登山、トレッキング

初冬の空木岳に登山!おばけが出ると噂の空木平避難小屋でボッチで1泊する山旅。1日目:空木平避難小屋で一晩過ごす編。

空木平避難小屋
今回登ってきたのは空木岳!深田久弥100名山の一座で、中央アルプス中程にそびえる標高2863mを誇る山。

お隣の木曽駒ヶ岳にはロープウェイもあり沢山の登山客や観光客が訪れますが、それに比べてここ空木岳に登山客はあまり訪れない静かな百名山。そして幽霊が出る避難小屋で有名な「空木平避難小屋」があります。

今回登ってきた池山尾根コースは、なかなか手ごわいコースとの事なので、途中で1泊してからの空木岳へ登る計画を立てました。そんな計画で、ちょうど良い場所に建っているのが空木平避難小屋なんです。

もしもお会いできたら、ネタとしても面白そうかも…なんて怖いもの見たさもあって登ってきました。

ということで、その空木平避難小屋で1泊するまでをサクッとレポート。

空木岳への登山プラン

空木岳へは、

  • 池山尾根コース
  • 倉本口コース
  • 宝剣岳からの縦走コース

が主なコースとなりますが、一番メジャーなのは池山尾根コース。今回はこの池山尾根コースを単純往復としました。

1日目は、菅の台バスターミナルを出発して空木平避難小屋まで。
2日目は、空木平避難小屋から空木岳へ。そして菅の台バスターミナルまで下山。

という登山計画です。

空木岳へのコースタイム

池山尾根コースの往復を計画したブログ主。登りも下りも標準コースタイム通りの

登り:空木平避難小屋まで5時間半
下り:空木平避難小屋から空木岳までの1時間を含めて5時間半を計画しました。

しかし、実際には登りは6時間、下山も7時間ほどかかってしまいました。(下山の時間は、空木岳山頂で長居した時間も含む)

標高差およそ2000mの急登!

この池山尾根コースは、菅の台バスターミナルからの標高差はおよそ1800mもあります。


池山林道終点から出発できれば、標高差およそ500m、時間にして1時間あまりも節約できます。

空木岳への登山だけなら、林道の駐車場や駒ヶ根高原スキー場の駐車場に駐車するのも十分ありだと思います。

快晴の菅の台バスセンターを出発

菅の台バスターミナル
おはようございます、朝9時の菅の台バスターミナル横の駐車場にやってきました。名古屋を6時に出発するというのんびり山行。菅の台バスターミナルまで2時間あまりで到着できるのはありがたい。

菅の台バスターミナル
上記の通り、池山林道終点の駐車場まで行ければ片道1時間も短縮になるのですが、まぁ有料駐車場の方が安全に駐められるかなぁという算段。ちなみに1日800円に値上げされていました(涙

菅の台バスターミナル 木曽駒ヶ岳方面
いつもはこの道を登っていって、駒ヶ岳ロープウェイで千畳敷カールへ行くのですが、

菅平バスターミナル 池山林道方面
今日は池山尾根コースでの空木岳なので、まずは駒ヶ根高原スキー場方面へ進みます。

空木岳 登山道入り口 池山尾根
しばらく一般道を進み、登山口へ向かいます。さすがに名古屋に比べれば”ひんやり”とした空気で気持ちがいいし、この日はとにかくいい天気だ♪

空木岳 登山道入り口
と、いきなり登山道の入り口があります。
といっても本格的な登山道の入り口というわけではなくて、池山林道をショートカットする道。

池山林道 登山道
最初の林を抜けると駒ヶ根高原スキー場の駐車場に到着。

駒ヶ根高原スキー場 駐車場
ここにも数台の車が駐車していました。ここに駐車してもよかったかな…?

空木岳 登山道入り口 池山林道
と、こんな感じで最初の頃の登山道は、林道をがっつりショートカットして進んでいきます。

空木岳 登山道入り口 池山林道
麓の楓の葉っぱは、ちょうどいい感じで紅葉してました。

空木岳 登山道入り口 池山林道終点
そして池山林道終点に到着。林道が通じていればここまで車で来れますが、この日は通行止めのため駐車できない状況でした。

池山林道終点 南アルプス方面
この終点から見える南アルプス、北岳から間ノ岳、農鳥岳かな?ちょっと雲がかかってきちゃった。

空木岳 池山尾根
そしてここからが本格的な登山道になるので、

池山林道終点
ここから先は登山装備のない人は入らないように。豚コレラ…

空木岳 池山尾根登山道
と、本格的な登山道になると思いきや、しばらくはとても歩きやすいなだらかな上り坂が続きます。落ち葉を踏むカサカサという音が心地いい。

空木岳 池山尾根登山道 篭ヶ沢岩窟
篭ヶ沢岩窟(こもりがさわがんくつ)。
まぁ、今回はパス。

空木岳 池山尾根登山道
いい感じの紅葉だ。

空木岳 池山尾根登山道 タカウチ場
林道終点から30分ほどでタカウチ場に到着。ここで池山とその巻道の分岐なのですが、

空木岳 池山尾根登山道 池山方面
せっかくなので、池山の山頂まで寄り道することに。

空木岳 池山尾根登山道 池山方面
このあたりの楓もきれいだなぁ。

空木岳 池山尾根登山道 池山山頂
そして池山の山頂に到着、まぁまぁな急登を登るので、さすがにちょっと疲れた(^^;

池山からの眺め 木曽駒ヶ岳方面
北側に見えるあれは…

池山からの眺め 木曽駒ヶ岳 宝剣岳 千畳敷カール
ロープウェイ駅から千畳敷カール、乗越浄土、そして宝剣岳。
木曽駒ヶ岳は向こう側で見えてないね。

池山からの眺め 南アルプス
南アルプスは北岳がチラリ?

池山小屋
そして池山山頂から下っていくと池山小屋に到着。それにしてもキレイだし立派な避難小屋だこと!

池山小屋 水場
池山小屋の前にある水場で今日と明日の2日分のお水を確保。でもこの日のこの水場の水の出がイマイチ悪かった。

空木岳 池山尾根登山道 遊歩道経由尻無
こんなキレイな避難小屋が、もっと標高高い場所にあったら良かったのだけれど…などと思いながら少し休憩。そして遊歩道経由で尻無へ向かいます。

空木岳 池山尾根登山道 遊歩道経由 尻無
ここまで登ってくると広葉樹の葉っぱはすでに落葉。まぁ11月では当然だよね。

空木岳 池山尾根登山道 尻無分岐
そして尻無に到着。勾配がキツイ登山道に、だんたんしんどくなってきた…

空木岳 池山尾根登山道 迷い尾根
そしてほどなくマセナギに到着。って迷い尾根って物騒だなオイ。

空木岳 池山尾根登山道
そしてこのあたりから、登山道はさらに急登になってくる。

空木岳 池山尾根登山道 大地獄、小地獄
そしていよいよ大地獄と小地獄と呼ばれる難所に突入!

空木岳 池山尾根登山道 大地獄、小地獄
こんな狭くて急峻な尾根道を登ったり、

空木岳 池山尾根登山道 大地獄、小地獄
階段が出てきたり、

空木岳 池山尾根登山道 大地獄、小地獄
鎖場が出てくるのですが、整備も行き届いているので油断しなければ大丈夫。

空木岳 池山尾根登山道
こうして地獄を通過。ブログ主的には、道の危険性よりも急登のキツさの方が堪えた(^^;

空木岳 池山尾根登山道
しかし急登はさらに続く。さすが標高差約1800mの池山尾根コースは容赦ない。

空木岳 池山尾根登山道 ヨナ沢の頭
やっとヨナ沢の頭に到着。
ここで看板に空木平の文字がようやく登場てきた、だいぶ疲れたぞ…

空木岳 池山尾根登山道 ヨナ沢の頭 宝剣岳方面
木々の合間から宝剣岳、ガスがかかってきちゃった。

空木岳 池山尾根登山道 空木平分岐
もうブログ主はヒィヒィ言いながら、ようやく空木平分岐に到着。ここから空木平避難小屋までは緩やかに下り道。

空木岳 池山尾根登山道 空木平分岐
想定よりも若干歩みが遅くなって、だいぶ日が傾いてきちゃった。

空木岳 池山尾根登山道 空木平避難小屋方面
雪の重みで水平方向に曲がってしまった木々の間を進んでいくと、

空木岳 空木平避難小屋
お!

ここが噂の空木平避難小屋

空木平避難小屋
空木平避難小屋に到着!おばけ屋敷の割にはとってもきれいだ(失礼

空木平避難小屋 室内
室内もとってもきれいな空木平避難小屋。

空木平避難小屋
16時過ぎの時点で気温は2℃、朝はマイナス10℃くらいは覚悟しなきゃね。

空木平避難小屋
風邪引かないように下着を着替えて、そして食事も終了。
それでも時間はまだ17時半。携帯の電波も届かずやることないので寝ることに。

 

 

それにしても今夜は他の登山者はいない様子…

一人ぼっちの空木平避難小屋の夜が迫る…

空木平避難小屋の外は風が強いらしく、ビュービューと風が鳴ってる。

ご飯食べてる間にも室内はバキバキ音がしてたし、もしかして既にいらっしゃるのかしら(;゚Д゚)

寒い避難小屋で、寝袋に包まるブログ主…

……………………

と、時間は朝6時前…夜明け直前の空木平避難小屋、おはようございます。空木平避難小屋
23時頃にトイレで目が覚めただけで約11時間も爆睡してしまった…

【結論】いらっしゃいませんでした。たぶん。

 

次回、空木岳からの絶景を眺める編に続きます。
空木岳 山頂

rakuten motion

-登山、トレッキング
-, , ,

© 2021 Take me to the ...