Apple

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル(Mid2015)にWindows10をBootCampで新規インストールする方法。

更新日:

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
久々のAppleネタです。
今回もMacにWindowsをBootCampでインストールします。前回は13インチMacbookproRetinaディスプレイにWindows8をBootCampでインストールしたのですが、インストール時に画面が左に寄るというトラブルで大変時間がかかりました。
で、今回は15インチMacbookproRetinaディスプレイモデル(Mid2015)という最新のMacBookProにWindows10をBootCampでインストールしますよ。

インストール手順

事前確認事項:Windows10をインストールできるMacかどうか

windows10をインストールできるMacかどうか、当然ながら要確認です。
windows10 Bootcamp 対応機種一覧
【参考リンク】Boot Camp を使って Mac で Windows 10 を使う
15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル mid 2015
15インチMacBookPro RetinaディスプレイモデルMid2015なら、当然問題なくインストールできます(^_^) ちなみに32ビット版Windows10はBootCamp未対応なんですね、使わないから問題ないけど。

準備する物、デバイス。

  • MacBookPro本体
    Macはインターネットに繋がるようにしておいて下さい。
  • Windows10(パッケージ版かダウンロード版どちらか)のプロダクトキー
    Windows10のディスクイメージ(ISOファイル)は、マイクロソフトからダウンロードする方法で説明しています。なのでプロダクトキーだけ用意しておいて下さい。
  • 5GB以上の容量のUSBメモリ(USB3.0対応がおすすめ)
    このUSBメモリは後にフォーマットされるので、そのつもりでいて下さい(^_^;)

準備の準備:Macのアップデートはチェックしておいた方が安心かも

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
まずは下準備として、念の為にアップデートは済ませて置いたほうがよいかもです、でも根拠はありません、何となく安心かもというだけの話です…

手順1:Windows10のディスクイメージ(ISOファイル)をダウンロード

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
マイクロソフトのホームページへ移動します。そのマイクロソフトのトップ画面の検索窓に、”メディア作成ツール”と入力して検索します。

windows10 メディア作成ツール ダウンロード
検索結果から、”Windows10のディスクイメージ(ISOファイル)のダウンロード”のページに行きます。その画面の下へスクロールすると、

windows10 メディア作成ツール ダウンロード
エディションの選択というのがあるので”Windows10”を選択します。

windows10 メディア作成ツール ダウンロード
その下の言語は日本語を選択。まぁお好みの言語でも良いかと。

windows10 メディア作成ツール ダウンロード
そして、64-bitのダウンロードをクリックしてダウンロードします。

windows10 メディア作成ツール ダウンロード
ブログ主の環境では30分ほどでダウンロードすることができました。このダウンロードしたWindows10のISOファイルは、Windows10をインストールしたいMac本体のお好きな場所にダウンロードして下さい。デスクトップなりどこでも構いません。
一方でダウンロードした場所は覚えておきましょう。(標準ならダウンロードフォルダにあるはずです。)

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp インストール用USBメモリ
ここでUSBメモリをMacに差しておきましょう。

手順2:BootCampを起動

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
画面下のドックから、ランチパッドをクリック。

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
アプリケーション一覧の中にある”その他”フォルダの中から”BootCampアシスタント”をクリック。

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
この画面が起動しますので、右下の”続ける”をクリック。

---------------

「作業を選択」という画面が出てきます。
↑スクリーンショットを無くしてしまいました m(_ _)m

  • Windows 7 またはそれ以降のバージョンのインストールディスクを作成
  • 最新の Windows サポートソフトウェアを Apple からダウンロード
  • Windows 7 またはそれ以降のバージョンをインストール

上記の3つ全てにチェックが入っている(最新の Windows サポートソフトウェアを Apple からダウンロードのチェック欄はグレーアウトしていてOK)のを確認して、右下の”続ける”をクリックして下さい。
-----------------
15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
次に出てくる上記の画面で、

  1. 先ほどダウンロードしたWindows10のISOファイルの有る場所を選択。
  2. 右下の続けるをクリック。
  3. USBメモリがフォーマットされるという警告がでるので、フォーマットされる覚悟が決まったら、右下の”続ける”をクリック。

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
するとUSBメモリのフォーマットや、Mac用のWindows10デバイスドライバなどがダウンロードされます、たぶん。

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
途中、BootCampアシスタントを続けるのにソフトの追加が必要になります、なのでここでパスワードを入れて”ヘルパーを追加”をクリックします。

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
続いて、Macとwindowsの容量の割り振りを聞いてきます、お好みでどうぞ。Macとwindowsのパーティションの割り振りが決まったら、右下の”インストール”をクリックして、

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
作業を見守りましょう(^_^)

手順3:いよいよMacにWindows10をセットアップ

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
再起動後、Windows10セットアップ画面が立ち上がります。日本語キーボードならそのまま”次へ(N)"をクリック。

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
Windows10のパッケージに入っているこのカード、もしくはダウンロードしたファイルに記載されているプロダクトキーを、

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
ここに打ち込んで、右下の”次へ(N)"をクリック。この画面の文字は恐ろしく小さいので、間違えないように入力して下さいね。

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
Windows10を選択して”次へ(N)"をクリック。

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp同意しますにチェックして”次へ(N)"をクリック。

ここ重要!BOOTCAMPと書いてあるドライブパーティションのフォーマットが必要!

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
BootCampと書いてあるのを選択して、画面右下の”次へ(N)"をクリックしたいところですが、この時点ではグレーアウトして先に進めません。

ポイント:BOOTCAMPドライブパーティションの合計サイズをメモしておくのをおススメします!

下記にも記載するのですが、BOOTCAMPドライブパーティションをフォーマットする必要があります。しかしフォーマット後はBOOTCAMPの文字が消えてしまいます。

ブログ主の場合は上記スクリーンショットにある通り、93.2GBのドライブパーティションがBOOTCAMPと記載されているので「93.2GB」のドライブパーティションを選択してWindows10のインストール作業をすすめる必要があります。

選択の際、ドライブパーティションの選択を間違えると大問題なので、例えばその93.2GBという数字をメモなりして間違いのないように準備・用心しましょう!!

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
ということで、このままでは進めないので、Windows10をインストールするドライブパーティションをフォーマットする必要があります。
ということで、BOOTCAMPと記載のあるパーティションドライブをクリックして水色に選択されたら、”フォーマット”をクリック。
15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
出てきた警告画面で覚悟を決めて、”OK”をクリック。

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
画面上のすべてのドライブパーティションにBOOTCAMPの文字が無くなりました。
ここで上記でメモしたドライブパーティション(この場合は一番下の93.2GBのドライブパーティション)クリックして水色にします。
すると右下の”次へ(N)"のグレーアウトが無くなるので、”次へ”をクリックします。

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp 15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
そしてWindows10の展開が始まりますので、またしばらく待機。ちなみにこの15インチMacBookProRetinaディスプレイモデル(Mid2015)では、わずか5分ほどで終わりました。デバイスドライバ入れる前なのにすごい速い…

Windows10の初期設定

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
再起動後、Windows10のユーザー名やパスワードを設定します。

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
進んでくと、

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
BootCampインストーラーが起動するので、”次へ(N)"をクリック。

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
同意して、”インストール(I)"をクリック。

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
また待機。ここでデバイスドライバを一気にインストールしてるのかな?

15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル windows10 Bootcamp
そして再起動して下さいと言ってくるので、再起動。これで終了です。

ということで、フォーマットするドライブパーティションさえ間違わなければ、作業はあっという間に終わります。15インチMacBookProRetinaディスプレイ(Mid2012)の時はもっとかかっていたから、やはり処理速度がさらにはやくなって且つWindows10も軽くなったのかな?

rakuten motion

-Apple
-

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.