鳩吹山 山頂

登山、トレッキング

2018/3/10

今年も鳩吹山へ登山!継鹿尾山寂光院からの縦走は歩きごたえ十分でした

岐阜県可児市にある鳩吹山。木曽川の左岸にあるこの岩山を今年も登ってきました。しかも去年も同様に寂光院から鳩吹山への縦走登山。 去年は継鹿尾山の東屋から道を間違えて大きくタイムロスをした思い出の山(^_^;) 今年は道を間違えること無く登山してきました。その様子をチラッと。 ↓鳩吹山へは記事にしていない分も含めて何度も通う山です(^_^) 鳩吹山のカタクリは最盛期。 pic.twitter.com/CEPs8jp3GX — たけめ まえかわ (@maekawamaekawa) 2017年4月2日 ...

ReadMore

猿投山 頂上

登山、トレッキング

2018/3/10

猿投山へ登山!ハイキングツアーも催されるほど大人気で、子供連れもいっぱいの”名古屋の裏山”でした。

東海地方も本格的な紅葉シーズン到来。香嵐渓の紅葉が見事なこの地方ですが、その香嵐渓にも近い場所に「名古屋の裏山」なんて呼ばれることもあるらしいのが猿投山。登山道も東海自然歩道として整備がされていて気軽で安全に登山を楽しめるのがこの猿投山です。この日は香嵐渓のライトアップまでの時間を使って、朝から人気の猿投山へ登ってきました。その様子をご紹介。 ↓記事にはしてませんが、雪の猿投山も良かったです(^_^) 雪の猿投山は初めて。 pic.twitter.com/wQDWDC0KSG — たけめ まえ ...

ReadMore

赤目四十八滝 不動滝

日帰りお出かけ

2018/3/10

赤目四十八滝で紅葉を愛でる。駐車場が少なく混雑するので”自然探勝きっぷ”がとってもお勧めです

10月になっても暑い日々が続いていましたが、11月になって秋をすっ飛ばしてしまったかのように急に肌寒くなった今日このごろ。このところの寒さで紅葉も進んだかな? ということでどこか綺麗そうな紅葉スポットがないかなと探していたら、この赤目四十八滝が目にとまりました。有名な場所ではあるのですが行ったこと無い。じゃ行ってみよう!ということで遊びに行ってきました。 おはようございます。ここは近鉄名古屋駅。近鉄を使うのは、明石海峡大橋ブリッジワールドに行った時以来かな?今日のお供は22600系Aceなる車両。近鉄の車 ...

ReadMore

富士見台高原 頂上

登山、トレッキング

2018/6/4

富士見台高原をトレッキング!スノーシューも楽しめる360度の大パノラマは圧巻の眺めでした!

今回訪れたのは、恵那山のお隣にある富士見台高原。冬の季節ではスノーシュートレッキングが楽しめて、そして何よりもこの展望の良さが逸品の富士見台高原です。 暖冬のため、雪はあまり無くスノーシュートレッキングは楽しめませんでしたが、眺めは本当に素晴らしくて、遠くは伊吹山から白山〜御嶽山〜乗鞍岳〜穂高連峰〜中央アルプス〜八ヶ岳〜南アルプスまでも見渡すことができました。 そんな絶好の景色との出会いの様子をご紹介。 富士見台高原のトレッキングプラン 今回はヘブンスそのはらスキー場からの単純往復 富士見台高原へは、 古 ...

ReadMore

四日市あすなろう鉄道 日永駅

日帰りお出かけ

2018/3/10

小さな車体と狭い線路で走り続ける!ナローゲージの"四日市あすなろう鉄道"に乗ってみよう。

2015年4月1日、四日市に新しい鉄道会社が誕生しました。それが「四日市あすなろう鉄道株式会社」。新会社といっても近鉄の支線の1つであった内部・八王子線が、近鉄から経営分離されて生まれた小さな鉄道会社です。線路幅が762mm、ナローゲージと言われる幅の狭い線路の鉄道で、現在では三岐鉄道、黒部峡谷鉄道、そしてこの四日市あすなろう鉄道の3路線のみとなってしまっています。 わざわざ行くタイミングを見つけることができなかったブログ主ですが、新会社に変わったこのタイミングで行ってみることにしました。その様子を簡単に ...

ReadMore

グレゴリー スタウト35

レビュー

2018/3/10

登山で使うグレゴリー(GREGORY)の中型ザック、スタウト35の背負い心地が素晴らしく本当におすすめの逸品です!

ブログ主が山小屋泊登山や近場の登山などで使っている中型のザック、それはGREGORYのスタウト35。 以前は、楽天で買った無名・安物の25リットルのザックでした。容量的には日帰り登山だったら十分なのですが、ちょっと荷物が重いと、いくら腰ベルトに重量を乗せても肩が凝ったりと、残念ながら自分には合っていない感じでした。 そんなところに発売されたのが、このGREGORYのスタウト35。同じGREGORYではバルトロ65を持ってるので、GREGORY商品のサイズ感がわかっており、発売後にアメリカに出張していた友人 ...

ReadMore

日帰りお出かけ

鈴鹿バルーンフェスティバルで熱気球に体験搭乗の巻

更新日:

鈴鹿バルーンフェスティバル
シルバーウィーク3連休の初日。残念ながら天気があまり良くなく山登りは持ち越しとしたシルバーウィーク。近場のお出かけでどこかいいところないかなぁと探していたらヒットしたのが、この鈴鹿バルーンフェスティバル。この催しは、2016熱気球ホンダグランプリ第3戦・第25回鈴鹿市長杯の中で、競技が終わったら一般の人向けに体験搭乗もできるらしい。こりゃ乗ってみたい!
ということで鈴鹿バルーンフェスティバルに行ってきた様子をご紹介。

鈴鹿バルーンフェスティバルの会場と駐車場

鈴鹿バルーンフェスティバルの会場は、鈴鹿川の河川敷が会場になっています。駐車場は無料でしたが、ちょっと狭めかもしれないので、朝早く行くか公共交通機関で行くのをお勧めします。

鈴鹿川河川緑地 河川防災センター
〒513-0831 三重県鈴鹿市庄野町981−1
この住所でカーナビ設定できます。一応いつものマップコードも貼っておきます。
・マップコード 38 154 859*70

鈴鹿バルーンフェスティバル 看板
おはようございます。鈴鹿バルーンフェスティバルが行われている会場に到着です。

鈴鹿バルーンフェスティバル 駐車場 鈴鹿バルーンフェスティバル
時間は朝7時過ぎ。競技のバルーンはとっくに飛んでいってしまった後でした(^_^;)

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
会場で浮いてるのは、体験搭乗できるバルーン。近くで見るととってもデッカイ!

鈴鹿バルーンフェスティバル ASIMO
お、ASIMOだ!おはよう!!

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
こっちはタコさんだ、ハチマキ姿がカワイイ。

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
この会場一帯、バルーンの空気を温めるため、

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
バーナーからのゴーーーーっていう物凄い音が響き渡る!乗ってみたいな...

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
というこで体験搭乗を申込み。大人2,000円なりぃ。ちとお高い(^_^;)

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
どれに乗るかは運次第との事ですが、乗ってみたかったASIMOのバルーンをゲット!とってもラッキー♪

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
さっそく搭乗ですが、順番待ちの人がカゴに乗り込んでから終わった人が降りるシステム。そうしないとバルーンが浮いちゃうから。

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
ゴーーーーーーーっ!真上からものすごい音。

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
バルーンは静かに浮き始めます。

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
ほんと静かに、だけどグングン上昇!

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
15m程でストップ。ビル5階くらいですね。

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
カゴは籐椅子のみたいに編み込んであるので、着陸時の衝撃を吸収してくれて、なおかつ軽くて丈夫だから選ばれてる素材なんですって。

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
頑丈だから大丈夫とはいえ、何となく心許ないから正直怖い(*_*;

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
ASIMOの足。

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
体験搭乗のバルーンは、飛んでいかないように車とロープで繋げられています。これもホント大丈夫かな(^_^;)

バルーン 機体番号
ところで、タコさんバルーンをよく見るとバルーンには、飛行機のような機体番号を発見。

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
よく見ると他のバルーンにも。
これは飛行機と同じで、唯一の機体番号なんだそうです。

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
お兄さんに聞いてみたら、航空法では気球は航空機として扱われていないらしく、機体番号の取得を強制されているわけではないけど取得しているとの事。

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
ちょっと勉強になりました。5分ほどプカプカ浮かんでたら、下降開始。

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
ちょっと回転気味に降下。

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
降下減速のため最後にゴーーーーーーー!

鈴鹿バルーンフェスティバル 体験搭乗
ドスンとなりながら無事降下!

鈴鹿バルーンフェスティバル 係留飛行
ASIMOお疲れ様でした、ありがとね!

鈴鹿バルーンフェスティバル
名古屋に住んでいると中々熱気球なんて見られない中、鈴鹿という近場で気球を体験できるこの鈴鹿バルーンフェスティバル。会場は家族連れ大賑わいで出店もたくさん出ていました。大会は連休中行われていますので、みなさんも行ってみてはいかがでしょうか!

【参考リンク】鈴鹿バルーンフェスティバル

rakuten motion

-日帰りお出かけ
-

Copyright© Take me to the ... , 2018 All Rights Reserved.