御嶽山 剣ヶ峰 規制区域

登山、トレッキング

2018/6/8

噴火後の御嶽山、入山規制解除区域を登山した話。

今回登ってきたのは御嶽山。前回登ったのは噴火のほぼ1年前の2013年9月28、それ以来の御嶽山の登山になります。ちょうど噴火から2年ほど経ち、現在は規制区域も若干緩和された御嶽山。連続で9月末に登山に連れて行ってもらっていた思い出のこの山に今回久しぶりに登ってみることにしました。 そんな御嶽山の登山の様子をご紹介。 【追記】2018年9月下旬を目処に規制が解除されるかもとの事です。 御嶽山の登山プラン 濁河温泉の小坂口登山口から単純往復 御嶽山の登山ルートは、 王滝口ルート 小坂口ルート 黒沢口ルート 開 ...

ReadMore

常念岳 山頂 穂高槍ヶ岳方面

登山、トレッキング

2018/3/10

燕岳〜大天井岳〜常念岳を縦走登山!憧れの表銀座、槍ヶ岳の鋒を見ながらの空中散歩!2日目:常念岳への絶景の縦走編

前回の記事、大人気の燕岳〜大天井岳〜常念岳を縦走登山!憧れの表銀座、槍ヶ岳の鋒を見ながらの空中散歩!1日目:大天荘でお泊り編の続きです。 大天荘で消灯前に爆睡してしまったブログ主。強風の音で軽く目が覚めたりもしたもののスッキリ目覚めた2日目の朝からの様子をご紹介。 燕岳〜大天井岳〜常念岳1泊2日の縦走登山プラン 2日目は大天荘から常念岳、そして一ノ沢登山道で下山 2日目は緑色。大天荘から常念岳、そして一ノ沢登山口までです。 2日目は、大天荘を出発して常念岳を登山、常念小屋で食事して一ノ沢登山口まで下る計画 ...

ReadMore

唐松岳 八方尾根登山道 八方池

登山、トレッキング

2018/3/10

唐松岳から五竜岳へ縦走登山!紅葉真っ盛りの八方尾根を抜け、唐松岳頂上山荘でお泊り編。

今年の紅葉アルプス登山は、唐松岳から五竜岳への縦走登山!両山とも長野県と富山県との県境、北アルプスの後立山連峰にそびえる山です。ブログ主が初めて後立山連峰を登ったのは2012年の10月。 五竜岳に登山!そして初めての山小屋、五竜岳山荘に宿泊[登山編] 登山をはじめて間もない時に先生に連れて行ってもらって以来。しかもその時は雨のため五竜岳山頂は断念、また体力的にも全然だった当時は、特に下山時に膝が痛くてとってもシンドイ登山でした。 その後それなりに経験を積んで、そして天気も問題ないこの週末。五竜岳リベンジと ...

ReadMore

ふもとっぱら

登山、トレッキング

2018/3/10

ふもとっぱらでキャンプからの毛無山へ登山!のつもりが体調不良で途中敗退の話。

今回は、富士山の眺めが素晴らしい毛無山!ふもとっぱらキャンプで前泊して朝イチからの計画をして実行したのですが、タイトルの通り体調不良で途中で撤退。テントも撤収して名古屋へ帰るという残念なお出かけとなってしまいました。 とまぁ登山はできなかったのですが、ふもとっぱらキャンプ場は噂に違わぬ素晴らしい眺めのキャンプ場でしたので、季節を改めてリベンジしたいな。 ということで、今回はキャンプ中心なレポートです。 ふもとっぱらのキャンプ場から毛無山登山のプラン 今回は、ふもとっぱらキャンプ場で前泊、車とテントを置いと ...

ReadMore

日帰りお出かけ

2018/3/10

温泉大好きお猿さん!地獄谷野猿公苑へ温泉に入るニホンザルを見てきました

去年の秋に志賀高原へトレッキングへ行ってきました。 志賀高原は紅葉の最盛期! 横手山パノラマコースへ行って来ました 志賀高原は紅葉の最盛期! 池めぐりコースを紅葉狩りしてきました この志賀高原のすぐ近く、地獄谷野猿公苑では世界でココだけの風呂にはいるお猿さんが! しかもこの地獄谷野猿公苑、トリップアドバイザーの口コミで選ぶ「外国人に人気の日本の観光スポット」Top 20(外国人(日本語以外)の口コミを元に集計した、日本の観光スポット満足度ランキング)で、並み居る強豪を抑えてなんと5位!前から行ってみたいな ...

ReadMore

登山、トレッキング

2018/3/10

2012年4月1日 鳩吹山へカタクリの花を見てきました

以前に連れてきてもらった岐阜県可児市の鳩吹山が、 全国的に有名なカタクリの花の群生地ということで 見てきました。

ReadMore

旅行 国内

日本のチロルと呼ばれる下栗の里と旧木沢小学校へ行ってみました

更新日:

下栗の里 天空の里ビューポイント
ペルセウス座流星群を見るためにしらびそ高原へ来て、日の出まで粘っていました。
この地域は、名古屋からの直線距離はそれほどでもないのですが、大きな山を迂回する必要がありとても時間がかかります。
このまま帰るのはもったいないので、下栗の里と旧木沢小学校へ寄ってみることにしました。

ペルセウス座流星群
本来の目的は、しらびそ高原でペルセウス座流星群を観察。肉眼ではいくつも流星を見ることができたのですが、写真に収めることはできませんでした。なかなか難しいですね、残念。

隕石クレーター総合案内板
ちなみに観察場所はこの隕石クレーター案内板の砂利の広場。ハイランドホテルから10分ほど下ったところでしょうか。有名なポイントなのか大変多くの人々が流星観測をしていました。

下栗の里 天空の里ビューポイント
先ほどの隕石クレーター看板からさらに30分ほど下った場所に下栗の里のビューポイント入口があります。看板の記載通り駐車場がないので、この先の”はんば亭”の駐車場を目指します。

下栗の里 はんば亭 駐車場
ここまで下る道はとても狭い道で怖かったのですが、幸い対向車は1台もありませんでした。そして下栗の里の公式(?)駐車場のはんば亭の駐車場。

下栗の里 はんば亭駐車場
はんば亭の駐車場からは朝日が見えるかな?

下栗の里 聖岳
お日様は、まだこの聖岳はの向こう側。まだ少し早かったかな… じゃ、先ほどの天空の里ビューポイントに向かいますか。

下栗の里 天空の里ビューポイント 入口
天空の里ビューポイントの入口。上りの坂道ちょっと疲れた…

天空の里ビューポイント 募金箱
このビューポイントまでの道は、地元のボランティアが自腹で作られたそうです。少しながらも協力させて頂きました。

天空の里ビューポイント 狭い道
日が昇り始めましたね。

天空の里ビューポイント
あと250m。それにしても、大変整備の行き届いた道です、感謝ですわ。

天空の里ビューポイント
ビューポイントの展望台に着きました。ここから見えるかな?

下栗の里 天空の里ビューポイント
おぉ!ビューティフォー!

下栗の里
こんな急斜面につづら折りの急坂道。凄い所に住んでるなぁ。

下栗の里
軽トラもすれ違いが大変な道幅だよ(^_^;)

下栗の里
日本のチロルというよりもマチュピチュッて感じがしっくり。ま、チロルもマチュピチュも知らないんですが(^_^;)

下栗の里 天空の里ビューポイント
さ、戻りましょう。

下栗の里 はんば亭 駐車場
お店もまだ開店していない時間、まだ人もほとんどいないですね。ちなみにこの駐車場も無料ですが、募金箱があります。少しながら協力させて頂きました。

それでは旧木沢小学校へ向かいます。

旧木沢小学校
下栗の里からさらに30分ほど下った場所にある旧木沢小学校。ここは引越のサカイがCMで使った木造の学校。趣がありますね(^_^)
この日はお祭りがあったのか、太鼓やぐらが建ててありました。

旧木沢小学校
その太鼓やぐらに…

旧木沢小学校 猫 校長
イヤん (/ω\)

旧木沢小学校 猫 校長
脚ピーン( *˘ ³˘)

旧木沢小学校 猫 校長
この猫ちゃん、こんな近くでも逃げない。人懐っこいのかな?

旧木沢小学校 廊下
さっきの猫も気になりますが校舎内へ。というかこの旧木沢小学校は開けっ放しでした。治安が良いというか大らかというか。

旧木沢小学校
1つの教室にはいります。初めて木造校舎に入りましたが、さすがに雰囲気がいいですね(^^♪
ん!?

旧木沢小学校 ネコ 校長
あのネコは校長先生であった!

旧木沢小学校 校長 教員住宅
教員住宅までありました(^^♪ 脚ピーンとか失礼いたしましたm(_ _)m

旧木沢小学校 図書室
こちらは図書室。

旧木沢小学校 蔵書 旧木沢小学校 図書室
いかにもな蔵書もあったり。あんまり図書室っぽくない蔵書もあったり…

旧木沢小学校 引越のサカイ CM
こちらが引越のサカイのCMで使われていた教室。実際、廃校間近の生徒数として、こういう感じの教室だったのでしょうか。

旧木沢小学校 引越のサカイ CM
引越のサカイのCMもエンドレスで流されていました。

旧木沢小学校 保健室
ここは保健室。

旧木沢小学校 マント
校長先生のマント?キリスト教系の学校だったのでしょうか?

旧木沢小学校 教室
こちらの教室には机がいっぱい。児童がいっぱい居た時代はこんな感じかも。

旧木沢小学校 机
とても小さな椅子。かわいいなぁ。

旧木沢小学校 森林鉄道資料館
こちらの教室には遠山森林鉄道の資料が。

旧木沢小学校 遠山森林鉄道
木製のトラス橋とか!

旧木沢小学校 遠山森林鉄道
興味深い展示。ずいぶんと奥地まで森林鉄道が引かれていたのですね。しかし昭和43年にその役目を終えて廃線となりました。

旧木沢小学校 旧木沢小学校
東西ドイツの時代なので1990年以前の地図。当時のままの地図なんですね。

201308136012DSC_1580
そんなこんなの旧木沢小学校。時が止まっているよう…
つい長居してしまいました。

【関連リンク】南信州遠山郷「下栗の里」

rakuten motion

-旅行 国内
-,

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.