日帰りお出かけ

2018/3/10

ウミガメも産卵に来るなんて! 御前崎灯台に行ってきました。

前回は蓬莱橋へ行ってきました。 【関連リンク】世界一の長さを誇る木造歩道橋! 静岡県の蓬莱橋に行ってみました この日も富士山静岡空港にてひと仕事。 仕事後、富士山静岡空港の南側、御前埼灯台へ行ってきました。 今回もその様子をチラッとレポート。 日曜日でしたが、この日も簡単なお仕事。 その帰り、富士山静岡空港から相良バイパス〜国道150号線バイパスをひたすら南下。 距離的には空港から30kmぐらいあるのですが、 ほとんど信号もなく、空港からは下り坂も続くため非常に走りやすい。 椰子の木も出てきて南国ムードム ...

ReadMore

YouTube ロゴマーク

登山、トレッキング

2018/3/20

お時間がある時に是非!ブログ主がチャンネル登録している、大好きな登山系ユーチューバーのご紹介。

雨降りだったりで天候が良くない日には、そんなにお出かけしないブログ主。そんな時にはYouTubeを見たりしてお出かけした気になっています。本当に色々な動画がアップロードされているので、見てるとあっという間に時間が過ぎちゃってたりします。 そんなブログ主が、山登りしている中で参考にすることもあるYouTubeの動画。今回ご紹介するのは、特にブログ主がお気に入りなユーチューバーをご紹介します。 ※以下ところどころ敬称略 へっぽこ登山 トップバッターは、HIROYUKIさんとNAOさんご夫婦の動画チャンネル。 ...

ReadMore

日帰りお出かけ

2018/3/10

清流梓川の下流、奈川渡ダムに立ち寄りました

前回の記事、紅葉の最盛期の上高地をトレッキング!上高地へ紅葉狩り 明神池でお参り編 の続きです。 上高地での紅葉狩りの帰り道、やぶはら高原スキー場側から19号線を通って帰ろうとしました。その帰り道の途中、奈川渡ダムがあります。巨大建築物萌えな私。ダムだなんて素敵な場所に寄らないわけにはいきません。 ということで、この奈川渡ダムに立ち寄ってみましたところ… 沢渡第二駐車場から国道158号線を松本市方面へ向かって帰ります。 途中、やぶはら高原スキー場へ抜けるT字路の部分に大きな奈川渡ダムがあります。 ちなみに ...

ReadMore

赤目四十八滝 不動滝

日帰りお出かけ

2018/3/10

赤目四十八滝で紅葉を愛でる。駐車場が少なく混雑するので”自然探勝きっぷ”がとってもお勧めです

10月になっても暑い日々が続いていましたが、11月になって秋をすっ飛ばしてしまったかのように急に肌寒くなった今日このごろ。このところの寒さで紅葉も進んだかな? ということでどこか綺麗そうな紅葉スポットがないかなと探していたら、この赤目四十八滝が目にとまりました。有名な場所ではあるのですが行ったこと無い。じゃ行ってみよう!ということで遊びに行ってきました。 おはようございます。ここは近鉄名古屋駅。近鉄を使うのは、明石海峡大橋ブリッジワールドに行った時以来かな?今日のお供は22600系Aceなる車両。近鉄の車 ...

ReadMore

大日ヶ岳 山頂

登山、トレッキング

2018/3/10

大日ヶ岳に登山!清流長良川の源流で200名山の大日ヶ岳はカワイイ花が沢山咲く眺めの良い山でした。

今回登ってきたのは大日ヶ岳。ひるがの高原の西側に位置する大日ヶ岳は、ダイナランドスキー場のある山で長良川の源流だったりもします。また山頂には名前の由来でもある大日如来像が祀られ、信仰の山でもあります。 梅雨の晴れ間のこの日、夏至直前ということもありとても暑かったですが、梅雨時期の割には眺めも良くカワイイ花も沢山咲いていました♪ そんな大日ヶ岳登山の様子をご紹介。 大日ヶ岳の登山プラン 今回は桧峠(ウイングヒルズ白鳥リゾート)コースの単純往復。 大日ヶ岳の登山コースには、主に3つあります。 桧峠(ウィングヒ ...

ReadMore

高見山 山頂 高角神社

登山、トレッキング

2018/3/10

冬の高見山に登山!樹氷・霧氷の美しい冬の高見山は雪山初心者にも大人気の山でした!

今回登ったのは高見山!関西のマッターホルンと呼ばれる高見山は、霧氷が美しくて有名です。また奈良県というロケーションから、関西方面からの登山者がとても多いらしいのですが、先の記事の綿向山からも比較的近く、名古屋からも3時間足らずで麓のたかすみの里の駐車場に着くことができます。 ブログ主が訪れたこの日は、寒波襲来後の晴れ予想の週末で、綿向山の時のように大変美しい霧氷を愛でることができました。そして(やっぱり)とにかく人が多かった! ということで今回はその高見山の様子をご紹介。 高見山の登山プラン 今回は、たか ...

ReadMore

日帰りお出かけ

北名古屋市の昭和日常博物館で、古き良き昭和の時代を懐かしもう!

更新日:

昭和日常博物館
台風11号が近づく東海地方。三重県では大雨特別警報が発令されるほどやばい感じの当日。こんな天気ではお仕事も早く終わってしまいました。時間空いたしどうしようかなぁと考えていたら、室内で手軽に楽しめそうな昭和日常博物館がヒット!ということで、昭和日常博物館へ行ってきましたという話。

昭和日常博物館の場所と駐車場

大きな地図で見る

北名古屋市役所(旧師勝町役場)のすぐ西側にあります。右側の地下駐車場へ車を駐めます。駐車料金も無料です。
〒481-8588 愛知県北名古屋市熊之庄御榊53
Tel 0568-25-3600

昭和日常博物館
さて地下駐車場に車を駐めて、3階に昭和日常博物館があります。”北名古屋市歴史民俗資料館”というのが正式名称なんですね。

昭和日常博物館
受付で芳名録に記帳します。順路はこっちかな?
訪問した時は、昭和ボードゲーム年代記という催しをしていました。

昭和日常博物館
お!ゲームウォッチだ!オレンジ色のドンキーコングのゲームウォッチ、お隣さんが持っててやらせてもらったなぁ。

昭和日常博物館
このゲームウォッチ、ミッキーが卵を拾うゲーム。自宅にあった!

昭和日常博物館
お? こっちにも何やらいっぱいあるぞ。

昭和日常博物館
あ、Penだ。婆ちゃん持ってたなぁ。

昭和日常博物館
東京タワーの置物、実家にあったなぁ。

昭和日常博物館
Dr.スランプアラレちゃんの電話だ。実物は初めて見たかも。

昭和日常博物館
コレ、手動の洗濯機なんですね。

昭和日常博物館
あ、このゲームやった記憶があるぞ。

昭和日常博物館
順路を進むと、昭和ボードゲーム年代記の展示場に到着。

昭和日常博物館
野球盤がずらり!

昭和日常博物館
この野球盤はやった記憶があるぞ!

昭和日常博物館
そうそう、スピードガン機能があったんだよね。懐かしいなぁ。

昭和日常博物館
もっと古い年代の野球盤。巨人の星の魔球に準えて、消える魔球の機能はここから始まったとの事です。

昭和日常博物館
さらに古い野球盤。

昭和日常博物館
描かれているイラストが怒り新党で見るイラストみたい。

昭和日常博物館 昭和日常博物館
いい旅チャレンジ20,000kmゲーム。
アマゾンで118,000円!


これ高級品ですやん!

昭和日常博物館
何だか楽しそう、今でも売れそうな気がするんですが… みんなで集まってゲームなんて、もうやらないのかなぁ。

昭和日常博物館 昭和日常博物館
人生ゲームは持ってたなぁ。実家探せばまだあるかも。

昭和日常博物館
オセロにダイヤモンドゲーム。オセロは”リバーシ”なんて言い始めたのはいつからなのか。

昭和日常博物館
ん? こちらは何のコーナーかな?

昭和日常博物館
ボンカレーだ。パッケージが良く残っていたもんだ。

昭和日常博物館
買い物カゴ、婆ちゃんの自転車の後ろに乗って、近所のスーパに買い物行った時に持ってたなぁ。

昭和日常博物館
天花粉!たぶんこれ使ってわ。

昭和日常博物館
目覚まし時計の裏、ゼンマイが人の顔みたい。

昭和日常博物館
それにしてもこのデザインだったら、今でも十分通用する気がする。

昭和日常博物館
このネスカフェのデザイン、記憶があるぞ。

昭和日常博物館
資生堂が歯磨きを作ってたんだ、ロゴマークとか英語表記は今と同じ、すごいなぁ。

昭和日常博物館 昭和日常博物館
こっちは古い町並みの再現。

昭和日常博物館
この丸いポストは本物だったんだ。丸ほうが味があってデザイン的には好きなんだけどな。

昭和日常博物館
駄菓子屋ですか、さすがにここまで古いのは未体験。

昭和日常博物館 これはミゼットかな?すごい軽い車だから、転んでしまっても、ヨッコイショって起き上がらせることができたらしいです。

昭和日常博物館
これがホントの原動機付自転車。

昭和日常博物館
自転車にエンジン着けました感がすごい。

昭和日常博物館
ということで、

昭和日常博物館
ペッタン!記念スタンプの柄は、人生ゲームのルーレットでした。

昭和日常博物館
北名古屋市は、「地域回想法」として介護予防、認知症予防や地域づくりを目的に「思い出ふれあい事業」として実施しています。

回想法とは、昔懐かしい生活用具などを用いて、かつて自分が経験したことを楽しみながら皆で語り合うことによって、 脳を活性化させ、気持ち(心)を元気にする心理・社会的アプローチが回想法です。

つまり懐かしむ事がここの楽しみ方!

無料で楽しめる昭和日常博物館。特に昭和20年〜40年代生まれの人には涙モノの博物館なんじゃないでしょうか!

rakuten motion

-日帰りお出かけ
-

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.