旅行 国内

2012年8月12日 山陰の旅 境線 水木しげるロード

更新日:

境線 妖怪列車
お盆休み。このブログをはじめる前、高速1,000円の頃から愛車で日本全国を走って来ました。
でも高速が走っていないなど、陸の孤島状態(失礼)の山陰には中々行けなかったのですが、
しっかり休みを取ることができたので、この機を逃してなるか!
というわけで鳥取と島根へ行って来ました。


JR米子駅
朝の米子駅。境港の水木しげるロードと水木しげる記念館へ出かけるために、
まずはここからスタート。
米子駅 境港行き 切符
米子駅から境港へは片道320円なり。
JR米子駅
7時30分発、0番線の列車に乗車します。
境線 目玉のおやじ 列車
列車で行くのはこれ、妖怪列車に乗るため(^ ^)
朝早かったのですが、アチラコチラで記念撮影されてます。
JR米子駅 ゲゲゲの鬼太郎
駅のホームにはゲゲゲの鬼太郎と目玉のおやじの銅像がお出迎え。
ねずみ男駅 JR米子駅
この境線では、各駅に妖怪の名前も割り振られています。
ここ米子駅にはねずみ男駅でした。
妖怪列車 車内
この日に乗車した目玉のおやじ列車では、車内の座席には目玉のおやじがイッパイ。
妖怪列車 目玉のおやじ列車
天井には鬼太郎が描かれていました。
境線 妖怪列車 扇風機のスイッチ
境線 妖怪列車 開閉ボタン
地方路線では当然なのでしょうか、ドアの開閉ボタンがありました。
仙台へ遊びに行った時以来でしょうか?
境線 妖怪の駅名
米子駅でもそうでしたが、境線ではすべての駅に妖怪の名前が割り振られています。
途中の駅では看板だけの紹介なのですが、毎駅楽しみですね(^ ^)
境線 米子空港駅
名古屋からは、中日本エアライン(現ANA)がフォッカーを飛ばしていたのですが、
いつの間にか撤退していました… 現在は羽田便だけだそうです。
境港駅
車窓を眺めていたらあっという間に境港駅に到着。
洒落の効いている看板ですね。
境港駅
一直線の米子方面。
架線がないとだいぶスッキリするのですね。
境港駅 水木しげる 銅像
水木しげる先生の仕事を見守る鬼太郎たち。
可愛いですねヽ(´ー`)ノ
境港駅 妖怪ポスト
本物の妖怪ポストですね。
境港駅 街灯 目玉のおやじ
水木しげるロードへ向かいます。
早速目玉のおやじの街灯(^^)
水木しげるロード
水木しげるロードを抜けて水木しげる記念館へ向かいます。
水木しげるロード
道にはたくさんの妖怪の像があります。
水木しげるロード 砂かけババア
砂かけババア
水木しげるロード 子泣き爺
子泣きじじい
妖怪神社
妖怪神社なる場所も。
右の目玉のおやじのオブジェは、水が注がれると簡単に目玉が回る
仕組みになっているそうです。この日は水はありませんでした(;´Д`)
水木しげるロード 注意書き
注意書きひとつとってもシャレていますね。
水木しげるロード ゲゲゲの鬼太郎
鬼太郎
水木しげるロード ねずみ男
ねずみ男
水木しげる記念館に行くまでに、相当楽しめそうです(^O^)
2012年8月12日 山陰の旅 水木しげるロード 水木しげる記念館 へ続く。

rakuten motion

-旅行 国内
-,

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.