穂高岳山荘

登山、トレッキング

2018/3/10

高山病とその予防。症状が出ないように、高山病になったらやってみた症状緩和の経験談。

山登りをする前までは言葉しか知らなかった「高山病」。 ブログ主は、木曽駒ヶ岳のテント泊の時や奥穂高岳の登山の時に軽い高山病の症状がでました。せっかく楽しみで登ってきたのに辛い思いするのは勘弁してほしいところです。 そんな経験以降、自分なりに勉強したりして高山病の症状が起きなく、起きそうになっても回避する方法を何となく見つけました。この記事を見に来てくれる人すべてに効くとは思ってませんが、ちょっとでも楽になる助けになれば。 今回はそんな経験をシェアしたいと思います。 ※あくまで個人的な経験の話なので、特に心 ...

ReadMore

仙丈ヶ岳 山頂

登山、トレッキング

2018/6/1

仙丈ヶ岳に日帰り登山!難易度低めな初冬の標高3000mからの眺めは本当に素晴らしかった!

今回登ってきたのは仙丈ヶ岳! 仙丈ヶ岳は、長野県と山梨県にまたがる南アルプスの北部にある標高3,033mの山で、その優美な姿から「南アルプスの女王」と呼ばれています。 実はブログ主、南アルプスは未体験ゾーンで、今回の仙丈ヶ岳登山が南アルプスお初だったりします。 時は11月の文化の日の3連休の最後の日のド晴天を狙って登ったのが大正解!圧巻の大展望は、南北中央の日本アルプスを一望できました(^^) 今回はそんな仙丈ヶ岳の登山の様子をご紹介。 仙丈ヶ岳の登山プラン 仙丈ヶ岳へは、主に北沢峠から登ることができます ...

ReadMore

圧送船 KR3000 小島組

日帰りお出かけ

2018/3/10

普段はなかなか見られない「海で働く船・船内見学会」名古屋港で浚渫船を見に行こう!

海に囲まれた日本。日本最大の貿易高を誇る名古屋港にもたくさんの船がやって来て、我々の生活を支えています。そんな大切な存在である港を作ったり維持管理をしているたくさんの作業船。そんな中に浚渫船というのがあります。 普段ではなかなか見られない「海で働く船」の見学ができてさらに乗船までできるという催しが名古屋港ガーデンふ頭で行われると聞いてやってきました。今日はそんな様子をチラッと。 こんにちは、名古屋港ガーデンふ頭にやってきました。ガーデンふ頭だなんて水族館か花火大会で来るくらいかな? ポートタワーのすぐ正面 ...

ReadMore

伊吹山 山頂

登山、トレッキング

2018/3/10

伊吹山に登山!子供連れやカップルもとても多い、かわいい花が出迎える”花の百名山”でした!

今年のゴールデンウィークも終わってしまった最初の週末。カラッとした暖かい気持の良い気候のこの時期。6月の初旬になる頃に梅雨入りしてしまうここ東海地方、天気の良いうちに色々お出かけしておきたい!ということで今日のお出かけも山、今回は滋賀県の伊吹山に登ってきました。その様子をチラッとご紹介。 【追記】真冬の伊吹山へも登ってきました。 冬の伊吹山に登山!厳冬期でも多くの雪山初心者で賑わう伊吹山で、白銀の世界を体験しよう! お時間のある時にでも御覧くださいませ m(_ _)m 今回の伊吹山登山プラン 伊吹山の登山 ...

ReadMore

岐阜城 金華山

登山、トレッキング

2018/3/10

金華山に登山!馬の背ルートは厳しかったけど、岐阜城からの眺めは素晴らしかった!

紅葉の季節も一段落。一度とても寒くなった東海地方ですが、このところは比較的に温かい日が続いてます。この日は天気もとても良く、こんな日は眺めの良い場所に行きたいなぁ… そういえば寂光院から岐阜城がうっすら見えてたなぁ… それじゃ、行ってみるか。というわけで、運動も兼ねて岐阜城の金華山へ行ってみました。 岐阜城金華山の駐車場は、河川敷の無料駐車場がおすすめ お昼の岐阜城河川敷の無料駐車場。岐阜城金華山の北側、長良川の河川敷にあります。こんな時間では空いてないだろうなぁと覚悟していたのですが、お昼という中途半端 ...

ReadMore

日帰りお出かけ

2018/3/10

コク深い味わい 日進市の五色園大安寺に行ってきました

以前に行ってきた関ヶ原ウォーランド。 【関連記事】突っ込み所満載も想いはマジメ 関ヶ原ウォーランドに行ってきました そこには沢山のコンクリート製の像がありました。 どうやらそのコンクリート製の像、地元出身の故 浅野祥雲氏の作成とのこと。 さすがに地元の方だけあって、インパクト大のこのコンクリート製の像が、 近くの日進市の五色園には山ほどあるらしい! ということで、五色山大安寺をサクッとご紹介。

ReadMore

Apple

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルが届いた

更新日:

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 比較
13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルが届きました。セッティングも頼まれているので、我が15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルと比較してみました。
悪評名高い開封の儀は無いですよ!!

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 比較

上 13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 幅314mm 奥行き214mm 1.62kg
下 15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 幅358.9mm 奥行き247.1mm 2.02kg

ちなみに、ココにはない13インチMacBook Air幅325mm 奥行き227mm 1.35kg
13インチAirは、このRetina2種類の間の大きさ。
(ちょっと意外でした)
13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 比較
USB3など、拡張関係は全く同一ですね。

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 比較
ざっくり見た目。
13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルは、結構小さいかも。

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル ディスプレイ設定 15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル ディスプレイ設定

上 13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 最大スペースは 1680×1050
下 15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル 最大スペースは 1920×1200

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル safari 15 インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル safari
Safariで比べると結構違います。
性能差は、MACお宝鑑定団のBlogさんが早速比較してました。
http://www.macotakara.jp/blog/macintosh/entry-18125.html
難しいことは、その手のブログを御覧ください(^_^;)

 

 

 

じゃ、13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル使ってみて、Airと比べてどうなのよ!?

以前、MacBook Pro 13インチ Retinaディスプレイモデル発表!Airと比較してみたけど比べてましたが、13インチAirとの重量差が270g。携帯2台分程度かな。
近いスペックでカスタマイズしたら価格差2万円ちょい。
よく言われる通り、Retinaディスプレイは小さな字でも非常に綺麗に表示されます。
ほんと見やすいですよ。
この見やすさと画面の大きさ(13インチ)のバランスが意外と良くできているなぁという印象です。

【結論】

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルはあり。
使う前まで、中途半端な立ち位置モデルだと思っていました。が、実際に触ってみたら上手にまとまっていると思いました。
Airを13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルほぼ同一スペックにすると、2万円差。差はRetinaと重さと言える(?)と思います。

あくまで私の感覚の話なのですが、特に外出先で利用することが多いと想像される13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルのスペックの落とし所が、
数字以上に快適だったのです。

この13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル1.6kgなら持ち運ぶ気にもさせられるギリギリの重さかと。薄さが効いているのか、実際カバンにいれてみると意外に大丈夫な重さでした。
もちろん13インチAirの1.3kgという軽さは絶対正義だとは思います。
さすがに15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルの2kgオーバーを持ち歩く気にはならないですからね(^_^;)
13インチMacBook Pro RetinaにWindows8インストール 初期設定画面で画面の不具合…に続く。

rakuten motion

-Apple

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.