登山、トレッキング

【こんなおでかけしてました2019】八ヶ岳の青年小屋でテント泊。ほうとう鍋が激ウマ。

青年小屋 テント場
お盆以降、そして9月下旬からの紅葉シーズンの週末はことごとく天候不順&仕事の関係で全くお出かけできなかったブログ主。どこか行きたい病に罹患したので、紅葉も終わった10月26日から1泊で青年小屋で1泊&編笠山と権現岳に登ってきました。
とにかく名古屋を出たかった!

観音平~青年小屋
お昼前に観音平の駐車場に駐めたブログ主。
翌日の日曜日の午後から天気がよくなる予報で、午後には名古屋へ帰る予定のブログ主。重い荷物とうっすらとした晴れの希望を背負って青年小屋へ。

富士山
10月下旬の富士山、南側の雪は溶けててほとんどない。
例の滑落事故の前です。

八ヶ岳 押手川分岐
テント装備での登山はお盆の表銀座縦走して以来。
水も青年小屋のテント場で汲めるので荷物の重量は軽めだったのですが、それでも結構キツかった。

青年小屋 テント場
青年小屋で受付してテント場へ。こんな中途半端な季節なのに想像以上にテント張ってあって、八ヶ岳はやっぱり人気がある山だと実感。

青年小屋 水場
テント場近くの水場の脇は大きく崩れてた。今年の台風の被害はここにもあった。

青年小屋 テント場
水場で汲んだ水でラーメンをすする。たった3時間ほどの登山なのに、まぁまぁ疲れちゃったから飯食って爆睡した1日目。

青年小屋~権現岳
例のごとく寝坊して、余裕で日の出しちゃった2日目の朝。

青年小屋~権現岳
断崖絶壁っぷりが楽しいらしい権現岳だったけれど、天気予報通り午前中は駄目だめ。こういう時は天気予報当たるのよねぇ…

権現小屋
営業中の看板でも扉を開ける勇気がなかった。

権現岳 山頂
ということでとりあえず登ったという感じの権現岳の山頂。

権現岳
赤岳きれいだな。

青年小屋
青年小屋へ戻ってきてテントを撤収。編笠山を経由して観音平の駐車場まで戻るのですが、

青年小屋 ほうとう
前日は青年小屋の「ほうとう祭り」だったらしく、お安くしますよ~というお姉さまの甘い誘惑にほうとう鍋。具はすべて山梨県産との事。

味は2019年山小屋ご飯ナンバーワン!1日経ったから余計に味が染みて&ダシが出て美味しかったのかも。

編笠山
それにしても八ヶ岳の山小屋はどこも料理に力をかけてて、肉料理だったりバイキングだったりケーキだったり。そりゃ人気になるよね。

編笠山
ごちそうさまでした、美味しかったです。

ということで編笠山へ行きましょう。

編笠山
ほうとう鍋を食べている間に雲が抜けてきたのですが、いよいよ権現岳方面も抜けてきた。

ギボシ トラバース道
注意ゾーンのギボシのトラバース道、ガスだらけで迫力が全然無かったなぁ。

編笠山 権現小屋方面
もう、こういう天気予報どおりというのは中々つらい。

編笠山 権現岳方面
まぁそれも登山あるあるだけれど。

編笠山 山頂
編笠山の山頂に着く頃には、赤岳から横岳、阿弥陀岳の東側まで見えるほどに。

編笠山 諏訪市方面
いつか、のんびりと八ヶ岳の全山縦走とか楽しそう。

観音平駐車場
ということで、日曜日のお昼前にはドピーカンの晴天で下山完了。あと1日天気が進んでいればなぁ。

rakuten motion

-登山、トレッキング
-, , , ,

Copyright© Take me to the ... , 2020 All Rights Reserved.