登山、トレッキング

新緑の上高地!ゴールデンウィーク明けの徳沢キャンプ場でまったりソロキャンプの巻!2日目:新緑の上高地をハイキング編

投稿日:

徳沢キャンプ場 朝
新緑の上高地!ゴールデンウィーク明けの徳沢キャンプ場でまったりソロキャンプの巻!1日目編の続きです。登山するわけでもなく、徳沢キャンプ場でただただキャンプがしたくてやってきたブログ主。早めの夕ご飯を食べ終えてやること無く寝たらほぼ爆睡。夜空を見ること無く朝を迎えたのでした。

今日は2日目のハイキングの様子をご紹介。

2日目:新緑の上高地ハイキング

徳沢キャンプ場 1泊2日 予定図
2日目は、明神までは来た道を戻り、明神橋を嘉門次小屋・穂高神社奥宮へ寄り、梓川右岸の木道をハイキングして帰ります。

徳沢キャンプ場 朝
おはようございます、徳沢キャンプ場の朝5時半頃です。徳沢キャンプ場へはお日様が当たる前、徳沢園の煙突から上へ煙がモクモクと立つ風のない穏やかな朝です。

徳沢キャンプ場 朝
夕飯を食べ終えて、歯磨き終わって19時くらいのまだ薄明るい時間に寝てしまいました。夜中たまーに軽く目が覚めたけど、夜中トイレに行くこともなく実質10時間くらい爆睡できたかも。

徳沢キャンプ場 朝
寝る前は、夜空くらい見るなり写真撮るなりするつもりだったけど、風もなく静かで、そして何より芝生の徳沢キャンプ場は寝心地が抜群でして(^_^;)

徳沢キャンプ場 朝
木々の間から見える明神岳はもう朝が来てるけど、徳沢キャンプ場への朝日はもう少しかな。

徳沢キャンプ場 朝
標高1,500mあまりの徳沢キャンプ場、この日の朝は4度。チト寒い朝だけど、これはこれで気持ちがいいヒンヤリ感。

徳沢キャンプ場 朝日
そして徳沢キャンプ場に朝日がやってきました(^_^)

徳沢キャンプ場 朝日
暖かな朝日。太陽は偉大ですねぇ。

徳沢キャンプ場 朝日
景色も刻一刻と変わっていきます。

徳沢キャンプ場 朝日
ご近所さんもおはようございます。

徳沢キャンプ場 梓川 支流
そして徳沢キャンプ場のすぐ脇を流れるせせらぎにも朝が来て、

徳沢キャンプ場 梓川 支流
顔を洗おうと思ったけど冷た過ぎて辞めました(^_^;)

徳沢キャンプ場 朝日
何だか幸せな感じの気持ち良い朝です(^_^)

徳沢キャンプ場 ニリンソウ
ニリンソウもおはようございます。。

徳沢キャンプ場 ニリンソウ 群生地
柔らかな朝日を浴びたニリンソウにカメラを向けてる。
この後に徳沢ロッヂに泊まっていた人も参戦して、大撮影大会になっていました。

徳沢キャンプ場 朝日
さぁ夜露に濡れたテントを乾かして撤収しますか。ちょっと名残惜しいけど。

徳沢キャンプ場
また来よう徳沢キャンプ場。すごく美しいキャンプ場でした。

徳沢 〜 明神 梓川左岸 林道
明神までは来た道を戻ります。

徳沢 〜 明神 梓川左岸 明神岳の眺め
おぉ、明神岳が全部見える!昨日はあまり見えなかったからねぇ。

徳沢 〜 明神 梓川左岸 大天井岳
大天井岳も大天荘もハッキリ見える。

徳沢 〜 明神 梓川左岸 霞沢岳
下流側には霞沢岳。行ってみたいけどハードル高めですよね、霞沢岳って。

徳沢 〜 明神 梓川左岸 林道
早朝の気持ちのよい道。川沿いの帰り道は緩やかな下り坂。

徳沢 〜 明神 梓川左岸 林道 徳本峠
そして徳本峠との分岐まで来たので、

明神館 上高地
明神館前に到着。まだ人も少なめ。

明神 ラショウモンカズラ
帰りは穂高神社奥宮方面から帰ります。

明神館 明神橋方面
ということで穂高神社奥宮へ。

明神橋
明神橋。久しぶりだね。

明神橋
明神館よりも人がいない。

明神岳 山頂
明神岳も岩々しててすごい山体。信仰の対象になるだけの堂々とした構えです。

穂高神社奥宮
お、穂高神社奥宮の鳥居だ。

穂高神社奥宮
ここはまずご挨拶しておきましょう。

穂高神社奥宮
参拝方法も案内してますよ、ここ。

嘉門次小屋
すぐとなりに嘉門次小屋。まだ営業前だからなのかイワナまだ焼いてませんでした。残念。

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道
さぁ、あとはバスターミナルまで。と!

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道 猿の群れ
お猿さん登場!

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道
木の上には子ザル。この春に生まれたのかな?

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道 子ザル
若葉を食べるのかな?

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道 子ザル
この群れには子ザルが何匹もいました。

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道 子ザル
カワイイな。

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道 子ザル
沢山食べて大きくなってね。

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道
河童橋近くまで木道が続くきます。

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道
せせらぎも相変わらず綺麗。

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道 猿の糞
【注意】木道いはトラップも所々に仕掛けられてます【自主規制】

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道
梓川。綺麗だなぁ。

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道
河童橋まで残り2.7km地点。

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道
梓川の右岸側にもすこしだけニリンソウが咲いています。

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道 焼岳
焼岳、こちらも登ってみたい。

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道 せせらぎ
せせらぎの音に癒やされて、

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道 岳沢分岐
岳沢との分岐に到着。奥穂高岳の帰りはここに戻ってきました。

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道
コバルトブルーな清流。

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道
これは空の色なのでしょうかね?

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道 霞沢岳
霞沢岳、チャレンジしたいけどなぁ。1人じゃ行けないなぁ。

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道
わらび?

明神 〜 上高地バスターミナル 梓川左岸 木道
そんなこんなで河童橋まで200m。

河童橋 岳沢
ここからだと岳沢の奥の方がよく見えます。

河童橋から 天狗岩 間ノ岳
中央の平ぺったいのが天狗岩、その左のピークが間ノ岳。

奥穂高岳 ロバの耳 ジャンダルム
写真中央のトンガリの右側(奥側)が奥穂高岳のピーク。中央左側のピークがロバの耳 からジャンダルム。

ロバの耳 ジャンダルム
この写真は奥穂高岳に登った時のジャンダルム(中央)と左側のロバの耳。こんな急峻で危険な岩場です。

吊尾根 河童橋からの眺め
奥穂高岳から右側へ吊尾根が続き、

前穂高岳 河童橋からの眺め
これが前穂高岳。

吊尾根 河童橋からの眺め
この前穂高岳の麓から、この写真中央の岳沢へ下り、そして河童橋まで戻れます。

吊尾根から河童橋を望む
ちなみち吊尾根から河童橋はこんな感じで見えます。右上の施設が上高地バスターミナルですね。

奥穂高岳に1泊2日で登山!穂高岳山荘から前穂高岳、重太郎新道を下って紅葉真っ盛りの上高地へ下山編。

上高地 河童橋
やっぱり上高地は綺麗で素晴らしい。現実世界に戻りたくないなぁ。

上高地 河童橋〜バスターミナル
とは言ってられないんですけどね(^_^;)

上高地バスターミナル
ということでバスターミナルまで戻ってきました。さわんどバスターミナル方面は大行列。

上高地バスターミナル 鳩
と、定員オーバーで2便に分けて出発となったのですが、荷物だけ先便で持って行かれてしまいました(汗
アルピコさん頼みますよ(^_^;)

沢渡バスターミナル
ということで駐車した足湯では降りられず、バスターミナルまで戻ってきてしまいました。まぁ荷物を無事回収できたので良かったか。

沢渡 足湯公園
ということで足湯公園に戻ってきました。

なだらかな道を2時間ほど歩いて1泊してきただけの今回の徳沢の旅。徳沢キャンプ場には小さな子供連れの人も沢山いて、子供でも3時間頑張れば徳沢キャンプ場へたどり着けるそうです。

新緑とも相まってとにかく「美しい」徳沢キャンプ場、またいつか使わせてもらおうと思ったブログ主なのでした。

【関連リンク】
徳沢園
アルピコ交通







-登山、トレッキング

Copyright© Take me to the ... , 2017 All Rights Reserved.