

天空の白鷺は1月15日まで!天守を間近に見られる姫路城へ急げ!

更新日:

天空の白鷺
2014年のNHKの大河ドラマ”軍師官兵衛”。黒田孝高(黒田官兵衛)が生まれた土地がここ姫路。姫路といえば姫路城。現在天守の修理中ですが、その改修中の天守を外側から見ることが出来る「天空の白鷺」が、2014年の1月15日までで解体が始まってしまう。つまり外側の目近から天守を見るチャンスはもう一生ない!
というわけで、姫路まで行ってきたという話。

姫路城 姫路城
おはようございます、天気がとても良いこの日。実は九州へ旅行に行ってきた帰りについでに寄った場所の1つが姫路。(その時のお話はまた別の記事で)

姫路城
餌待ちの図。

白鷺小学校 白鷺中学校
姫路城の近くにある白鷺小学校・白鷺中学校のフェンスには、桜の木らしき切り株が。フェンスを飲み込んじゃったのね。

姫路城
そんなこんなで、サクッと姫路城入口へ。ちなみに姫路駅から姫路城へは1本道で行けちゃいます。

姫路城
姫路城は、日本で最初の世界遺産。

姫路城 姫路城
お正月休みだからか、国宝だからか、さすがに人が多い。でも入場ゲートはスムーズに抜けられました。

姫路城 入場券
400円なりぃ!
今年1年、姫路城は大人気で大混雑でしょうね。

姫路城の歴史を簡単にお勉強

姫路城を居城としていた黒田孝高(勘兵衛)は、播磨へ侵攻してきた秀吉に、黒田孝高(勘兵衛)はお城を秀吉に譲ります。

  • 1580年 秀吉が黒田孝高に姫路城の大改修を指示。
  • 1598年 豊臣秀吉死去
  • 1600年 関が原の戦い(東軍勝利)
  • 1601年 池田輝政(東軍)、姫路城の築城を始める

この流れを知っていると面白いと思いますよ。

姫路城 菱の門
まずは菱の門。まずはここからスタート。

空堀痕跡
入ってすぐ、三国堀の北石垣のV字に見えるのが秀吉時代の空堀の痕跡。関ヶ原の後に池田輝政が埋めたらしいです。

挾間
挾間の形に役割があって、長方形は矢挾間、正方形・三角形・円形は鉄砲狭間なのだそうです。

いの門 姫路城
いの門を抜けると、

補強石垣
飛び出た石垣が。なんだろう?

補強石垣
これは江戸時代初期の補強石垣。これも池田輝政が築いた石垣とのこと。

2ノ丸リの櫓
そして、補強石垣のすぐ近くにある切込ハギの石垣。方形に整形して積まれた石垣は、この姫路城では珍しいそうです。これも池田輝政時代。

扇の勾配
扇の勾配。この勾配と反りが美しい!

鏡石
ここには大きな鏡石。邪気払いや敵をやっつける意味を込めて、こういった城門の近くにの石垣には鏡石が置かれています。

リの二渡櫓
ぬの門を抜けてリの二渡り櫓には、

鯱瓦
各時代の鯱瓦が展示されていました!これは江戸時代の鯱瓦の実物!

鯱瓦
明治時代の鯱瓦。

鯱瓦
姫路市龍野○丁目 瓦製造業 大○瀬市○二門 ○○西谷増吉 うーん、なんて書いてあるのだろう…説明書きが欲しいです。

鯱瓦
昭和時代の鯱瓦。ヒレの位置など年代に寄って作りが全く違うのは面白いですね。お顔も意外とカワイイ。

鯱瓦
奈良県の鈴木瓦工業さん作成。地元姫路の業者じゃないんですね(^_^;) でも今回の平成の大改修で新しく載せられる鯱瓦も、奈良県の山本瓦工業さんで作成されたとのことです。

石棺
この石棺、石垣に転用されていた石棺で、昭和の大改修の時に発見されたとのこと。古墳から出土した石棺を石垣に使うって、何てバチあたりな(^_^;) というか中で安置されていたご遺体はどうなったの?

酒井家 剣酢漿(けんかたばみ) 松平家 三巴
酒井家 剣酢漿(けんかたばみ)、松平家三つ巴

木下家 桐
木下家 桐
どうして瓦ごとに違うのかを伺ったら、その瓦をを治した家の家紋を付けられるそうです。つまり誰が直したかがわかるそうで。

池田家 揚羽蝶
池田家のアゲハチョウはかっこいい家紋ですね。

りの門
りの門を抜けて、

備前門
備前門。門の右側の大きな石は、石棺を転用しています。

天空の白鷺 行列 天空の白鷺 行列
そして天空の白鷺の入口に到着。180分待ち(T_T)並びますよ、ハイ…

天空の白鷺
2時間ほどでようやく券売機に到着。予約のある人はスイスイとエレベーターまで進んでいきます。予約しておけば良かった、というか予約できるなんて知らなかった。

天空の白鷺 入場券
200円なりぃ!

天空の白鷺 エレベーター
入館券を買ってからさらに1時間。やっとエレベーターに。並び疲れた。

天空の白鷺 エレベーター 天空の白鷺 エレベーター
エレベーター途中、城壁の近くを天守までグングン登っていきます。

天空の白鷺 姫路駅
天空の白鷺の8階、最上階に到着!さすがに眺めが良い♪
こちらは姫路駅方面。中央の太い道路の突き当りが姫路駅。

池田家 蝶
その脇には、築城当時の鬼瓦、池田家 家紋 蝶の鬼瓦。

池田家 家紋 蝶
同じく池田家 家紋 蝶の鬼瓦。年代で家紋が違うのかな?(^_^;)

鳥衾 失敗作
これは何と、池田家の家紋が上下逆さまの失敗作。お城の築城には膨大な瓦の数が必要だから、失敗作も紛れ込んでしまったのだろうとのこと。どうせ見えないから使っちゃえ!だと思うのですが…

葺き土 葺き土
屋根の目地に屋根目地漆喰。こんな細かい作業を、すべての屋根の目地で行われているなんて本当に凄い!

天空の白鷺
そして天守!

天空の白鷺
おぉ!さすがに真新しい屋根目地の漆喰も美しい♪

天守
木下家の桐の鬼瓦。

鯱瓦
鯱瓦。

鯱瓦
奈良の山本瓦工業さん製でしたね。

丸瓦
丸瓦も古くても十分使える瓦は、今回の大改修後にも流用しているそうです。

201401039974DSC_5764
天守の窓、実はコレ、

天守 幻の窓
幻の窓があったらしく、ぱっと見は5枚の窓ですが、壁の中に2枚の窓が埋められていたんだそうです。つまり本来は合計7枚。築城時は、天守4方向の大パノラマを眺める事ができるようにしてあったとのこと。やっぱり地震対策で断念したのか?

漆喰の厚み
壁の漆喰の厚み。外壁の漆喰の厚みは、江戸時代は3mmほどだったのが、昭和の大改修では30mmのモリモリの漆喰の壁にしたそうです。

姫路城
この図は、1998年に新発見された姫路城の図。1682年から1704年当時の姫路城の様子がわかる大変貴重な資料なのだそうです。

天空の白鷺 エレベーター 姫路城 地図
長居してしまいました。下りましょう。まだまだ他に展示物はいっぱいありましたよ。

天空の白鷺
1階の出口にもパネル展示を中心に色々と勉強することができます。

姫路城 小天守
いやいや、さすがに立派なお城でございました♪内部で2時間ほど長居をしてしまいました。
帰り道にも見どころが。

宝篋印塔
この宝篋印塔の基礎の石が石垣に転用されています。

油壁
この油壁は、池田輝政より前のもので、工法で作られているとのこと。400年以上前の土壁が残っているということ?

石臼
そして割れた?石臼が石垣に転用されています。

十字紋の鬼瓦
キリシタン大名でもあった黒田孝高、その名残なのか十字架の鬼瓦も見ることができます。

はの門
そして”はの門”

石灯籠
はの門の柱の基礎に、石灯籠の基礎石(左上)が転用されています。使えるものは使ってまえ!なのですね。

土塀の石落し
土塀の石落しは、姫路城では珍しい設備なんだそうです。

るの門 
刻印
るの門には刻印もあったりします。刻印そのものはアチラコチラにあるらしく、宝探し感覚で探せますね。

姫路城
さすが日本の3名城のひとつ姫路城。天空の白鷺が無くなった後、今までどおり内部から天守へ登ることが出来るようになったら、また訪問したいですね!

【参考リンク】
姫路城
天空の白鷺

adwordsレスポンシブ

adwordsレスポンシブ

スポンサー

福井県 猫寺 御誕生寺 1

しばらくの間、週末も仕事が入ったりで、なかなかお出かけができなかったこの頃。この日も所用で福井県へ行ってきたその帰り。福井県の越前市にある猫寺として有名になった御誕生が帰り道にあるということに気づいた ...

阿寺渓谷 牛ヶ淵 2

ゴールデンウィークも終わり、4月の悪天候がウソのように晴天が続く5月。湿度も低くてカラッとしているものの暑い日が続いています。こんな暑い日には涼しい所へ涼みに行きたいなぁと、おでかけ場所を探していたら ...

ファーストエイドキット グッズ写真01 3

登山などアウトドアでは必ず持っていくようにしているファーストエイドキット。もちろんファーストエイドキットを使わないよう計画・行動する、つまり予防が一番大切なのですが、万が一の時に備えておくのもとっても ...

美ヶ原高原 王ヶ頭 4

9月に入ってから、急に秋めいてきたこの頃。いよいよお出かけするにもいい季節になってきました。お出かけしたいし、最近ハマっている山にもいっぱい登りたい!そうならば足腰を鍛えておかなければ!! ならば、楽 ...

御嶽山 剣ヶ峰 規制区域 5

今回登ってきたのは御嶽山。前回登ったのは噴火のほぼ1年前の2013年9月28、それ以来の御嶽山の登山になります。ちょうど噴火から2年ほど経ち、現在は規制区域も若干緩和された御嶽山。連続で9月末に登山に ...

納古山 山頂 6

2014年8月は、ずっと天候不順。曇り時々雨といった感じの蒸し暑い日が続き、スッキリ晴れる日がとても少なく、ガッツリお出かけできる天気の良い週末は、ほとんどありませんでした。でもこの週末は何とか天気も ...

竹島水族館 入口 7

名古屋には名古屋港水族館がありますが、ここ蒲郡市には竹島水族館という小さな、まさにローカル水族館があります。検索すれば「ショボイ」だの何だのと結構な言われようなのですが、それでも年間入場者数が20万人 ...

八ヶ岳 縦走 8

前回の記事、八ヶ岳の赤岳から硫黄岳に縦走登山!初心者には難易度が高いルートもあったけど、人気も納得の素晴らしい縦走登山でした。1日目:赤岳展望荘でお泊り編の続きです。赤岳展望荘に前日のお昼に到着。赤岳 ...

小蓮華岳 白馬大池 9

前回の記事、白馬岳に登山!大雪渓と青空と紅葉に大感動の登山でした![1日目・白馬岳の大雪渓の登り編]の続きです。前日は猿倉荘から大雪渓を登って白馬岳頂上宿舎のテント場まで頑張って登りました。大雪渓を登 ...

桃太郎神社 10

前の記事、寂光院の紅葉の見頃は12月初旬まで!犬山市の有名な紅葉寺で紅葉を愛でるの続きです。 犬山市の寂光院へ紅葉を愛でた後、ここまで来たら寄らずにはいられないのが犬山市の桃太郎神社。 過去にも関ヶ原 ...

-旅行 国内

Copyright© Take me to the ... , 2017 AllRights Reserved.